事業の経営不振による退職勧告について

個人の経営コンサル会社の正社員です。先日、オーナーから「経営状況が悪化し収入が激減している為、3月の給料は保障できるが、4月からはわからない、給料が払えないかもしれないから、他で仕事を探してもかまわない」と話がありました。現段階では、「退職してほしい」や「やめて貰う」とははっきり言われておりませんが、私自身、来月末で退職の方向で動きたいと思います。そうなった場合、この状況は「解雇」になるのでしょうか?自主退職にはするつもりはありませんので、この場合は「会社都合」と「解雇」のどちらかでしょうか?3月に入ってから、もう一度オーナーに確認したいと思いますが、4月以降の給料がない場合は、3月で辞めるしかないと思いますが、解雇通知書があれはその場合、1ヶ月分は請求出来るものでしょうか。このような状況は初めてであまり知識がない為、どなたかご教授願いたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。
2010年02月26日 15時43分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
会社から解雇すると言われない限り、辞めた場合には解雇ではなく自主退職になります。そのため、解雇予告手当の請求はできないこととなりますが、交渉によって解決金としていくらかもらう形で円満に退職することもあり得るかと思います。

次に、自主退職であっても、雇用保険等の関係で、会社都合か自己都合かが問題となりますが、これについては業績不振の場合には会社都合としてもらうことも多いです。
特に会社にデメリットもありませんので会社と話し合ってみてはいかがでしょうか。

2010年02月26日 17時17分

この投稿は、2010年02月26日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【弁護士Q&A】退職勧奨は拒否できるのか|受け入れないと解雇される可能性はあるのか

「この会社に向いていない」「転職したほうがいい」などと、会社から退職するよう勧められることを退職勧奨といいます。退職勧奨された場合、従業員は...

会社を辞めたくないのに「退職勧奨」を受けたときの対処法

「会社を辞めてほしい」「別の仕事が向いているのではないか」などと、会社が退職を勧めてくることを「退職勧奨」といいます。労働者が退職勧奨を受け...

この相談に近い法律相談

  • 会社都合退職か自己都合退職か

    11/1付で正社員採用されましたが、一ヶ月も経たないうちにこのままだと人件費が払えそうもない・残業代も厳しいと言われ、アルバイトに格下げし週2日ぐらいの勤務になるよう通告を受けました(11月末頃)。考えさせて欲しいと伝えたのに、翌日には今週の後半は来なくていいといきなり言われ、給料(月給)は日割り計算にすると言われました...

  • 退職届の日が間に合わない?

    業績悪化により2店舗の旅館の内11月末で閉館すると本日弁護士より通告されました。解雇かと思っていたら会社分割での新法人での事業継承との事。只そちらへ異動する気はないので退職するつもりですが、給料が20日締めの為退職届の届日が最短の14前に足りないのですが大丈夫でしょうか。又会社分割だと会社都合の退職にならないのでしょ...

  • 会社から退職希望日より早く退職しないかと言われました

    11月末に退職したいと会社に伝えました。就業規則通り3か月前に上長に退職願を出しています。 現在担当している業務が9月末でいったんめどがたつため10月はサポート業務を担当し、 11月いっぱいは有休消化させていただいて退職したいと伝えました。 ところが人事担当より、 「10月に担当してもらうような業務はないので退職日を10月...

  • 退職交渉、難航しております。どうしても退職したいです。助けてください。

    退職交渉2回目を実施してきましたが、以下の内容で説得され難航している状況です。 ※やり取りは全て録音しております。 [会社側の意見]※10~20名以下の会社です。 ・退職願の申し出(1/23)があまりに急すぎるから常駐先へ調整ができない。 ・常駐してから3ヶ月までは、お客様も4月以降のことを考え、教育期間として  考えてくれ...

  • 退職日が決まらずに困っています。

    はじめまして。 半年間務めた会社を転職により退職することになりました。 キャリアアップと会社への不信感、2方面で退職を決意しました。 1ヶ月前に退職の話をし、直属の上司には受け入れられたものの、役員から就業規則が2ヶ月となっているので、1ヶ月前の退職届は認めないと言われています。 今迄、就業規則のありかは知らさ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

退職勧奨の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  2. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  3. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  4. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  5. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  6. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  7. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。