退職時の有給、引継ぎについて。引継ぎせずに有給を取ることは可能か

退職届が受理されたのですが、有給は事務所に来て初手員手続きを踏んでほしいと直属の上司から連絡があり、事務所へ行ったところ有給は直接現場で次の人に引継ぎをおわらせないと取らせないという発言を事業所長からされました。
また、その引継ぎ先の人員は直属上司に相談し人員が決定してから直接引継ぎとのことでした。
引継ぎをしないといったつもりはありませんが、ほぼ事務作業だったので、自宅からのメールのやり取り、ないしマニュアル制作で引継ぎできる範囲であり、そのように対応するつもりでしたが、あくまで引継ぎを終わらせてから出ないと書類は出せない。そんな辞め方は人としてどうなのかなどと言われてしまいました。
こちらとしては、引継ぎ先が決定していない時点で引きのばそうというようにしか見えません。

引継ぎしないことを理由に有給は拒否できるのでしょうか?
引継ぎそのものに義務はあるのでしょうか?
また、仮にある場合もそれは直接立ち合い義務や人員に直接教える義務があるのでしょうか?
2018年11月09日 16時48分

みんなの回答

下大澤 優
下大澤 優 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 宮城県1 労働問題に注力する弁護士
ありがとう
 退職時の引継ぎを理由に年次有給休暇の行使を拒否することはできません。
 また,退職時の引継ぎは法的義務ではなく,引継ぎ未了のままであっても退職は可能です。
 退職時の引継ぎは,あくまでも使用者と労働者の合意によってなされるべきものです。

 したがいまして,本件では,年次有給休暇を行使する旨,及び,年次有給休暇日数の満了時に退職をする旨を告知すれば,退職は成立いたします(年次有給休暇日数と退職予告期間との関係には注意を要しますが)。
 会社側の対応が強硬である場合には,年次有給休暇を取得する旨,及び,年次有給休暇日数の満了時に退職をする旨を一方的に告知することを検討すべきです(事後的に証拠化できるよう,書面による告知が望ましいです)。

2018年11月09日 23時39分

相談者
ご回答ありがとうございます。
今回のアドバイスを受け、郵送にて有休を行使する旨を職場に伝えるつもりですが、ここでもう一つ疑問が出てきたので質問させていただきます。
退職届受理済みで、(日付も確定してる)状態で、有休の届け出郵送した場合は届いた翌日からは有休が取れたものとして認識しても良いものでしょうか?例えば、火曜日に届けば水曜から有休として休むことが可能でしょうか?
また、就業規則による有休取得自体、最初の質問の通り、現在の状況では取得のためには無視せざる得ない対応をされていますが申請方法によって後々解雇や賠償といった問題に発展する可能性はあるのでしょうか?

2018年11月11日 07時18分

この投稿は、2018年11月09日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【弁護士Q&A】退職するとき引継ぎせず退職まで有給消化するこのとリスク

退職するとき、後任者に対する業務の引継ぎが必要になることがあります。退職日まで有給消化して過ごしたい場合、引継ぎをせずに退職することはできる...

【弁護士Q&A】退職前の有給消化中に転職先で働ける?

会社を退職するとき、使い切れなかった有給を全て消化しようと考えている人もいるでしょう。有給消化期間中に、転職先で働き始めることに問題はないの...

有給休暇の基礎知識 l 取得条件や日数、買取りの可否などを詳しく解説

有給休暇は、正社員だけではなく、アルバイトや契約社員などでも、一定の条件を満たせば取得することができます。有給休暇を取得するための条件や、取...

退職するときの有給消化を会社に拒否された場合の対処法

在職中になかなか有給休暇が取れない職場で働いている場合、退職する際にまとめて有給消化をしたいと思う人もいるでしょう。ただ、職場によっては、退...

有給休暇の基本ルール…日数は?取得条件は?買い取ってもらえる?

有給休暇を取りたいと考えても、「周りの人が取っていないのに自分だけ取ってもよいのだろうか…」と思い取得をためらう方も多いのではないでしょうか。...

この相談に近い法律相談

  • 退職時の有給が取らせてもらえない

    12月末に正社員として働いていた店舗を退職します。給与に先に残業代が入っているからと残業も多すぎ、10連勤は当たり前のような会社に身体がもたなくなってしまいました。店長の暴言に4人のバイトが先月辞めてしまい人手もますます足りなくなり10日残っている有給を全く許可してもらえません。忙しいのがわかっているので人が足りてい...

  • 退職時の有給休暇について

    2014年の3月に退職をするので、2013年12月21日に、有給休暇の残りを1月、2月、3月に分けてもらいたいと上司に申しでました。上司はその場で納得し、連休明けに会社に伝えるとのことでした。シフト表に、1月分の有給休暇の取りたい日を入れ提出しましたが、結局は会社側は1月は有給休暇はとらないでほしいとのことで、...

  • 退職時の有給休暇について

    労働問題件で相談です。 昨年より会社を辞める事を決めてまだ退職届けを提出してませんでしたが、仕事の段取りが終わり、本日社長から退職届を明日提出してほしいと言われました。この件に関してはよいのですが、8年間働き事務員に聞いた所有給休暇が39日あるのですが、社長からは有給がないと言われました。 会社に対し営業とし...

  • 有給休暇について。それに応じず、有給休暇を消化してそのまま退職ということは可能でしょうか?

    雇用終了直前の有給休暇についてです 会社都合により試用期間で契約が終了になりますが、 会社から引継ぎなどの要請があった場合、 それに応じず、有給休暇を消化してそのまま退職ということは可能でしょうか? ちなみに、勤続6ヶ月を経過していないため「法定の有給休暇ではない」と思われます よろしくお願いします

  • 退職時の有給休暇

    8月31日に退職します。 退職の申し出でをして約1ヶ月の話し合いの後、退職日が決定しました。 7月の中旬に退職届けを提出の時に有給休暇消化の希望を伝えました。 有給休暇は使えませんと言われましたが、再度希望することを言うと考慮しますと言われました。その返答が無かったので、8月のシフトが出る前に再度上司に確認した...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  2. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  3. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  4. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  5. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  6. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  7. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。