競合他社へ転職する場合、退職時の誓約書の有効性はあるのか

公開日: 相談日:2016年10月19日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

競合他社への転職が決まっており、退職時の誓約書に関して悩んでいます。

退職時に揉めたくないのでサインをして済ませたいのですが、誓約書には10項目ほどあり、その中に
・同業他社へ就職しないこと
・内容に反したことにより損害を与えた場合、賠償請求に異議を立てずに応じること
の項目が含まれております。
(ほかの項目は機密情報保持関連です)

職業選択の自由があるので転職しただけでは問題にならないのではないかと思うのですが、
誓約書にサインをしつつも同業他社へ転職した場合、損害賠償などの事態になるほどの有効性はあるのでしょうか?

494586さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都2位
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    > 誓約書にサインをしつつも同業他社へ転職した場合、損害賠償などの事態になるほどの有効性はあるのでしょうか?

    これから先ずっと同業退社に転職できないとするのも過度な制限ですし、その内容も損害を与えた場合ともありますし、直ちに損害賠償請求ということにはならないと考えます。

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    誓約書に署名する義務はありませんし、署名することで却って紛争が生じやすくなるので、角が立たないように断ることも可能なので、拒否することが一番だと考えます。
    一時の波風を恐れて署名することは後々大きな波なぜになると思います。いずれにせよ早めに労働問題をよく担当している弁護士に相談して対応方法を検討なさってはどうでしょうか。

  • 相談者 494586さん

    タッチして回答を見る

    原田様
    波多野様

    素早いご回答ありがとうございます。
    ここ数日ずっともやもやしていたものが少し晴れました。

    波多野様のおっしゃるとおり、早めに労働問題をよく担当されている弁護士の方に直接相談してみようと思います。
    ありがとうございました。

この投稿は、2016年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す