退職勧奨を受けた場合の一時金の受け取り方について

退職勧奨を受けています。その一時金として給与の数ヶ月分を支給すると言われました。
私としては退職勧奨自体納得いっていないのですが、もし仮にこれを受けるとしたら少なくとも税金のかからない方法で受け取りたいと思っております。その場合、どういった方法がいいでしょうか。

退職金
退職和解金
和解金
解決金
慰謝料
示談金

質問1:
私としては「慰謝料」としてもらいたい気持ちですが、そういう名目にしてもらう事もありなのか。
あるいは「退職金」か100歩譲って「示談金」として頂きたいと思っておりますが、それもありなのか。
(私の本来の気持ちとしては納得していないので、あまり「和解金」という風にして頂きたくありません)

質問2:
給料日が25日なのですが、たとえば7月初に辞めるとして、前払いで6/25に給与と一緒に支払って頂きたいと思っております。こういった希望は交渉によってありうるのか。

質問3:
会社がどうしても「和解金」と名目打った方法でしかだめだと言ってきた場合のご質問です。
「退職和解金」と「和解金」は違うと聞いた事があります。何か違いはあるのでしょうか。


以上、ご回答頂きますと幸いです。
どうぞ宜しくお願い致します。

2019年05月23日 18時04分

みんなの回答

藤川 久昭
藤川 久昭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都4
ありがとう
お悩みのことと存じます。詳しい事情がわからないので、一般論としてご回答いたします。

1.退職金の場合、一定の要件のもとで、かなり税金が優遇されます。
2.受領したものについては、いかなる名目でも、確定申告が必要になると思われます。どうしても不安であれば弁護士等に、ネットではなく直接相談されるのが良いと思われます。

良い解決になりますよう祈念しております。法令遵守をお願いいたします。負けないで!

2019年05月26日 23時33分

この投稿は、2019年05月23日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

会社を辞めたくないのに「退職勧奨」を受けたときの対処法

「会社を辞めてほしい」「別の仕事が向いているのではないか」などと、会社が退職を勧めてくることを「退職勧奨」といいます。労働者が退職勧奨を受け...

【弁護士Q&A】退職勧奨は拒否できるのか|受け入れないと解雇される可能性はあるのか

「この会社に向いていない」「転職したほうがいい」などと、会社から退職するよう勧められることを退職勧奨といいます。退職勧奨された場合、従業員は...

この相談に近い法律相談

  • 退職勧奨を受けた場合の退職金の金額について

    月初に退職勧奨を受けました。理由は、営業成績不振というものです。後日、退職届を提出するようにと言われたので、退職勧奨を拒否する書面を提出しました。しつこく退職勧奨が繰り返されるので、一旦は、弁護士を立てて退職勧奨を撤回するように要求するつもりです。また、退職勧奨の際、パワハラ発言が多々あり、録音してあります。最...

  • 退職勧奨手当の支給の仕方について

    退職勧奨手当を1月分の基本給額を支給し、退職することに合意している社員がいらっしゃいます。 退職所得となるかどうかはっきりと明記されている資料が見当たらず困惑しております。 ①退職勧奨手当は退職金の支給時のように、退職所得としてかまわないでしょうか? ②退職所得の受給に関する申告書の提出が無い場合、所得税20.42...

  • パワハラと退職勧奨の違いとは?

    今の会社に正社員として入社しましたが、入社してからずっとお局さん2人に嫌がらせ暴言を受けてます。相談した管理職もその人がいないと何も仕事できない人なので注意するどころか知らんぷりし、状況が悪化、鬱病になりました。 会社の相談窓口も相談しましたが、あくまで相談だけで何も改善しません。 最近は、会社が何もできないこ...

  • 退職勧奨を受けた後の、退職金の変動について

    今月末で退職勧奨により、退職が決まっています 退職勧奨の書類には、 ・二月末まででの退職勧奨を行います ・規定の退職金の他、特別退職金の他に、9月末の契約分までの賃金を加えた退職金を支払います と記載がされていました 署名捺印し、提出しました 今月は、来月から貰える失業手当の都合で、出勤日を10日に抑えようと思...

  • 退職勧奨時の和解金と減給金額の妥当性について

    評価が悪く、降格(減給2割)で異動か退職を勧められています。評価には納得いかない点も多いですが、退職を選択した場合、次の仕事がいつ見つかるかもわからない状況のため、和解金交渉を考えていますが、一般的にどれくらいの月数分が妥当でしょうか。 また、減給2割は金額が大きく、妥当な提示なのでしょうか。 よろしくお願いします。

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

退職勧奨の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  2. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  3. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  4. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  5. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  6. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  7. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。