勤務先の扱いについて質問があります。

妻が資格を取得するため勤務先に実務経験証明書の発行依頼をしたところ、勤務先より『実務経験証明書を発行後、試験合格後、資格取得後、3年間・研修費用実費で研修中は有休or6年間・研修費用は会社負担で研修中は勤務扱い』と書かれた宣誓書を渡されました。
また、就業規則はすぐに見れる所には無く、退職するには4ヶ月前までに退職届を提出しなければ受理されないみたいです。

弁護士の先生方に4点質問です。
① この宣誓書は法的拘束はあるのでしょうか?
 罰則等は書かれていませんでした。
② この宣誓書は憲法の職業の選択の自由に抵触してないのでしょうか?
③ 確か労働基準法は退職の1ヶ月前に退職届を提出すれば大丈夫と聞いたことがあるのですが、4ヶ月前に提出は法律に抵触してないのでしょうか?
④ 就業規則をいつでも見れないのは法律的にどうなのでしょうか?
2016年06月21日 09時13分

みんなの回答

相談者
所轄の労働基準監督署に相談したのですがよい回答を聞くことができませんでした。

2016年06月21日 09時35分

鈴木 祥平
鈴木 祥平 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ありがとう
宣誓書の内容がちょっとよくわからないのですが、詳細に教えていただけるでしょうか。あと、何の資格で何の研修が必要なのでしょうか。判断をするうえでその情報がないと回答をすることができないと思います。

2016年07月03日 00時27分

この投稿は、2016年06月21日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では14,551名の弁護士から、「労働問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 公務員の失業退職手当の雇用保険法抵触について

    これまた別友人のものですが、この友人は臨時的任用公務員として4年間任用継続を得て勤続しておりましたが、本年度は継続がなかったものでした。 そこで、失業退職手当を支給されることになりましたが、かつての民間企業を退職した際のものと比較して支給額の少なさに気付き仕組みを調べた結果、行政事務に諸問題があることが解りまし...

  • 「就業規則は本社にある。派遣・在宅勤務者は就業規則を見たけりゃ本社まで来い」労基法106条違反?

    以前、この質問サイトにて雇用契約書と離職票について質問しました。 http://www.bengo4.com/roudou/1099/b_373688/ その際の回答の中に以下のような文言がありました。 (引用開始) 雇用契約書と離職票は、発行するしない、は個々の会社の自由なのでしょうか? → 雇用条件通知書、就業規則及び離職票の発行義務があります。...

  • 試用期間での退職について

    求人内容と、雇用契約書の内容に容認しがたい偽り(普通残業手当と深夜残業手当が職務手当と営業手当に含まれており、どれだけ労働しても残業代が出ない等)があったため、試用期間満了に合わせて、退職をしようと検討しています。(雇用契約書には3か月の雇用期間の定めがありました。) 退職についての就業規則の一文に、「自己の...

  • 従業員の解雇と就業規則について

    就業規則を今年度から作りました。定年を65歳と設定しています。人件費を削減のために65歳以上の社員がいましたので解雇通知をしました。その方は株主なのですが従業員です。そのせいか解雇を拒否してきます。しまいには自分を取締役に入れようと勝手に司法書士を訪問したりしています。 質問ですが、 この高齢社員を強制的に解雇して...

  • 解雇について

    労働審判で不当解雇を争っています。警備業における病院勤務の研修中に能力不足を理由に解雇されましたが、会社は面接時に採用説明確認書に研修内容を理解できない場合には退職してもらう旨記載があり、書名捺印しましたが有効なものなのでしょうか。また私は申し立て書には警備業の経験は少ないと記載しましたが、経験年数は短く、業務...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

依頼前に知っておきたい弁護士知識

最近検索されたキーワード

誓約書の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。