多重労働契約について

派遣契約の労働者が、派遣先との個別派遣契約が満了と同時に、有給休暇を消化した後に退職すると申し出た場合で、有給休暇を消化中に、他の会社と労働契約を結ぶ事に制限を加えることは可能なのでしょうか。

ちなみに、就業規則では多重就労や、競合禁止条項などはありません。

また、有給休暇消化中に元派遣先と労働契約を結ぶ行為は、労働者や派遣先企業に対して何らかの違反や罰則はあるのでしょうか。
2018年05月23日 04時10分

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
ありがとう
>派遣契約の労働者が、派遣先との個別派遣契約が満了と同時に、有給休暇を消化した後に退職すると申し出た場合で、有給休暇を消化中に、他の会社と労働契約を結ぶ事に制限を加えることは可能なのでしょうか。

有給休暇消化中は当該会社との労働契約が継続しています。
有給休暇中とはいえ、法的にはフルタイムで働くことになっているのなら、他の会社でフルタイムで働くこととは矛盾するため、労働契約を結ぶことは実質的に困難と考えられます。

それでも契約を締結すること自体はできるでしょうが、新しい会社としても一時的ではあっても二重雇用状態になるようなことを容認する従業員を雇いたいと考えるかという問題があるため、時期が被らないようにした方がいいと思います。

>また、有給休暇消化中に元派遣先と労働契約を結ぶ行為は、労働者や派遣先企業に対して何らかの違反や罰則はあるのでしょうか。

それだけで違反や罰則を受ける可能性は低いと思いますが、上述した問題もありますので、契約終了と同時に雇用契約を締結すべきだと思います。

2018年05月23日 07時01分

藤川 久昭
藤川 久昭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都5
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう
お困りのことと存じます。詳しい事情がわからないので、一般論としてご回答いたします。

1.労働契約を複数結ぶことが、労働基準法、労働契約法によって明確に禁止されているわけではないです。
2.いわゆる転職の場合は、本件は、在職中の兼業避止義務に抵触する可能性はありえます。就業規則の規定の有無が決め手とは限らないです。
3.副業の場合も同様ですが、簡単にいえば、本業に影響がない限り許容される可能性があります。

気軽に、ということであれば(その場合も真剣な相談でお願いいたします)、労働局に相談されて下さい。法的に正確に分析されたい場合には、労働法にかなり詳しく、上記に関連した法理等にも通じた弁護士等に相談し、証拠をもとにしながら具体的な話をなさった上で、今後の対応を検討するべきです。

本件では、子細な分析と慎重な対応が必要です。法的に正確に分析されたい場合には、労働法にかなり詳しく、上記に関連した法理等にも通じた弁護士等に相談し、証拠をもとにしながら具体的な話をなさった上で、今後の対応を検討するべきです。弁護士への相談によって、良い知恵が得られる可能性が高いと思います。

2018年05月23日 07時01分

この投稿は、2018年05月23日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,811名の弁護士から、「労働問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

【弁護士Q&A】退職するとき引継ぎせず退職まで有給消化するこのとリスク

退職するとき、後任者に対する業務の引継ぎが必要になることがあります。退職日まで有給消化して過ごしたい場合、引継ぎをせずに退職することはできる...

退職するときの有給消化を会社に拒否された場合の対処法

在職中になかなか有給休暇が取れない職場で働いている場合、退職する際にまとめて有給消化をしたいと思う人もいるでしょう。ただ、職場によっては、退...

有給休暇の基礎知識 l 取得条件や日数、買取りの可否などを詳しく解説

有給休暇は、正社員だけではなく、アルバイトや契約社員などでも、一定の条件を満たせば取得することができます。有給休暇を取得するための条件や、取...

有給休暇の基本ルール…日数は?取得条件は?買い取ってもらえる?

有給休暇を取りたいと考えても、「周りの人が取っていないのに自分だけ取ってもよいのだろうか…」と思い取得をためらう方も多いのではないでしょうか。...

【弁護士Q&A】退職前の有給消化中に転職先で働ける?

会社を退職するとき、使い切れなかった有給を全て消化しようと考えている人もいるでしょう。有給消化期間中に、転職先で働き始めることに問題はないの...

この相談に近い法律相談

  • 新規採用の社員の労働条件と就業規則について

    新規採用の社員の労働条件と就業規則について 以下に質問内容を書きます. 会社は新しく就業規則Aを作り,それには新規採用する雇用期間が有期契約の社員が業務Xをする場合の労働条件を定めたとします. 会社には既存の就業規則Bがあり,それには雇用期間が無期の社員が業務Xをする場合の労働条件が書いてあります. 就業規...

  • 契約社員と正社員の福利厚生の格差について

    労働契約法20条では、正社員と同じ仕事で、責任や配置転換の可能性が等しい場合、契約社員の就業規則は 正社員の就業規則と合理的な理由がない限り、福利厚生の差別を禁止していますが、 契約社員の就業規則に、 「※正社員の就業規則に準ずる」の文言を付けなければ、 正社員の規則を適用しなくても、それは各会社の判断なので、...

  • 管理職は年次有給休暇ゼロとする会社

    友人が働く会社は, 会社謄本において取締役の登記をされている人間は 残業代/休日出勤代ナシ+年次有給休暇ナシだそうです。 しかし、厚生労働省、労働基準監督署が説明する労働基準法のガイドラインに基づけば、 「管理監督者であっても深夜割増賃金・年次有給休暇の特例はありません。」 「管理監督者であっても、深夜業(22時...

  • 不合理な労働条件とは具体的にどのようなものですか?

    今の会社では、正社員と契約社員で待遇差があります。具体的には ・給与(正社員の半分くらい) ・賞与(正社員は組合から発表、契約社員は計1か月分) ・退職金(正社員のみ適用) ・休暇(正社員のみ適用の特別有給休暇が年5日) ・労働組合(労働協約で契約社員は加入不可) です。 これは労働契約法の「不合理な労働条件」...

  • 専門業務型裁量労働制の残業代請求について

    私立学校で働いています。 就業規則上は定時から定時までの労働条件の下での就労規則となっていますが、結局のところ毎日残業が多いことから、タイトルの通りの疑問を持ちました。 雇用契約の書面では専門業務型裁量労働制の文言はなく、実労働上も裁量のない勤務なのですが、管理部署には専門業務型裁量労働制を理由に残業代は出な...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。