業務委託の従業員の引き抜き工作について

小さなサロンを経営しております。Aさん(業務委託)による引き抜き工作が行われているようです。私がサロンにいない間に個人的な名刺を渡したりコソコソ話をしていたり、サロンの携帯電話を使用し顧客に独立の内容や個人連絡先を教えるやり取りをしているようです。(たまたま発見しましたが、やり取りの記録はすぐに削除していると思われます。)私や他のスタッフにも一切独立の相談はなく業務も怠慢になっております。業務委託契約書は交わしているものの秘密保持の項目はありますが競業避止の項目はありません。これは悪質な引き抜き工作と認められますか?また即日退職してもらいたく損害賠償は請求可能でしょうか?
相談者(462023)からの相談
2016年06月20日 10時55分

みんなの回答

伊藤 真悟
伊藤 真悟 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ありがとう
元の会社の利益を不当に害する方法で、引抜きを行ったと言えるならば損害賠償請求できる可能性はあります。委託契約書に協業避止の項目がなくとも、信義則上会社に損害を与えない義務を負うと言えると思います。悪質かどうかは、詳細を聞かないと分からないので、弁護士に面会での法律相談を申し込むことを勧めます。

2016年06月27日 11時06分

この投稿は、2016年06月20日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では15,451名の弁護士から、「労働問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

同業他社へ転職したら前社から競業避止義務違反を主張されたときの対処法

会社によっては、就業規則や誓約書で、従業員に「退職後1年間は同業他社に転職してはいけない」などの競業避止義務を定めているところがあります。こう...

【人事労務担当者向け】元従業員に競業避止義務違反を問えるケースと請求できること

退職した従業員が、同業他社に転職をしたり、競合となる会社を起業したりした場合、差止請求や損害賠償請求をできることがあります。この記事では、退...

従業員が独立するときに引き抜きや顧客情報の持ち出し…競業避止義務で防げる?【弁護士Q&A】

従業員が独立の際に、他の従業員を引き抜いたり、顧客情報を持ち出したりしようとしたとき、防ぐ方法はあるのでしょうか。独立する従業員に損害賠償を...

【弁護士Q&A】退職した後元の会社の顧客や従業員を引き抜くことのリスク

退職して独立する場合、独立後に元の会社の顧客や従業員とのコネクションを活用したいと考える人もいるでしょうが、場合によっては元の会社との間でト...

【弁護士Q&A】同業他社に転職しないという誓約書には従う必要あるのか

勤務先を退職する際に、「退職から●年間は同業他社への就職を禁止する」といった内容の誓約書の提出を求められることがあります。このような誓約書を提...

この相談に近い法律相談

  • 社内機密情報を役職従業員が業務委託先に流していました。訴える場合どのような判断が下るでしょうか?

    当社の部長職の従業員が、社内で作成した資料や情報を別事業での業務委託先に流しておりました。 その従業員のPCにログインして確認したところ、当社で作成した資料をそのまま業務委託先の社名に変更して保存してあり、その業務委託先は最近当社と全く同じビジネスモデルで、事業を開始しているようです。 該当従業員が、来月で突然退...

  • 業務委託元が当社アルバイト社員に直接業務指示を出してきます

    取引先の業務委託元が当社アルバイト社員に、直接業務指示をだし、なおかつ無償で行うように強要に近い形になっています。前述した質問にも重なりますが、業務委託元からは一銭ももらっていませんし、そのような業務委託契約はありません。契約を解約したいのですが、今後の報復も怖いです。 はっきりいうとブラック企業です。どのよう...

  • 競業避止義務について

    企業経営者です。 退職の際、個人情報や社内のマニュアルなどが、競合企業に利用や引き抜きによる、運営の被害防止の為に誓約書を書いてもらっていますが、合法でしょうか? 又、就業規則の作成について、どのようなことが必要ですか?教えてください。

  • 競業の範囲になりますでしょうか?

    今年の春にソフトウェア開発販売保守をしている会社を退職しました。 在職時は、ソフトウェア導入時の操作説明や導入後の保守を行っており、 役職もついておりました。 引き止められたくなかったこと、正々堂々とやりたいということから、 独立したいという理由を伝え退職し、 それに伴って退職日前に誓約書にサインしました。 現...

  • 情報システム保守運用業務の業務委託契約の業務範囲の決め方について

    業務委託契約書で業務委託の業務の範囲を会社の上司と決める作業をしています。 「1.○○社が導入した情報システムの保守運用業務、及び○○社が導入したコンピュータ、プリンタ、などの機器の保守運用管理」の様に業務委託の範囲・内容を決めて、これ以外の「2.委託者が自身の業務のために購入した家電量販店などで購入したコンピュータ、...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

依頼前に知っておきたい弁護士知識

最近検索されたキーワード

競業避止義務の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。