退職後に損害賠償を求められ困っています

私は7月末でとある企業を退職しました。
8月末に最後の給料が振り込まれたのですが、勤務中の態度や遂行すべき業務を怠ったことを理由に、企業に損害を与えたとして、支払われるべき給料が一部減額されてしまいました。

労務の担当者に不服を申し立てたところ、以下を理由に請求を却下されました。

①勤務中の態度が社内規則に違反した行為があったこと。
②私の怠慢により、会社が売上の機会損失をしたこと。

(仮に私が業務を遂行していたものと仮定して、その場合の売上想定の10% を給与から減額されました。)

このようなケースにおいて、本来支払われるべき給料を企業に請求することは可能でしょうか。

また、私自身、怠慢があったという認識はありますが、たとえそれが社内規則に違反していたとして、退職後に減給制裁を受けるようなことが一般的にありうるのでしょうか。

以上、何卒ご教示いただけますと幸いです。
2017年08月28日 08時14分

みんなの回答

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう
> このようなケースにおいて、本来支払われるべき給料を企業に請求することは可能でしょうか。

可能です。一方的な減給は違法です。
労基署に相談されるのがよいでしょう。
訴訟などとなると10%だと争う費用を考えるとメリットは低いかもしれません。

> また、私自身、怠慢があったという認識はありますが、たとえそれが社内規則に違反していたとして、退職後に減給制裁を受けるようなことが一般的にありうるのでしょうか。

いいえ。
そもそも、まずそれが違法な行命令違反アド構成できるか疑問ですし、具体的に立証可能な損害額が存在するとも思えません。

2017年08月28日 08時34分

伏見 宗弘
伏見 宗弘 弁護士
労働問題に注力する弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
そのようなことは一般的ではありません。

多少の怠慢があったにせよ、
減給という懲戒処分が認められるには、
様々な条件を満たす必要があります。
(細かい点は割愛します)

質問者様が提示された事実関係のみでは判断がつきませんが、
不当な減給である可能性が高いと思います。
お近くの労働基準監督署に相談に行かれるのが良いでしょう。

2017年08月28日 08時38分

この投稿は、2017年08月28日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 退職に伴う会社への逸失利益の請求など

    只今7月31日迄在職9年の中で初めて有給休暇行使中でありましてこのまま退職をいたします。 色々の労働基準上の問題を抱えている会社であり当局よりの指導も受けています。 ① 現在は社会保険各種は加入中ですが本来資格発生した時期よりの未加入期間の年金事業者負担分 を逸失利益として請求することは可能でしょうか ② 2...

  • 業績不振のため本来より低い資格等級で退職金・給与が計算されていた

    正社員として15年勤務した会社を自己都合にてまもなく退職する予定ですが、退職金の金額を会社に確認した際、退職金や給与の算定基準となっている資格等級が実際の業務内容を反映せず低いままになっていることが分かりました。 社員20名規模の中小企業のため役職の階層は多くありませんが、直近の10年間はリーダーという役職で、部下...

  • 就業規則の皆勤手当について

    就業規則に記載されている皆勤手当の支給要件を満たしていますが、これまで一切支払われてません。今までの五年分ほど請求して勝てますか?

  • 給与の引き下げと降格

    中小企業に営業事務業務で、30年勤務しています。 先日、常務から、突然、「今の資格と給与なら、営業に出ろ。」 「営業事務なら、資格を降格する。」と言われました。 私は、営業事務の継続を希望しています。 営業事務の場合は、「降格願いを提出しろ。」と言われています。 降格した場合、給与がいくらになるのか確認した...

  • 無断欠勤で退職、減給制裁について

    従業員が無断欠勤の上、自己都合退職をしました。(退職届けは受理しています) 出勤分の給料を支払う時に「退職時には2週間前までに通知する」の就業規則違反があり、就業規則による減給(1日の半額の減給)を忘れていました。 その後、従業員から残業代金(25%)の割り増し請求がきましたが、減給分も含めて精算してもいいもので...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。