退職勧奨。労働者の損害賠償はできるのでしょうか?

就業期間中に疾病における休職勧奨はまともな気がしますが、退職勧奨をされました。就業していて疾病になり、休職を就業規則、もしくは就業契約に記載していながら、退職勧奨をして、自己都合退職にし、傷病給付も申請しない。労災も無視、半年契約の後に正社員とする約束も一方的に破棄し、契約社員だから仕方ないなんて言い訳を企業はし続けてます違法だらけな気がします。労働者の損害賠償はできるのでしょうか?
2014年05月28日 15時07分

みんなの回答

石田 拓也
石田 拓也 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
就業期間中に疾病とは、何かお怪我をされたのですか。
その場合、療養中は解雇出来ませんし、治ってもその後30日は解雇出来ません。
自己都合退職してしまうと、後から面倒なので、退職意思がないのであれば、自己都合退職には応じないと返答するのが良いでしょう。

2014年05月29日 10時25分

相談者
ありがとうございました。退職勧奨に負けて、勤務できなくなるまでにされた私は、もっと早く弁護士さんに相談できたらなと残念に今更思っています。

2014年05月30日 12時58分

この投稿は、2014年05月28日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

アルバイトが有給休暇をとれる条件…正社員に昇格しても権利を引き継げる?

有給休暇は、正社員でもアルバイトでも、一定の勤務条件を満たせば取得することができます。ただ、アルバイトとして働いている人の中には、有給休暇に...

会社を辞めたくないのに「退職勧奨」を受けたときの対処法

「会社を辞めてほしい」「別の仕事が向いているのではないか」などと、会社が退職を勧めてくることを「退職勧奨」といいます。労働者が退職勧奨を受け...

【弁護士Q&A】退職勧奨は拒否できるのか|受け入れないと解雇される可能性はあるのか

「この会社に向いていない」「転職したほうがいい」などと、会社から退職するよう勧められることを退職勧奨といいます。退職勧奨された場合、従業員は...

就業規則や契約期間に従わないと退職できないのか|会社が退職届を受け取らない場合の対処法も解説

たとえば、就業規則に「退職は3か月前までに申し出ること」というルールがある場合、少しでも早く退職したくても、ルールに従う必要があるのでしょうか...

正社員のはずなのに「業務委託契約」を求められたときの注意点

「正社員として入社すると思っていたのに、契約書には『業務委託』と書かれていた」「正社員で入社したのに、途中から業務委託に切り替えてほしいと求...

この相談に近い法律相談

  • 病気に伴う休職後の復職拒否

    会社側の復職拒否についてです。 正社員で約2年勤めています。約1ヶ月前に病気になり、有給消化の後は病欠で仕事はお休みをいただき、現在は休職扱い中です。 治療のおかげで、主治医からは半日勤務から仕事復帰可能と診断書を頂き職場に提出しました。今後の労働環境の変更を訴えましたが、会社側からは「フルタイムで働けない人は雇...

  • 休職出向と転籍を断ると解雇になるのでしょうか

    勤続24年目の社員です。昨年6月に復職しグループ会社で実習生という名目で勤務しています。 本日上司から派遣先での評価が良いので、2年間休職出向の辞令をうけました。 勤務元の会社は経営が厳しく、スタッフの削減で現職や休職出向でグループ会社や、それ以外の会社に出向しています。 承諾の意思確認はなく辞令とで伝えられま...

  • 病気休暇の就業規則が無い会社の有給、欠勤後の退職について。

    4月から新しい会社に就職が決まり、前の会社の在職期間の証明をもらうように指示をされました。 体調不良で退職しましたが、前の会社は病気休業の就業規則がなく、有給休暇と欠勤の扱いで1ヶ月休み、そのまま退職に至りました。 在職期間の証明の備考欄に、実際に仕事をしていない期間を記載する欄があり、そこに有給休暇と欠勤...

  • 退職に関する遺失利益の損害賠償請求について

    雇用契約に無い労働の強制、残業代、休日出勤手当不払い、不正請求の強要、社長のパワハラ、上司の嫌がらせ(信用を失墜させる行為)、私にしか許されていない仕事を他の者にさせて仕事を取り上げる等の行為があり、精神的にもまいっています。 このことが原因で退職の意向を上司に伝えましたが退職日は未定で退職願も書面で提出してお...

  • 労働契約書と就業規則が違う場合

    適応障害で十月より休職しています。 会社からは労働契約書にある通り、私病による欠勤が三カ月続けば自動的に退職になると言われ、退職の同意書が送られてきました。 しかし社内規則の休職についてを確認したところ、 「従業員が次の各号の一に該当するときは休職を命ずる」 1、業務外の傷病により欠勤が引き続き次の期間を...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  2. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  3. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  4. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  5. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  6. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  7. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。