契約期間満了で退職したいのですが、2ヶ月前の申し出を守る必要はありますか?

公開日: 相談日:2019年06月19日
  • 1弁護士
  • 1回答

期間満了で退職したいのですが、就業規則では60日前に申し出となっています。

2月下旬に就職し、6ヶ月間の有期雇用(試用期間)で働きはじめました。
期間満了後に正社員として雇用されるという契約でした。
他の会社から声がかかりそちらにいこうと思っているのですが、就業規則や、雇用契約書には退職は60日前までに申し出て会社と退職日の調整をしなければならないとあります。
もう少しで60日前になるのですが、60日もの間退職前提で勤務を続けるのがキツイ状況です。

なるべく退職の申し出を遅らせたいと思うのですが、可能でしょうか?
契約期間満了での退職の場合でも60日を守らなければいけないのでしょうか?

812769さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都6位
    タッチして回答を見る

    お悩みのことと存じます。お困りのことと存じます。詳しい事情がわからないので、一般論として回答はできるところだけ対応いたします。

    1 期間雇用でなければ、退職は自由です。民法、就業規則の規定に関わりなく、即時退職も可能です(もめますので避けたいですが)。試用期間は期間雇用ではないとされる可能性があります(神戸弘陵学園事件最高裁判決)。
    2 期間雇用の場合は「やむをえない事由」が必要です。なければ損害賠償の対象となりえます。ただ、実際は即時退職も不可能ではないです(同じく、もめるので避けたいところですが・・・)。

    労働局に相談されるのが良いと思われます。法的に正確に分析されたい場合には、労働法にかなり詳しく、本件に関係した法理等にも通じた弁護士に相談し、証拠をもとにしながら具体的な話をなさった上で、今後の対応を検討するべきです。

    納得のいかないことは徹底的に解明しましょう! 良い解決になりますよう祈念しております。頑張って下さい!!

この投稿は、2019年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから