退職後の競合避止義務について

お世話になります。3年間勤めた会社を4月退職となりますが、退職後の競合避止義務についての質問です。提出を催促されましたので、出来れば早いご回答をしていただけると助かります。
医療系で地元で働いています。退職後ある同業種または類似の職に規定された東京都内の場所での就職または開業を1年間しないことと、機密保持について署名をしてくださいという書類です。機密保持については入社時にも署名しているので被ります。
雇用解約時そのような書類を退職後に出すという話もなければ、雇用契約書に競合避止義務のことは一切書かれていない。就業規則は社員が見れるように保管されておらず、どこにあるかも説明されていない。書類に関しては事務から退職する人には全員に書いてもらうようになっているという説明で退職前に知った。役職にはついておらず、会社の売上すらしらない一般社員です。退職金もありません。会社は労働基準法からすると例えば就業時間が出社9時なのに30分前にタイムカードを切らないと減給、残業も36協定だとかいって残業代は一切つきませんが、それ以上の仕事をやらされる状態。現社員も休み時間がしっかり取れていないような会社です。

1.家族がいるのでどうしても地元で仕事をする必要があり、署名できません。署名する必要はありますか?退職後に縛られるのはおかしいと思うのですが。
2.法律的に署名しないと問題ですか?
3.強要されたらどうすればいいですか?考えではまず労働基準局に出向くと伝えるつもりです。
4.雇用契約時に競合避止の書類の説明がなかくて退職時に後出しで出してきましたが、これは憲法上?法律上会社は私に対してやっていいことなのでしょうか?
ご回答お願い致します。
2018年04月10日 21時15分

みんなの回答

高橋 建嗣
高橋 建嗣 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都9
ベストアンサー
ありがとう
1・2 署名をする義務はないので、署名をしないで結構です。
3 労働基準局に通報するでよいと思います。
4 あくまでもあなたの同意を得たうえで競業避止義務を課したと会社は言う必要があるので、署名してください、と言ってきているのです(退職後当然競業避止義務を負うのであれば、そもそも新たに書面に署名する必要などない)。

2018年04月10日 21時36分

この投稿は、2018年04月10日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,799名の弁護士から、「労働問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

同業他社へ転職したら前社から競業避止義務違反を主張されたときの対処法

会社によっては、就業規則や誓約書で、従業員に「退職後1年間は同業他社に転職してはいけない」などの競業避止義務を定めているところがあります。こう...

【弁護士Q&A】同業他社に転職しないという誓約書には従う必要あるのか

勤務先を退職する際に、「退職から●年間は同業他社への就職を禁止する」といった内容の誓約書の提出を求められることがあります。このような誓約書を提...

【弁護士Q&A】退職した後元の会社の顧客や従業員を引き抜くことのリスク

退職して独立する場合、独立後に元の会社の顧客や従業員とのコネクションを活用したいと考える人もいるでしょうが、場合によっては元の会社との間でト...

【弁護士Q&A】内定辞退でエージェントから違約金の請求…支払う必要ある?

採用内定が決定したあとに、労働者側から内定辞退を申し出ると、会社側とトラブルになることがあります。ここでは、「内定先や転職エージェントから損...

この相談に近い法律相談

  • 在職中の引き合いを転職先で受注する行為

    小さな会社を経営しております。 半年ほど前に会社の中堅社員が退職し、同業種で起業いたしました。 最近、さらに起業した元従業員の後輩も退職したいと申し出てまいりました。 転職先は半年前に退職した先輩の会社です。 弊社に在職中の引き合いがあったこと自体を隠して、転職先で受注するようにお客様と根回しをしているような...

  • 退職の話をしたら競業避止の書類が来ました 転職できなくなります

    富山に本社のある工業用空気清浄機の製造販売の会社に勤めています 現在東京営業所に勤務していますが、事業の縮小に伴い営業所を閉鎖するとの事で本社に勤務できず 会社都合で退職させていただく話になっていました。他社に勤務することも伝えてあったのですが その話から一週間たった今日 突然 「競業避止義務についての誓約書」...

  • 倒産寸前の従業員を助けてください

    至急、アドバイスを頂けますと助かります。 現在、働いている会社は今年に入り経営が悪化し、業務縮小が本格化し、職場も近日中に移転することになりました。 社長より、今後の雇用契約内容、事業内容など決まっている段階の話のみ聞かされました。会社の存続は、負債がまだまだあるので業務縮小し細々とやっていくとのことでした。恐...

  • 契約社員の職務内容の、契約年度内での途中変更と、それを理由にした解雇について

    つい先日、家族に腫瘍が見つかり、手術が必要になりました。難しい手術で命の危険があります。 もしかしたらあと1年しか生きられないかもしれない。 現在の職場は契約社員で職務は変形労働時間制、裁量労働制です。翌日の業務の準備や当日の仕事をしていて、どんなに遅くまで働こうと、上から残業代をつけていいよと指示された特別な...

  • 会社都合による退職 ですが、同業へ転職することを伝えると退職金はださないと言われました。

    会社を退職することになり、離職票には、 事業主側の理由で会社都合となっています。 退職届についても、『職場環境の悪化』と書き、事業主側は受理しています。 会社は中小企業退職金共済を社員名義で社員に契約をさせて、退職金を運用しているのですが、 同業の仕事につくことを伝えると、 就業規則による、競業避止から退職金...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

競業避止義務の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。