国家公務員の依願退職について

はじめまして。
私は現在特別国家公務員として自衛隊に勤務しております。
個人的な事情で今年度末での退職を希望しております。
しかし現時点では辞めたい理由が理解できない、
これでは上級部隊に説明できない、
と言われ退職は承認してもらうどころか、話が止められている状態です。
自衛隊の規則に
隊員が退職することを申し出た場合において、これを承認することが自衛隊の任務の遂行に著しい支障を及ぼすと認めるときは、その退職について政令で定める特別の事由がある場合を除いては、任用期間を定めて任用されている陸士長等、海士長等又は空士長等にあつてはその任用期間内において必要な期間、その他の隊員にあつては自衛隊の任務を遂行するため最少限度必要とされる期間その退職を承認しないことができる。」(自衛隊法40条)
とあります。
この最小限度の期間というのは自衛隊側が認めなければ何年も退職が承認されないこともあり得るのでしょうか??
また、話を上記の理由で上級部隊に上げず留めておくのは違法にはならないものでしょうか?
助言の程よろしくお願いします。
2019年08月17日 07時08分

みんなの回答

相談者
合わせて
弁護士の方のお力をお借りすることは
国家公務員の立場でも有効なのでしょうか??

2019年08月18日 10時43分

辰野 真也
辰野 真也 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 北海道1
ベストアンサー
ありがとう
「やめたい理由が理解できない」という理由は,自衛隊法が定めるものとは全然違いますので,退職を受け付けない理由にはなっていません。

あなたの方で,いま退職の話をしている人ではなく,しかるべき部署に退職願いを出せば,認められるのではないかと思います。
国家公務員であっても弁護士を雇うことは全く問題ありません。
大勢の国家公務員の方が,色々な事件で弁護士を雇っておられます。

2019年08月19日 11時47分

この投稿は、2019年08月17日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 臨時職員が任用途中で退職する場合

    現在、ある公的機関で臨時的任用職員をしています。4月1日から7月20日までの任用で病気休暇の方の補充職員として採用されました。 この場合 任用期間の途中で退職しても法律的に大丈夫なのでしょうか。 予定では、4月中旬に、4月末で退職させてくださいと伝えるつもりです。 理由は正社員のしょくが決まったらからです。

  • 国家公務員ではあるものの退職までの無給期間中の自営業について

    国家公務員を辞めて自営業を始める際の質問です。 国家公務員の身分を有しつつも病気による休職から、病気が回復したが復職の意思を失ったため退職の意思を申し出、無給となった期間に自営業(正確には自営業として業務委託を受ける)が始まる場合、 退職日までに自営業としての収入が年間20万円(雑所得と認められる範囲)を超え...

  • 退職させてくれない上司

    現在48歳の自衛官です。 8月上旬から上司に依願退職の意思を伝えているのですが、未だに取り合ってもらえません。 人事に確認したところ、その上司が許可してから退職に至るまでの手続きの期間は3カ月程かかると言われました。 12月に再就職を計画しているので、遅くても9月いっぱいには許可が欲しいとお願いしてるのですが取り合っ...

  • 退職するまでの期間について

    宜しくお願いいたします。 パートで今年の一月末に退職を申し出たのですが「労働条件兼雇用契約書」といったものをもらっておらず、退職を申し出てから写真のようなものをもらいました。(退職を申し出る前にもくださいと言っていましたが先伸ばしになっていました。) それを見ると、契約期間は今年の6月末になっていました。 退職に...

  • 退職までの期間について

    会社に退職を申し出てから退職までの期間について、以下の場合即日辞めることは可能ですか。 ①会社が労基法違反をしていた場合 ②会社が退職を申し出たものに対し、暴言、脅迫をした場合。 ③会社が、労基署へ労基法違反を申告した従業員に対し、暴言、脅迫をした場合。

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。