会社からの退職勧奨への対応策

会社から退職勧奨されてんだぜ半ば嫌がらせみたいに寒いされた場合、どのような対応を労働者は
とるべきなのか教えてください
2019年01月19日 20時03分

みんなの回答

森脇 慎也
森脇 慎也 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
労働基準監督署に相談するのがよいのではないでしょうか。
辞められた後にはなりますが,労働審判において解雇無効を訴えることもできます。
後者は個人で提起することもできますし,弁護士に依頼してやってもらうこともできます。

2019年01月19日 20時08分

相談者
ご回答ありがとうございます
そもそも退職勧奨って法律違反なのですか?
それともグレーゾーンなのですか?

2019年01月19日 20時11分

森脇 慎也
森脇 慎也 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ありがとう
申し訳ありません。
退職勧奨ということを見逃しておりました。
退職勧奨は違法ではありません。
嫌がらせの方が違法になります。
労働基準監督署に相談なさってみてください。

私の上の記載ですが,
> 辞められた後にはなりますが,労働審判において解雇無効を訴えることもできます。
という部分に関しては間違いですので撤回いたします。

2019年01月19日 20時19分

藤川 久昭
藤川 久昭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都3
ありがとう
お困りのことと存じます。詳しい事情がわからないので、一般論としてご回答いたします。

1.監督署への相談は、筋違いです。監督署は労働基準法が管轄です。退職勧奨については労働基準法、明確な規定はないのです。
2.労働局に相談されるのがよろしいと思われます。
3.退職強要の「程度」次第です。本人が明確に退職を拒否しているにもかかわらず、執拗に、退職を求めてくる場合等、社会的相当性を逸脱した態様であれば、違法です。

本件は、法的に正確に分析すべき事案です。専門性の高い弁護士に相談し、具体的な話をなさった上で、今後の対応を検討するべきです。退職と解雇はまったく異なります。素人判断は大いに危険です。

不当だと思うことにはスジを通しましょう! 良い解決になりますよう祈念しております。

2019年01月19日 21時31分

この投稿は、2019年01月19日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,702名の弁護士から、「労働問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

会社を辞めたくないのに「退職勧奨」を受けたときの対処法

「会社を辞めてほしい」「別の仕事が向いているのではないか」などと、会社が退職を勧めてくることを「退職勧奨」といいます。労働者が退職勧奨を受け...

【弁護士Q&A】退職勧奨は拒否できるのか|受け入れないと解雇される可能性はあるのか

「この会社に向いていない」「転職したほうがいい」などと、会社から退職するよう勧められることを退職勧奨といいます。退職勧奨された場合、従業員は...

就業規則や契約期間に従わないと退職できないのか|会社が退職届を受け取らない場合の対処法も解説

たとえば、就業規則に「退職は3か月前までに申し出ること」というルールがある場合、少しでも早く退職したくても、ルールに従う必要があるのでしょうか...

退職するときの有給消化を会社に拒否された場合の対処法

在職中になかなか有給休暇が取れない職場で働いている場合、退職する際にまとめて有給消化をしたいと思う人もいるでしょう。ただ、職場によっては、退...

【労働条件通知書】労働条件を会社が明確に教えてくれないときの対処法

会社は雇用契約を結ぶ際に、「労働条件通知書」などの書面で、労働者に対して労働条件を明らかにすることが義務づけられています。この記事では、明ら...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

退職勧奨の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  2. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  3. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  4. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  5. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  6. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  7. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。