繁忙期の退職拒否(在職強要)。有休消化について。

現在転職活動をしているものです。
10月の中旬より所属上長に退職の相談をし11月中旬に社長に退職の意思を伝え認めて貰いました。

有給消化と次の転職先の出社日のことを考えて12月の中旬を最終出勤日にして欲しい旨伝えましたが認めてもらえず繁忙期の為1月の中旬まで勤務し、その後40日近くある有給を消化して最終的には3月中旬まで会社に籍を置かなければならないと言われました。

就業規則には1ヶ月前の報告が必要な旨記載されている為、就業規則に沿って進めたつもりですが認めてもらえず12月中旬以降は有休消化にして欲しい旨伝えたところ却下、恫喝され今後そのような報告には2度と来るなと申請そのものを拒否されました。円満退職は無理そうなので弁護士を通じて手続きしたいのですが残念なことにやり取りが全て対面での口頭で行なってしまった為、客観的な証拠がこちらには恫喝された回の面談録音しかありません。

そこで弁護士の皆様にご相談したい内容ですが

1,就業規則に沿った退職手続きをしても会社都合(繁忙期)の最終出勤日の変更は認めざるをえないのか。

2.今回のケースで弁護士さんに依頼する場合必要だと思われる証拠は何か。また、今から用意するのであれば何が必要か。

3.12月中旬で退職した場合有給は放棄しなければならないのか。(会社側は、有給放棄すれば12月中旬に退職しろとのことです)

以上の3点です。
よろしくお願い致します。
2017年11月27日 14時20分

みんなの回答

好川 久治
好川 久治 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ありがとう
> 1,就業規則に沿った退職手続きをしても会社都合(繁忙期)の最終出勤日の変更は認めざるをえないのか。

⇒就業規則に沿った退職手続というのは、合意退職の申込みをしているということですから、希望どおりの退職日で退職するには会社の承諾が必要です。その意味で、希望が通らないことはあります。どうしても退職したいなら合意ができないことを前提に、民法に基づく一方的な通知で退職の申入れを行うことになります。その場合は、2週間経過で退職の効力が発生します。その間の有給休暇は取得できますが、全部の消化は難しくなります。

> 2.今回のケースで弁護士さんに依頼する場合必要だと思われる証拠は何か。また、今から用意するのであれば何が必要か。

⇒弁護士に依頼をして何を請求するかによります。恫喝等による精神的損害の賠償を求めるなら、録音等の記録が必要です。

> 3.12月中旬で退職した場合有給は放棄しなければならないのか。(会社側は、有給放棄すれば12月中旬に退職しろとのことです)

⇒有給を全部消化したいなら、退職するまで少しずつ消化して、残り10日程度残った段階で、上記一方的な退職の申入れをして残りを消化するしかありません。

2017年11月27日 16時16分

この投稿は、2017年11月27日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【弁護士Q&A】退職前の有給消化中に転職先で働ける?

会社を退職するとき、使い切れなかった有給を全て消化しようと考えている人もいるでしょう。有給消化期間中に、転職先で働き始めることに問題はないの...

【弁護士Q&A】退職するとき引継ぎせず退職まで有給消化するこのとリスク

退職するとき、後任者に対する業務の引継ぎが必要になることがあります。退職日まで有給消化して過ごしたい場合、引継ぎをせずに退職することはできる...

退職するときの有給消化を会社に拒否された場合の対処法

在職中になかなか有給休暇が取れない職場で働いている場合、退職する際にまとめて有給消化をしたいと思う人もいるでしょう。ただ、職場によっては、退...

有給休暇の基本ルール…日数は?取得条件は?買い取ってもらえる?

有給休暇を取りたいと考えても、「周りの人が取っていないのに自分だけ取ってもよいのだろうか…」と思い取得をためらう方も多いのではないでしょうか。...

有給休暇の基礎知識 l 取得条件や日数、買取りの可否などを詳しく解説

有給休暇は、正社員だけではなく、アルバイトや契約社員などでも、一定の条件を満たせば取得することができます。有給休暇を取得するための条件や、取...

この相談に近い法律相談

  • 退職届を受理してもらえません

    12月20に、1月末で退職したいと口頭で社長に伝えましたが、取り合ってもらえず、 1月7日に再度「辞めさせてください」と口頭で伝えましたが、また「受け入れられない」と言われました。 退職理由は、社長の怒鳴る声に怯えてしまい、不眠や嘔吐など体調も崩しており、 精神的にも休みたいのと環境を変えたいからです。 1月20日に...

  • 退職日規定は絶対なのでしょうか。

    現在、自己都合での退職を検討しています。改めて就業規則を 確認したところ、「退職日の3ヶ月前までに申し出ること」と 記載されていました。 うろ覚えですが、通常の労働基準法等などでは 1ヶ月~2週間前までの申し出が義務だと認識していますが、 (実際今までの会社は1ヶ月前までの申し出が義務と記載されている 場合があり...

  • 解雇予告手当の請求について

    試用期間3ヶ月の内、1ヶ月ほどで退職の意を伝えたところ 昨日、今日で最後 退職しなさいと言われ、退職しました。 誓約書は会社に提出したきりでコピーも取ってはいませんが 2、3ヶ月の引継ぎ等を経て退職するような事は記載されていたと思います。 入社1ヶ月は残業無しで定時で終わる様かいてありましたが 業務上(飲食)作業量...

  • 有給をめぐり、退職予定の会社から懲戒解雇

    有給を撤回しなければ懲戒解雇すると会社に言われています。 今度の3月31日付で正社員として1年間勤めていた退職します。 退職届は2月28日に提出しており、既に受理されております。 急な家庭の事情(親族の入院)が発生した事により、 3月24日~28日の週において一日休×2日、午後休×3日を有給休暇として申請しました。 ...

  • 退職時の引き継ぎ義務と有給消化について

    転職することになったため、現在の勤め先と退職交渉をおこなっている最中です。 退職前に有給休暇の消化をおこないたいと思っていますが、 上司から下記のような事柄を言われました。 ①「この話を盾にするつもりはないが、あなたには引き継ぎを完了させなければならないというルールが課せられている」 ②「後任が全く問題なく業務...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。