実質事業を行っていた個人宅の家賃、光熱費などを退職前に会社に請求できますか?

公開日: 相談日:2019年05月26日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

現在所属している会社とのトラブルです。

会社の経営が悪化し、給料未払いなどが発生、家賃や各種光熱費が払えていない状態です。
元々会社の登記場所での実務実態はなく、2018年6月から現在にいたるまですべての実務を従業員である私の個人宅で事業を行っておりました。家賃や光熱費も私の給与から支払っていました。
しかし今回、経営が悪化し、給与が払われず、私物を売却するなどの手段を使っていますが、非常に困窮しています。実務実態から、営業所として機能をしているので経費として支払ってもらうように何度も言っていますが、今まで支払われたことはありません。

また、会社からは事業縮小に伴う退職勧奨を受けており、こんな会社に残る理由もないと思っていますが、気がかりなのは、今まで事業所として使ってきた個人宅の家賃や光熱費を会社をやめる前に会社の経費として請求できるのかという点です。

上記をまとめますと質問したい事項は以下になります。

①2018年から現在に至るまでの家賃や光熱費、通信費を実務実態から請求することはできるか
②できる場合、正式にかわす書類などはどういったものまたは形式か(請求書なのか合意書なのかなど)
③できない場合、理由は何なのか

できることなら、すべてを請求して取り戻したいという気持ちです。
今まで請求書や支払い領収書などはすべてとってあります。
※未払い給与に関しては労働監督署で相談するなど動いてはいます。

ご助力いただければ幸いでございます。

803056さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都5位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    腹立たしいことと存じます。お困りのことと存じます。詳しい事情がわからないので、一般論として回答はできるところだけ対応いたします。

    > ①③2018年から現在に至るまでの家賃や光熱費、通信費を実務実態から請求することはできるか
    労働基準法、労働契約法上、明確な規定はないのです。できない可能性があります。確実な請求権を基礎づける合意、書面等があれば別です。
    > ②できる場合、正式にかわす書類などはどういったものまたは形式か(請求書なのか合意書なのかなど)
    本相談は、ネットでのやりとりだけでは、正確な回答が難しい案件です。弁護士への直接相談・直接面談によって、良い知恵が得られる可能性が高いと思います。

    不当な扱いには負けないで! 良い解決になりますよう祈念しております。

  • 相談者 803056さん

    タッチして回答を見る

    状況が特殊な中、ご回答いただきありがとうございます。とても参考になりました。
    追加でのご質問になり大変恐縮でございますが、ご回答いただければ幸いでございます。

    ご回答いただいた中で「確実な請求権を基礎づける」とありますが
    本件の場合該当する請求権として、何があるでしょうか。

    それを踏まえて改めて弁護士などにも相談させていただこうと思います。

    何卒よろしくお願い致します。

この投稿は、2019年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました