1. 弁護士ドットコム
  2. 労働
  3. 退職
  4. 誓約書
  5. 競業避止義務
  6. 代表取締役辞任後の競業避止義務について

公開日:

代表取締役辞任後の競業避止義務について

2018年10月16日
先日、雇われで代表を努めていた会社を退職しました。肩書は代表取締役でしたが、実際は営業部長的なポジションで営業しかしていません。退職理由は、実現が難しい売上ノルマを課されたり、オーナーの放漫経営により3ヶ月報酬が遅配していたからです。
退職時に、健康保険・厚生年金保険資格喪失証明書と、不動産認可の業者でしたので宅建協会の正会員証の返却受領証及び会社名義のクレジットカード返却受領証を受け取っている状態です。
辞任届を提出するときに、「秘密保持・競業禁止に関する誓約書」にも押印するよう求められ、後日辞任届と一緒に郵送する予定になっています。

1,退職後は生活もあるので、自己資金で独立開業を考えており、「秘密保持・競業禁止に関する誓約書」には押印したくありません。誓約書を送る必要はあるのでしょうか。

2,誓約書を送らない場合、押印する意志はないと一筆添えたほうがいいでしょうか。
相談者(718821)の相談

みんなの回答

森田 英樹
森田 英樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府6
ありがとう
取締役退任後 原則として 競業をすることは自由で、会社法上の競業避止義務(会社法356条1項1号)も負いません。

会社は、取締役との間で退任後の競業を禁止する誓約書を作成しても基本的には有効ですが、その内容次第で広範に競業を禁止するものは無効となります。一方的に提示された誓約書に応じる必要はありません。

2018年10月16日 18時17分

相談者(718821)
早速のお返事ありがとうございます。
辞任表を送る際に、誓約書には押印しかねる旨書面を添えて、はっきりと意思表示はしました。その後、誓約書の催促もないので大丈夫かと思われますが、また問題が起こったときはご相談乗って頂ければと存じます。

2018年10月18日 09時53分

この投稿は、2018年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では16,478名の弁護士から、「労働問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

同業他社へ転職したら前社から競業避止義務違反を主張されたときの対処法

会社によっては、就業規則や誓約書で、従業員に「退職後1年間は同業他社に転職してはいけない」などの競業避止義務を定めているところがあります。こう...

【人事労務担当者向け】元従業員に競業避止義務違反を問えるケースと請求できること

退職した従業員が、同業他社に転職をしたり、競合となる会社を起業したりした場合、差止請求や損害賠償請求をできることがあります。この記事では、退...

【弁護士Q&A】同業他社に転職しないという誓約書には従う必要あるのか

勤務先を退職する際に、「退職から●年間は同業他社への就職を禁止する」といった内容の誓約書の提出を求められることがあります。このような誓約書を提...

【弁護士Q&A】退職した後元の会社の顧客や従業員を引き抜くことのリスク

退職して独立する場合、独立後に元の会社の顧客や従業員とのコネクションを活用したいと考える人もいるでしょうが、場合によっては元の会社との間でト...

従業員が独立するときに引き抜きや顧客情報の持ち出し…競業避止義務で防げる?【弁護士Q&A】

従業員が独立の際に、他の従業員を引き抜いたり、顧客情報を持ち出したりしようとしたとき、防ぐ方法はあるのでしょうか。独立する従業員に損害賠償を...

この相談に近い法律相談

  • 取り引き先への転職について

    昨年の10月末で契約社員として努めていた社労士事務所を退職し12月半ばから在職中に受け持っていた顧客の会社に入社しました。 現在はその会社も1月末で退職し無職です。 先日、前職の社労士事務所から電話があり 受け持っていた顧客の会社に入社したことは顧客や会社の情報の漏洩につながり 就業規則及び機密保持契約書等に違反...

  • 競業避止義務について

    従業員が退職したいと申し出ており、会社を辞めたあとも弊社で得たノウハウで引き続き事業を行いながら、その利益で新しい事業をやろうとしているようです。 退職時に競業避止義務の契約を締結し、退職を認めようと思いますが、競業避止義務は事業の範囲などどこまで有効となるのでしょうか。 また、何年までなら有効とできるのでし...

  • 代表取締役解任後の競業避止義務について

    現在雇われの代表取締役をしています。 オーナとの意見の対立から代表取締役を解任されることが予測されます。 解任後に同種の会社を立ち上げた場合、競業避止義務を背負うことはあるのでしょうか。 誓約書は出しておりません。

  • 従業員兼役員の会社債務における負担について

    先日社長に退職の意思を伝えたところ、 「今辞めるなら、会社で多額の借金(運送会社の車を多数購入)し、自分が社長を辞めた上で会社を潰してお前に借金を背負わせる」「お前は家族にも取り立てに行く」と脅され、辞める奴は給料を半分にすると言われました。 ①このような会社の負債を社長がして、会社をわざと倒産させた場合、私...

  • 協業避止規定について

    以前、勤めていた会社を業績不振・将来の不安で退社いたしました。 退社3カ月後、以前の会社で仕入れていた商品のスペックを変えて会社をおこし販売することとなりました。 以前の会社より会社の就業規則で離職後3年の協業避止規定があり私の行動は離職後3年の協業避止規定 に抵触するということで法的処置をしますとい...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

依頼前に知っておきたい弁護士知識

最近検索されたキーワード

競業避止義務の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。