《2点質問》退職(正社員)を認めてもらえません。理由は誓約書の「3ヶ月前に退職願提出に努める」です。

年内に退職したいと伝えたところ、難しい、無理と言われました。

退職理由は、転職の為です。2社あり、1社は来年2月か3月入社です。確定はしていませんが、オファーレターはもらっています。もう1社はこれから最終面接です。何が自分に不利になるのかわからない為、上記まで詳しくは話していません。

入社時提出した誓約書(サインしてしまいました)には、
『自己の都合により退職する際は、会社に迷惑をかけないよう、少なくとも3カ月前までに退職願を提出するように努めます。』
とあります。

①“努めます”なので、必ずではない、と解釈できませんか?2ヶ月程前に直の上司に転職を考えている旨は伝えていましたがこれは“努めた”ことになりませんか?

②違約金、賠償金、減給などを言われた場合、それは違法になりますか?それとも従わなければならないのでしょうか?

どうにか円満退職したいです。明日再度話す予定です。①②へのご回答と、話す上での注意点、アドバイスをお願いいたします。

これまで退職した人も何人か揉めていたと聞いているのでとても怖いです。

どうぞよろしくお願いいたします。
ニコールさん
2018年11月26日 21時45分

みんなの回答

周藤 智
周藤 智 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ありがとう
退職自体は労働者に認められた権利なので,会社の承諾は必要ありません。

もちろん,就業規則などによっては,退職手続が定められている場合がありますので,それに従って行なった方が無難であることは間違いありません。

しかしながら,本件のように,退職が会社の承諾によって左右されるような制度設計はとれません。誓約書についても,労働者をけん制する以上の意味はないですし,違約金等についても,法律上適法と評価される退職であれば,当然違法ではありませんので,認められる余地はありません。ただ,請求すること自体は,ある意味自由なので(裁判では認められないというだけで),その点をどう考えるかによると思います。

どちらにしても,退職がなかなかできないのであれば,弁護士を通じて行うなども検討されても良いかもしれません。弊所の回答は以上とさせていただきますが,少しでもご参考になれば幸いです。

2018年11月26日 22時33分

ニコール さん (質問者)
早速ありがとうございます。

今入社時の書類を調べてみました。退職に関して、

誓約書には先の通り、
『自己の都合により退職する際は、会社に迷惑をかけないよう、少なくとも3カ月前までに退職願を提出するように努めます。』

労働条件通知書には、
『自己都合退職の手続き (退職する3ヶ月以上前に届け出ること)』

とあります。
①どうしても退職を年内にするには話し合う、それでも認めてくれない場合は年始から出社しない、などの強行手段しかないのでしょうか?
②12月に賞与がありますが、取り消し、もしくは減額は仕方がないのでしょうか?
③話を円満、もしくはそうでないにしろ年内に退職を実現するにはいつまでに話をつけるべきでしょうか?年末年始休暇は12月29日(土)からです。
④有給休暇が11日あるのですが、それはまとめて使用する権利はあるという理解で合ってますか?(まとめて取るなんてダメだ、もしくは無し、と言われそうなので伺っています)

更に沢山の質問ですが、無知が痛い目に合う気がするのでどうかお知恵をお貸しください。
よろしくお願いいたします。

2018年11月26日 23時47分

周藤 智
周藤 智 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ありがとう
> ①どうしても退職を年内にするには話し合う、それでも認めてくれない場合は年始から出社しない、などの強行手段しかないのでしょうか?

民法上は2週間の予告期間を置けば良いことになっています。民法と就業規則のどちらが優先するかは解釈上争いがありますが,せいぜい1か月程度ではないかというのが私の感覚です。裁判例では,2週間を超える予告期間は無効とする裁判例もありますので。
最悪強行手段に出ざるを得ないケースもあるかと存じます。

> ②12月に賞与がありますが、取り消し、もしくは減額は仕方がないのでしょうか?

一般的には,賞与を受け取ってから退職手続をとることが多いです。おっしゃるとおり,支払を拒否する会社も多いので。ただ,賞与については,就業規則等の定めに左右されるのは,詳細が分からない本件では,回答しかねます。

> ③話を円満、もしくはそうでないにしろ年内に退職を実現するにはいつまでに話をつけるべきでしょうか?年末年始休暇は12月29日(土)からです。

年内退社の場合は,①と重なりますが,早い方が良いでしょう。どれだけ遅くとも2週間の予告期間を空ける必要があります。

> ④有給休暇が11日あるのですが、それはまとめて使用する権利はあるという理解で合ってますか?(まとめて取るなんてダメだ、もしくは無し、と言われそうなので伺っています)

これも解釈上争いがあります。引継ぎが必要であれば,出社命令が出る可能性はあるかと思います。

詳細が分からず,会社の対応や労使慣行も分からないので,これ以上具体的な回答は難しいので,会社との力関係の格差から,ご不安があるのであれば,弁護士に退職代行を依頼することも考えられた方が良いかもしれません。

2018年11月27日 09時35分

この投稿は、2018年11月26日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 入社時に誓約書へサインしたが、退職にしなかった場合、その誓約書は有効?無効?

    先日、会社を退職しました。 会社からは機密保持誓約書の提出を求められました。 そこには、一定期間、競合他社に転職しない旨の文言があり、 その時すでに競合他社への転職を考えていたため、提出しませんでした。 すでに会社は退職していますが、まだ誓約書の提出を求められ続けています。 誓約書の提出はしないといけないのでし...

  • 競合他社へ転職する場合、退職時の誓約書の有効性はあるのか

    競合他社への転職が決まっており、退職時の誓約書に関して悩んでいます。 退職時に揉めたくないのでサインをして済ませたいのですが、誓約書には10項目ほどあり、その中に ・同業他社へ就職しないこと ・内容に反したことにより損害を与えた場合、賠償請求に異議を立てずに応じること の項目が含まれております。 (ほかの項目は...

  • 退職時の誓約書について

    会社役員です。 退職をします。 退職は会社に了承していただきました。 退職するにあたり、誓約書にサインを求められました。 「同種あるいは類似の事業を営む他社に就職しないことを誓約します。」 現在、調味料関係の会社に勤めていますが、転職先が食材を扱う会社の場合は類似の事業を営むと解釈されかねない、と知人に言われま...

  • 退職時の誓約書について

    近日中に退職を予定する者でございます。退職時の社内誓約書の内容に物品、資料の返還、機密漏洩防止の記載。 上記に関して該当する行為があった場合、退職金の不自給、控訴を受けることを承諾を促す記載。有給、振替休暇の全処理ができましたので、異議申し立てしませんと記載があります。 物品、機密漏洩は理解できますが、有給は2...

  • 退職に関する誓約書の1文に関して

    私自身が一般企業を円満退職することに際して、いくつかの誓約書へのサインを求められております。 競合企業への転職禁止に関する要項など、一般的な要素構成と思われます。 ただし、最下部に、双方裁判となった場合の管轄裁判所の指定が記され、その一方で「裁判所により本契約の一部が法律上無効と判断された場合でも、有効となる...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

誓約書の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...
  2. 私学教員の部活指導など、「明確な指示」なく...
  3. タイムカード打刻「15分単位」で切り捨て…薬...
  4. ベネッセ個人情報流出、東京地裁が請求棄却「...
  5. 過労死遺族、官邸前に座り込み…高プロに反対...
  6. メディア業界のセクハラ、半数が同業者から ...
  7. 日本郵政、正社員の手当廃止で論議…梅田弁護...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。