弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

自己都合退職の場合、雇用契約書に雇用者側の承諾条件が入っている時の対応を教えてください。

1.経緯
・今年6月に会社に就職しましたが、業務の発注先の人との人間関係が悪いので、自己都合で退職することを決めました。会社との雇用契約条件は、期間の定めがなく、休暇は入社半年後時点で10日となっています。自己都合退職条件は「労働契約期間中に自己都合で退職するときは遅くとも14日前までに会社にその旨を報告し、承諾を得なければいけない」とあります。
・現在再就職活動中で、再就職先が決ま次第退職届けを提出することを考えていますが、その時会社が自己都合退職条件として会社の承諾を盾に退職を認めないあるいは延期を主張し、円滑な退職ができるか心配です。そこで先生方に二点質問があります。
2.質問
・雇用契約書にある会社側の承諾を条件とする自己都合退職条件は民法627条1項の条文(退職申し出の日から二週間を経過することで雇用が終了するとある)に抵触しこの条件は無効かと思いますが如何でしょうか?
・会社がこの承諾条件を盾に取り退職を認めないあるいは引き伸ばしを図る場合、どのように対処したらよろしいでしょうか?
b4_22a1さん
2018年12月11日 13時17分

みんなの回答

周藤 智
周藤 智 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
> ・雇用契約書にある会社側の承諾を条件とする自己都合退職条件は民法627条1項の条文(退職申し出の日から二週間を経過することで雇用が終了するとある)に抵触しこの条件は無効かと思いますが如何でしょうか?

会社の承諾を要件とする条項は無効となります。

> ・会社がこの承諾条件を盾に取り退職を認めないあるいは引き伸ばしを図る場合、どのように対処したらよろしいでしょうか?

転職先が見つかれば,法律に基づいて退職をし,転職先に勤められれば良いと思いますが,有給消化や賃金支払いなどで揉める可能性もありますので,場合によっては,弁護士等の専門家に交渉を依頼することも考えられるかと存じます。

以上,簡潔ではございますが,少しでもご参考になれば幸いです。

2018年12月11日 13時34分

b4_22a1 さん (質問者)
迅速的確なご回答ありがとうございます。
大変役に立ちました。

2018年12月11日 19時00分

この投稿は、2018年12月11日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 数回の退職勧奨に応じなかった末の、雇用条件、雇用契約書の変更について

    東京の本社に入社後、海外に出向していました。出向先の海外勤務中、退職勧奨を5回(出向先の取締役の女上司、本社の社長、出向先の上司)も迫られ、海外赴任地で犯罪行為をしているという事実無根の噂等で会社に被害が出ているので、2月8日までに自分で退職届を出さなければ、会社は現地で損害賠償で裁判を起こす、と言われていまし...

  • 雇用契約書-退職についての質問です。

    従業員に書いてもらう雇用契約書についての質問です。 雇用契約書に急に辞めた時の賠償金額などはあらかじめ書いてはいけないようですが、急に辞めることによって仕事に穴があき明らかに信用と損害が発生する性質の仕事なので、そんな事が無いように契約書に記載したいのです。 例えば賠償の金額がなければ、法的に雇用契約書に記載...

  • 雇用契約書と労働条件通知書の請求

    私は平成28年10月21日突然解雇されました。カギをかけ、書類(退職同意書)を書かないと帰さないといわれました。14日以内にやめさせようとしたのではないかと、労基の職員に言われました。その後、労働審判の証拠がなかったので、税務署にお願いして、給料明細、源泉徴収を回収しました。その時も相手は渋りました。内容証明にて...

  • 契約書、労働条件通知書なし 退職

    新規オープンの飲食店に就職したのですが、労働条件の劣悪さと、会社に対する不信感で退職を考えています。 ①入社してから1月半程なのですが、未だに雇用契約書、労働条件通知書などが渡されません。 社会保険証だけ渡されました。 契約書等は少し待ってくれと言われたのですが、一月も待っていますし、同時期に雇用された他のバイ...

  • 退職時の誓約書について

    近日中に退職を予定する者でございます。退職時の社内誓約書の内容に物品、資料の返還、機密漏洩防止の記載。 上記に関して該当する行為があった場合、退職金の不自給、控訴を受けることを承諾を促す記載。有給、振替休暇の全処理ができましたので、異議申し立てしませんと記載があります。 物品、機密漏洩は理解できますが、有給は2...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...
  2. 私学教員の部活指導など、「明確な指示」なく...
  3. タイムカード打刻「15分単位」で切り捨て…薬...
  4. ベネッセ個人情報流出、東京地裁が請求棄却「...
  5. 過労死遺族、官邸前に座り込み…高プロに反対...
  6. メディア業界のセクハラ、半数が同業者から ...
  7. 日本郵政、正社員の手当廃止で論議…梅田弁護...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。