不当な退職勧奨強要について。御教示願います。

私は、2年半前に販売系の中小企業に管理職枠で中途採用され、現在も在職中の40代の男性です。

今年の3月頃から、会社経営者二人に二人の領収書の在り方やパワハラをやめていただけるよう等意見した所、会社批判と捉えられ、「私達に少しも意見するな」とばかりに、先日退職勧奨を受けました。
そこに至るまでにあれやこれやと難癖を付けられ、誇張したり事実とは異った「業務改善命令」と「始末書」の提出を求られたりしました。私は、「業務改善命令」と始末書の代わりに「私の意見の仕方に問題がありました。謝罪させていただきます。しかし、一部事実と異なる部分は訂正させてください。」と言う旨の謝罪文を提出し、何度も弁明しましたが、全く聞く耳を持ってはもらえませんでした。
会社側には弁護士が付いており、経営陣はとにかく私を辞めさせようと計画的に手順を踏んでいるつもりのようですが、私に重大な非の実態がある訳ではなく、無理矢理のこじつけで進めている為、粗があります。
一回目の話し合いでは、印象操作で「解雇」と私の勘違い逆上を誘ったり、二回目には、こちらから聞いた所「退職勧奨」だと認め、私は「退職したくない」と断りましたが、「退職勧奨を受けなければ解雇する」「あなたに残された道は『解雇』か『自主退社』の二つしかない」「こちらは出勤停止命令も出せるんだからね」などと脅迫され、解雇や退職勧奨の理由も聞きましたが、「会社との認識が違うから」「そんな事もわからないから」などと、客観的に見ても不当な物言いをされました。
「もし退職勧奨を受けるなら、2〜3ヶ月の給与を支援する」「6/22に最後の答えを聞く」との事です。
証拠に録音もしてあり、もし裁判になったとしたら勝てるとは思いますが、裁判にかかる労力とお金を使いたくはなく、本来辞めたくはないのですが、その後の私に対する嫌がらせを考えると、転職も考えざるを得ないのかなと、現在様々な方達からお話を伺い、どのように事を進めようか考えている所です。

以下質問です。
・会社側の弁護士のこれからの進め方について、弁護士である皆さんならばどのような進め方をされるでしょうか?
・私は、具体的にどのような進め方をするのが得策でしょうか?
何卒、御教示願います。
2019年06月20日 21時12分

みんなの回答

藤川 久昭
藤川 久昭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都6
ベストアンサー
ありがとう
お辛いことと存じます。腹立たしいことと存じます。詳しい事情がわからないので、一般論としてご回答いたします。

退職強要の「程度」次第です。本人が明確に退職を拒否しているにもかかわらず、執拗に、退職を求めてくる場合等、社会的相当性を逸脱した態様であれば、違法です。本件の言動が、これらに該当するかどうか、証拠に基づいて、子細な分析と慎重な対応が必要です。特に、2者択一の迫り方が問題となります。

本件は、法的に正確に分析すべき事案です。専門性の高い弁護士に相談し、具体的な話をなさった上で、今後の対応を検討するべきです。本相談は、ネットでのやりとりだけでは、正確な回答が難しい案件です。

納得のいかないことは徹底的に解明しましょう! 不当な扱いには断固戦いましょう! 弁護士への直接相談・直接面談によって、良い知恵が得られる可能性が高いと思います。負けないで!





2019年06月28日 07時44分

この投稿は、2019年06月20日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,631名の弁護士から、「労働問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

会社を辞めたくないのに「退職勧奨」を受けたときの対処法

「会社を辞めてほしい」「別の仕事が向いているのではないか」などと、会社が退職を勧めてくることを「退職勧奨」といいます。労働者が退職勧奨を受け...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

退職勧奨の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  2. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  3. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  4. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  5. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  6. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...
  7. 私学教員の部活指導など、「明確な指示」なく...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。