アルバイトを辞めたいといったら 突然 契約書に判をつけと渡された

公開日: 相談日:2019年04月11日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

1、いま、アルバイトしている所(A)より条件のよいところ(B)にひきぬかれる
2、急な話なので(A)には後任が見つかるまで(最長で今年中、最短では後任が決まり次第の退職、それまではA.Bを掛け持ち)には辞めたい旨を伝える ※Bには承諾を得ています

すると、以下の内容の契約書に判子をつけと渡されました
1 2019,12,31まで私(投稿者)からの解約はしない ただし、現雇用主らの解約は可能とする
2、今の顧客には 営業時間 内外を問わず今後の私の活動については一切はなしをしない
3、今度の顧客との事務的な話は一切を現店舗責任者(私の雇用主)がおこなう
◯◯◯(雇用主の名前)印
私の名前(←勝手に書かれていました)

この、契約書に私が判子をつく必要があるのですか。
そもそも、請け負い形態をとっていて、現 雇用主と勤務や雇用についての契約書は交わしていません

ご意見、よろしくお願いします

785601さんの相談

回答タイムライン

この投稿は、2019年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました