希望退職の条件等について

会社が業績悪化で希望退職を募集する事になりました。
同時に、私の勤務する部門の閉鎖も決まりました。

他の部署に異動するには距離的に転居必須のため、会社は
引越し費用など負担してくれると言います。
しかし、家族がおり規定で単身赴任は認められないため、異動・転居と
なれば、夫に会社を辞めてもらわなければなりません。
働きたい気持ちは強いですが希望退職に応募せざるを得ない状況です。

納得いかないのは希望退職の条件です。
勤務年数と年齢で退職金の計算(○ヶ月分の○部分)が変わるのですが
閉鎖部門に勤務する人も、関係ない部署の人も同じ額です。
(閉鎖部門勤務者にはお詫び金?が少額出るのみ)

個人的には閉鎖部署に勤務する者は優遇・配慮されてしかるべきだと
思うのですが、一般的にはそうでもないのでしょうか。
同じような状況をご存知の方に客観的なご意見をいただきたいです。
また、たった数万程度のお詫び金をもって、会社は配慮していると
みなされるのか知りたいです。

ダメ元で会社に意見してみようかとも思うのですが、それによって
希望退職を留保されて自己都合にされても困るので迷っています。
2011年02月21日 05時19分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
会社に対して、転勤を伴わないかたちで勤務を継続できないか、尋ねてみてはどうでしょうか。

希望退職は、退職を希望する人を優遇するための方法ですので、閉鎖部署に対して考慮してはいないと考えられます。
ですが、会社としては、労働者にとってできるだけ不都合のない方法を提示する義務がありますので、転勤のない業務に就かせてもらうようにお願いするのです。

2011年02月21日 06時36分

相談者
弁護士A様、ご回答ありがとうございました。
希望退職と部署閉鎖は切り離して考えるべきなのですね。

転居せずに通勤可能な部署が一箇所あるのですが、
そこも残るものの定員が削減されるとの事です。
かなり難しいですが異動希望を出してみようと思います。

2011年02月22日 03時08分

この投稿は、2011年02月21日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

会社を辞めたくないのに「退職勧奨」を受けたときの対処法

「会社を辞めてほしい」「別の仕事が向いているのではないか」などと、会社が退職を勧めてくることを「退職勧奨」といいます。労働者が退職勧奨を受け...

【弁護士Q&A】退職勧奨は拒否できるのか|受け入れないと解雇される可能性はあるのか

「この会社に向いていない」「転職したほうがいい」などと、会社から退職するよう勧められることを退職勧奨といいます。退職勧奨された場合、従業員は...

この相談に近い法律相談

  • 退職に伴う降格の妥当性について

    退職願を提出したその日付で辞令を渡され、役職を降格 (主任級→一般社員)させられることになりました。 退職日まで業務内容に変化はなく、責任を負った仕事を 遂行しなければなりませんし、業務的な懲罰理由ではなく、 配置転換や組織変更を伴なうものでもありません。 「来月末に退職するから」といった理由だけでの降格は 社...

  • 再就職

    テレビ局に勤めていたのですが、ある番組で放送機器障害が続き、 それが私の人為的なものとされ、上司から責め立てられ現場勤務を禁じられました。 会社側は「これまでの障害の起因であると認め、退社するなら懲戒免職を避け、自己理由での退社とする。」と言われ、現場勤務を禁じられていた私は仕方なく退職願いを提出し退社しました...

  • 再就職

    テレビ局に勤めていたのですが、ある番組で放送機器障害が続き、 それが私の人為的なものとされ、上司から責め立てられ現場勤務を禁じられました。 会社側は「これまでの障害の起因であると認め、退社するなら懲戒免職を避け、自己理由での退社とする。」と言われ、現場勤務を禁じられていた私は仕方なく退職願いを提出し退社しまし...

  • 教えて下さい。考えられる責任とは?

    職場において社員の配属を任されています。 ある社員1をA部署からB部署(A部署とB部署は同じ職種)へ配属したところ、配属先の主任2には耐えられない為仕事を辞めたいと申し出がありました。 配属変更など提案しましたが、社員1の意向は変わらず辞める方向にあります。 A部署からB部署へ配属をする時には、その旨を責任者会議で公...

  • 退職時の有給消化と退職日の指定に関しまして

    この度転職を考えており、選考が順調に進んでいる為いよいよ退職の事に関して真剣に考えるようになって参りました。 そこで質問になるのですが、現在有給休暇が40日程余っている状態(殆ど消化していない状態)です。 例えば内定を4月に頂いた場合6月1日で入社すると仮定した場合、 ①労働者側で有給休暇を考慮した退職日を指定するこ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

退職勧奨の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  2. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  3. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  4. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  5. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  6. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  7. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。