退職前に有給を全部使用して最短で辞める方法

今有給が28日分あります。
一般的には退職の一ヶ月前に告知・・ということになるかと思いますが、
この1ヶ月前とはどこをさすのでしょうか。
有給を使うと退職日がずれます。
その場合、2つ解釈があると思っていて、
(A) 会社に籍がなくなる日(本当の退職日)
(B) 会社に来なくなる日(本当の退職日-所持している有給日数)
になると思います。

【質問1】一般的に退職の30日前とは(A)、(B)どちらを指しますか?

【質問2】自分の場合、有給を使うと(B)は1.5ヶ月先になり
実際の退職日の1ヶ月前の告知となると、辞めますと言った瞬間に辞めれる
という解釈になるのですが、それは可能なのでしょうか?
※今務めている会社は慣例的に退職する方ほとんどが、有給をすべて使用して辞めています。
 今回は有給を全部使えるかどうかは争点にせず、全部使える前提でお願いします。


今務めている会社の退職に関する規定は2つあり、
ひとつは簡易的なA4の契約書、
もう一つは就業規則として存在します。

A4の契約書には退職する前には少なくとも30日前までに届け出を出すこととあります。
30日前が有給取得した場合を含むかどうかは記載がありません。

就業規則は下記のとおりとなっています。
----- 就業規則 -----
項1 従業員が次の各号のいずれかに該当するに至った場合は、その日を退職日とし、退職日が経
過したときに従業員としての身分を失う。ただし、退職日については、①に該当する場合は承認
日(ただし別途会社が退職日を指定した場合はその指定日)とする
① 自己都合により退職を願い出て会社の承認があったとき
② 自己都合により退職を願い出て会社の承認がなく以下のいずれか遅い時点に至ったとき
ア 退職願提出後 14 日を経過したとき
イ 退職願記載の希望退職日

項2 自己都合退職の手続
(1) 前条①または②に基づき退職しようとするものは、少なくともその 30 日前までには退職願を提出し
なければならない。
(2) 前項の場合、退職日までは現在の職務について後任者への引継を完了し、業務に支障をきたさ
ぬよう専念しなければならない。
---------------

この場合、②のアが適用される場合は問答無用で辞めるという意思があれば、申し出て最短14日で辞められることになるように思います。
今の自分がやっている業務は非定型業務が多く引き継ぐことはさほど多くありませんん。
項2の(2)は努力目標的な形になる気がしています。

【質問3】上記の解釈で問題ないか教えていただきたいです。


2014年10月25日 23時22分

みんなの回答

渡邊 幹仁
渡邊 幹仁 弁護士
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう
 退職日は実際に会社から退職する日(席がなくなる日)です。

 会社の規定にかかわらず、民法627条により辞職することが可能です。

 そうすると、(会社の規定もありますが)確かに最短で14日間で辞めることができます(民法627条1項)。

 しかし、辞めてしまうと有給休暇は取得できなくなります。
すなわち、28日分ある有給休暇も14日間分しか使えず残りは消滅してしまいます。

 また、30日前に予告するとして、28日分の有給休暇を使うと、ほとんど会社に出勤することなく退職することになりますが、そういうこともありえます。
 有給休暇の取得時期については、会社側から変更する権利(時季変更権)がありますが、その権利の行使は「他の時季に有給休暇を与える可能性」の存在が前提となります。
 しかし、退職するということになっていれば、「他の時季に有給休暇を与える可能性」はありません。
 したがって、退職を予告してから、実際に退職するまでの間、ほとんどの期間を有給休暇を使って実際に会社には来ない、ということがありえることになります。

2014年10月26日 05時20分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
ありがとう
【質問1】一般的に退職の30日前とは(A)、(B)どちらを指しますか?

Aではないでしょうか。

【質問2】自分の場合、有給を使うと(B)は1.5ヶ月先になり実際の退職日の1ヶ月前の告知となると、辞めますと言った瞬間に辞めれるという解釈になるのですが、それは可能なのでしょうか?

28日もあるのであれば,残り数日出ればよいということになるのではないでしょうか。

【質問3】上記の解釈で問題ないか教えていただきたいです。

辞める日は予告期間をおけば,労働者が自由に決められると思います。
引継ぎはできる限りすればよいと思います。

2014年10月26日 05時49分

相談者
渡邊先生、原田先生ご回答ありがとうございます。
こんなに早くご回答いただけるとは思っていなくて驚きました。

頂いたご意見のお陰で、退職に際しての悩みが一つ解消されました。
本当にありがとうございます。

お二人の回答両方に納得したのですが、先にお答え頂いた、
渡邊先生に
「最も納得した回答に選ぶ」
を選択させていただきます。

2014年10月26日 16時17分

この投稿は、2014年10月25日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【弁護士Q&A】退職するとき引継ぎせず退職まで有給消化するこのとリスク

退職するとき、後任者に対する業務の引継ぎが必要になることがあります。退職日まで有給消化して過ごしたい場合、引継ぎをせずに退職することはできる...

退職するときの有給消化を会社に拒否された場合の対処法

在職中になかなか有給休暇が取れない職場で働いている場合、退職する際にまとめて有給消化をしたいと思う人もいるでしょう。ただ、職場によっては、退...

【弁護士Q&A】退職前の有給消化中に転職先で働ける?

会社を退職するとき、使い切れなかった有給を全て消化しようと考えている人もいるでしょう。有給消化期間中に、転職先で働き始めることに問題はないの...

この相談に近い法律相談

  • 就業規則に書いていない、会社が慣例としている退職日に従う必要はあるのでしょうか?

    退職日について質問なのですが、今の会社は辞める際「15日または月末で辞める」ということを慣例にしています。 就業規則を改めて確認したのですが、合意退職の欄には「1.従業員が退職希望日の30日以上前に所属長に退職届を提出した場合、原則として会社はその申込みを承諾する。2.前項の退職届の提出日が希望退職日の30日未満の場合で...

  • 特定労働者派遣の退職について

    当方、特定労働者派遣(技術系)の正社員になります。 先月、派遣先が決まり客先勤務している状況です。 契約期間は派遣開始時に就業条件明示書類を手渡されますが ”派遣期間:2012年6/25~2012年9月30日”と記載されております。 派遣前に担当営業より口頭で説明があり、客先の予算など特に問題なければ基本的には3か月ごとに更新さ...

  • 解雇に当たる可能性のある退職について

    退職と解雇について。 現在、会社を辞めることについてもめてます。 私の原因もありますが1月15日で辞めます。 と伝えたのに 会社規定の解釈を良いようにされ、「辞める」ことを伝えた日が退職にあたる。 と言われました。 このまま会社が強制的に給与の〆日をもって退職をすすめた場合と解雇に関する書面通知の提出を拒んだ場...

  • 退職と就業規則

    就業規則に退職する場合は、2ヶ月前に告知しなければならないと定められているのですが、次の転職先の入社日との関係もあり、どうしても1ヶ月前の告知で退職したいのです。この場合、1ヶ月で会社を辞めることは難しいでしょうか?交渉の余地はないのですが、良い方法はありませんでしょうか? 宜しくお願い致します。

  • 公務員の退職の申し出はいつまでに?

    地方公務員ですが中途退職を検討しています。ちょっと事情があって退職するかどうか決めかねている状況なのですが、自己都合での退職予定者の最終調査の締め切りが11月7日と人事から全職員宛に連絡がありました。これ以降の退職の申し出だと欠員補充がされない可能性があるそうです。退職する場合は来年の3月末日に退職と考えています...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。