進退伺の文面による退職強要について

進退伺に「いかなる処分も謹んでお受けする所存です。私の処分についてご指示を賜りたくお願い申し上げます。」と書いたことを根拠に自主退職を強要されています。
何度も何度も自主退職を拒否していますが、執拗な退職強要を受けています。退職勧奨のレベルを超えた発言を繰り返し受けています。
進退伺にこう書いてあるだろう。だからその処分が自主退職だ。自分で書いたことは守れと迫られています。

進退伺の文面は決まり文句のようなものだと思うのですが、それを根拠に自主退職または解雇させることはできますか?



2019年11月02日 18時09分

みんなの回答

波多野 進
波多野 進 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ありがとう
出来ないと考えます。合理的な解雇理由や解雇という手段を選ぶ相当性が必要なので、退職する意思がないことをはっきりメールなどで証拠に残る形で述べつつ、早めに労働問題をよく担当している弁護士に相談なさるのがいいと思います。

2019年11月02日 18時44分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
ベストアンサー
ありがとう
> 進退伺の文面は決まり文句のようなものだと思うのですが、それを根拠に自主退職または解雇させることはできますか?

自主退職は、相談者の意思で決まると思います。
正当な理由がないのに、解雇はできないことになっています。

2019年11月03日 05時58分

この投稿は、2019年11月02日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,927名の弁護士から、「労働問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

会社を辞めたくないのに「退職勧奨」を受けたときの対処法

「会社を辞めてほしい」「別の仕事が向いているのではないか」などと、会社が退職を勧めてくることを「退職勧奨」といいます。労働者が退職勧奨を受け...

【弁護士Q&A】退職勧奨は拒否できるのか|受け入れないと解雇される可能性はあるのか

「この会社に向いていない」「転職したほうがいい」などと、会社から退職するよう勧められることを退職勧奨といいます。退職勧奨された場合、従業員は...

この相談に近い法律相談

  • 退職勧奨といいつつ退職の強要に当たりませんか?

    昨年末、常務と人事部長に呼び出され退職勧奨されました。もし、受けなければ懲罰委員会にかけた上、別の部署に異動してもらうとの事でした。懲罰にかけるといっているのは上司の批判をしたからです。呼び出された際に説明があったのですが、「批判についてが問題なのではなく、内容に一部嘘があった。」という事でした。正直、これは言...

  • 退職勧奨(強要)

    雇用期間満了後は契約更新しない告知を受けましたが、 契約満了までまだ20日以上あります。その間に自主退社するよう勧奨(強要)されています。 まず、会社への入室キー(カード式)を返却するように言われました。拒否すると、今後は、暗証番号等にロックをかけて、内側から入れないようにする!と通告されました。 本当かどうかはわか...

  • 退職勧奨でしょうか?

    職場でのことについて相談です。 朝、始業前に電話連絡を入れて2日間欠勤(有休扱い)をしました。 2日目に上司から電話があり、このまましばらく休むつもりなら、今任せている仕事を他の人にまわすと言われました。 そんなつもりはないと答えましたが、明日ちゃんと話しましょうと言われました。 これは退職勧奨でしょうか? ちな...

  • 退職勧奨について

    退職勧奨について。 社員側から退職の意思表示をしたが、退職日について雇用主側と話し合いができない状態が続き退職願は未提出の場合、雇用主が一方的に「今週で辞めて下さい」と言うのは、法的に退職勧奨に該当しますか? またその間に雇用主側がその社員が業務にあたって必要な貸与品の返却を求める(=業務ができない状況に持...

  • 退職勧奨でしょうか?

    会社で問題を起こし 反省文の指導を上司から受けている際「同じ件で同じ職位の人は自主退社だった。」「この件のせいで君は出向出来ない。が、行きたい出向先はあるか?」と聞かれました。 これは退職勧奨にあたりますか?

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

退職勧奨の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 佐野SA、ふたたびストライキ決行へ「前回のス...
  2. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  3. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  4. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  5. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  6. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  7. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。