懲戒処分と早期退職の複合処分について

懲戒処分からリストラまでの流れで質問です。
私は会社の備品(携帯等)を複数回紛失して、役職を解かれる懲戒処分を受けました。

そこから数週間後に早期退職勧奨を受け退職せざる得ない状況になりました。早期退職を受けないと現場作業員にすると言われました。

これは一事不再理の原則に反しませんか。よろしくお願い申し上げます。
2019年08月03日 11時14分

みんなの回答

青山 知史
青山 知史 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
詳しいご事情にもよりますが、今回の退職勧奨が強硬なものであって、実質解雇と言えるものであれば、その行為に対する責任を問うことは考えられます。

2019年08月03日 11時28分

この投稿は、2019年08月03日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,948名の弁護士から、「労働問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

会社を辞めたくないのに「退職勧奨」を受けたときの対処法

「会社を辞めてほしい」「別の仕事が向いているのではないか」などと、会社が退職を勧めてくることを「退職勧奨」といいます。労働者が退職勧奨を受け...

【弁護士Q&A】退職勧奨は拒否できるのか|受け入れないと解雇される可能性はあるのか

「この会社に向いていない」「転職したほうがいい」などと、会社から退職するよう勧められることを退職勧奨といいます。退職勧奨された場合、従業員は...

懲戒処分として減給されるケースと減給の無効を主張する方法

無断欠勤や職務怠慢など、就業規則で定められたルールに反した場合、懲戒処分として減給されることがあります。しかし、会社はどのような理由でも自由...

この相談に近い法律相談

  • 早期退職 退職勧奨面談における脅し

    現在勤務中の会社が早期退職の募集を始め、対象者の意思確認という名の退職勧奨面談が行われています。 私は早期退職に応募する意思が無いこと都度伝えていますが、執拗に面談が繰り返され既に5回/月。6回目も設定されています。 5回目の面談の中で、 「アメリカの会社の傘下に入るため我が社はアメリカ企業になる。そうなると日本の...

  • 退職勧奨について

    会社から退職証明書を請求したら解雇でなく退職勧奨に〇がついていました。 会社から一方的にやめろといわれましたが、退職勧奨には応じていませんし合意書もありません。このようなやり方で退職勧奨は成り立つのでしょうか? こちらの証拠としては解雇に近い内容の会社からのメールしかありません。 一方的にやめろと言われ合意書も...

  • 退職勧奨のさいの心構え

    軽微な懲戒処分で退職勧奨を受けています。 退職の意思はなく 在籍出向の提示ならば受諾するべきでしょうか。

  • 退職勧奨について

    こんにちは。 来年定年を迎える部下に対して、早期退職を勧奨するように上から言われています。 本人の査定はまあまあ(が、雇用延長するには厳しい)、人柄は悪くありませんが、会社が求めるスピード、製品能力(外国製の電子部品を扱う会社です)、語学力は物足りませんので、上が言うことは分からんでもありません。 彼に対して、「仕...

  • 退職勧奨でしょうか?

    職場でのことについて相談です。 朝、始業前に電話連絡を入れて2日間欠勤(有休扱い)をしました。 2日目に上司から電話があり、このまましばらく休むつもりなら、今任せている仕事を他の人にまわすと言われました。 そんなつもりはないと答えましたが、明日ちゃんと話しましょうと言われました。 これは退職勧奨でしょうか? ちな...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

退職勧奨の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。