希望を伝えてから退職まで半年かかります。期間を短くすることはできますか?

公開日: 相談日:2021年02月08日
  • 2弁護士
  • 2回答

相談の背景
現在医療関係の正社員として4年半ほど勤務しております。2年目あたりから仕事が原因で手にアレルギーが出てしまいこの仕事を続ける以上は治らない上に、院長のパワハラ気質も相まって退職を考えています。ですが、就業規則で「退職は希望日の半年前に申し出ること」となっています。理由は、退職希望を受け付けてから新たに人を雇うためその教育をしてからでないと辞めさせてもらえない、ということが背景にあります。ですがそこまでしないといけないほど人員に切羽詰まっている訳ではなく、半年後に退職する方がいるのですが、その方は退職希望を伝えた際に「新しい人は雇わないから」と言われています。私は出来るだけ、希望を伝えてからせめて3ヶ月以内には辞めたいと思っています。

質問1
この場合、労基法では2週間前に希望を伝えたら退職できるということを持ち出して、半年よりも早く辞められるように交渉することは有効なのかをお聞きしたいです。

995893さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都6位

    大木 怜於奈 弁護士

    注力分野
    労働問題
    タッチして回答を見る

    お困りのことと存じます。

    (期間の定めのない雇用の解約の申入れ)
    民法第627条第1項 「当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。」

    > 就業規則で「退職は希望日の半年前に申し出ること」
    > この場合、労基法では2週間前に希望を伝えたら退職できるということを持ち出して、半年よりも早く辞められるように交渉することは有効なのかをお聞きしたいです
    ⇒そもそも2週間を超える解約申入れ期間の設定は無効です。
    退職の申入れ後、2週間の経過をもって退職することが可能です。

    もっとも、このような相手方とは退職トラブルが生じる可能性が極めて高いと思われますので、退職手続の代理を弁護士にご依頼されたほうがよろしいかと存じます。

    一度弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

  • 弁護士ランキング
    兵庫県1位
    タッチして回答を見る

    > 質問1
    >
    > この場合、労基法では2週間前に希望を伝えたら退職できるということを持ち出して、半年よりも早く辞められるように交渉することは有効なのかをお聞きしたいです。


    規定は民法です。
    この期間は任意規定(当事者の合意で変更できる規定)ですので、相手は就業規則で変更されているというでしょう。

    しかし裁判例で、あまりにも長期の退職前の通知強制は、職業選択の自由を奪い違法無効とされています。
    どの程度前であるかというのは諸事情から考慮されますが、一般的には1か月程度が多いようです。ですおで、当該裁判例をもとに交渉するのがよいかと思います。

  • 相談者 995893さん

    タッチして回答を見る

    大木先生
    たしかに今まで円満な退職をされた方が極めて少ない当院ですので、トラブルになる可能性も全く否定できません。
    退職を切り出した際の院長の出方次第では弁護士の先生に改めて相談させて頂くことも検討しようと思います。

    岡田先生
    過去にそういった判例があるのですね、初めて知りました。さっそくその判例を調べてみます。今気になる求人がある上に半年後の転職なんて見当もつきませんから、問い詰められた際にはそちらを元に交渉しようと思います。

    両先生方、お忙しい中貴重なご意見を下さり、本当にありがとうございました。

この投稿は、2021年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから