私が引き抜きを行ったとされ、元職場から損害賠償請求をされた

公開日: 相談日:2022年04月13日
  • 3弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

【相談の背景】
先日、元職場が私に対して400万円近い損害賠償請求をするため、裁判所から呼出状が送られてきました。
裁判ではなく、調停と記載がありました。

内容は、私が他の社員に転職エージェントを用いて引き抜きを行い、それにより3人が退職したというものです。

確かに他の転職を希望している社員に対して転職エージェントの紹介はしましたが、引き抜きは行っていませんし、無理強いもしてません。
ましてや、お金を貰ってもいません。
さらに、私が転職エージェントを紹介した人はまだ1人も辞めていませんし、その転職エージェントを通して転職が決まった人は1人も居ません。
元職場が言ってることは全てデタラメです。

【質問1】
裁判所に出頭することになりましたが、何か揃えた方が良い書類はありますか。

【質問2】
呼出状には「3人が退職し」と記載がありましたが、誰が退職したか全く記載がありません。
裁判所ではその点を突っ込んで聞いてくれるのでしょうか。

【質問3】
裁判でなく調停なのが意味わかりません。
弁護士さんの予想できる相手方のねらいはなんでしょうか。

1134859さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、3人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    千葉県3位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    A1
    エージェントを紹介した際のやり取りがメールなどの形で残っていればそれを。
    もっとも、調停は証拠から事実を認定するわけではないので、少なくとも初回は何も資料を持参しなくても良いかと思います。

    A2
    相談者から「誰が退職したか確認したい、聞いてくれ」といえば、調停委員は確認するはずです。

    A3
    限られた情報しかないので確たることは言えませんが、裁判で勝てるほどの材料がないというのがひとつのありうる説明です。

  • 弁護士ランキング
    東京都10位
    タッチして回答を見る

    > 【質問1】
    > 裁判所に出頭することになりましたが、何か揃えた方が良い書類はありますか。
    →相手方主張している事実などに関する証拠関係は収集・整理されておかれることをお勧めします(例えば、ご質問にある転職エージェント関連のメール等)。

    >【質問2】
    >呼出状には「3人が退職し」と記載がありましたが、誰が退職したか全く記載がありません。
    >裁判所ではその点を突っ込んで聞いてくれるのでしょうか。
    →ご質問者様から調停委員に確認するよう、調停委員に質問されるとよいと思います。


    >【質問3】
    >裁判でなく調停なのが意味わかりません。
    >弁護士さんの予想できる相手方のねらいはなんでしょうか。
    →具体的な経緯や相手方の主張・証拠関係が分からないので、何とも言えませんが、訴訟だと確実に勝てる証拠がないなどの理由は考えられるとは思います(勝てるという見込みであれば、やはり初めから訴訟提起しているようにも思います。)。

    もし、ご不安であれば、お近くの法律事務所に一度ご相談になることをお勧めします。


    ご参考になれば幸いに存じます。

  • 好川 久治 弁護士

    注力分野
    労働問題
    タッチして回答を見る

    【質問1】
    ⇒期日の1週間前までには申立書に対する答弁書を提出したほうがよいと思います。立証責任は申立人にありますので、事実に反することは否認と理由、知らないことは不知、認めることは認める、と認否し、反論があれば反論を書いて提出しておけばよいです。反論を裏付ける証拠があれば乙号証として番号を付して証拠提出しておいたらよいです。東京ですと、調停も1時間枠ですので、事前に争点を明確にして、スムーズな進行をはかる必要があります。そうしないと、期日が無駄になって何度も出頭しなくてはならなくなります。

    【質問2】
    答弁書に認否反論を書いて提出しておけば、調停委員会は立証責任のある申立人に証拠の提出を促します。あなたの方では事実でないなら否認と理由を明記しておけば、調停委員会があなたに突っ込んだ要求をしてくることはありません。

    【質問3】
    会社も事情をよく把握しておらず、証拠も薄いので、まずは調停で話をしてみて解決できる問題なのかどうかを試そうとしているのではないでしょうか。

この投稿は、2022年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました