退職勧奨を受けた場合の退職金の金額について

月初に退職勧奨を受けました。理由は、営業成績不振というものです。後日、退職届を提出するようにと言われたので、退職勧奨を拒否する書面を提出しました。しつこく退職勧奨が繰り返されるので、一旦は、弁護士を立てて退職勧奨を撤回するように要求するつもりです。また、退職勧奨の際、パワハラ発言が多々あり、録音してあります。最終的な落とし所として2年間の給与を退職金として支払うこと、ボーナス支給月まで在職した上で夏のボーナスを満額支給することを要求しようと思っています。要求内容として妥当でしょうか。在職期間は2年間です。
2016年04月14日 12時16分

みんなの回答

湯本 良明
湯本 良明 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ありがとう
最終的な落とし所として2年間の給与を退職金として支払うこと、ボーナス支給月まで在職した上で夏のボーナスを満額支給することを要求しようと思っています。要求内容として妥当でしょうか。在職期間は2年間です。

→まず、退職金については、その支払いを請求するためには退職金規程などの根拠が必要となります。もし退職金規程などがない場合は、基本的に退職金を請求することはできません。仮に退職金の請求ができる場合でも、在職期間2年間で、2年間の給与を退職金として請求することは難しいと言わざるを得ないでしょう。
ボーナスについては、支給自体を求めることはできると思いますが、満額を請求できるかどうかは査定次第でしょう。

2016年04月16日 23時33分

この投稿は、2016年04月14日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【弁護士Q&A】退職勧奨は拒否できるのか|受け入れないと解雇される可能性はあるのか

「この会社に向いていない」「転職したほうがいい」などと、会社から退職するよう勧められることを退職勧奨といいます。退職勧奨された場合、従業員は...

会社を辞めたくないのに「退職勧奨」を受けたときの対処法

「会社を辞めてほしい」「別の仕事が向いているのではないか」などと、会社が退職を勧めてくることを「退職勧奨」といいます。労働者が退職勧奨を受け...

この相談に近い法律相談

  • 退職勧奨に応じる場合の補償金に関して教えてください

    退職勧奨を社長より受けています。 ここ1ヶ月で四回ほど退職勧奨をされ、更に、自主退社をしなければ普通解雇するとまで言われました。 退職勧奨に応じないと返事はしていますが、度重なる退職強要に最近は怒りを覚えてきました。 職場環境では更に、仲間外しのパワハラも日常的に行われ、会社の私に対する仕打ちはあまりに酷いと...

  • 懲戒解雇にできますか

    退職勧奨を受け、会社都合退職という形で辞めました。 次の就職先はすでに決まっていたので、後日、雇用保険被保険者資格喪失確認通知書のみ送られてきましたが、喪失原因が2(すなわち自己都合退職、あるいは懲戒解雇)になっていました。 退職金の支払いもされません。 会社に確認すると、「あなたは自己都合退職だから退職届を...

  • 会社側と労働局側の退職事由の相違はあることですか?

     某企業立病院で勤務する看護師です。 ※以前『退職に伴う処遇・退職金の扱いは妥当ですか?』で質問したその後についての質問です。 一昨年秋に病院部門の業績不振から売却が決定。 売却先が決まり病院職員は、①当社系列の姉妹病院への異動か、②売却先病院への就職か、③退職(他病院への転職など) と3つの選択肢から選ぶよう言われ...

  • 公務員の退職金、自己都合と勧奨退職の差額

    地方公務員、勤続10年です。自己都合退職と勧奨退職では、退職金はどの位違うのでしょうか。

  • 退職金、中退共について

    会社は退職金制度として中退共しかなく、解雇され不当解雇の裁判で争うのに、中退共の退職金を受け取ったら退職を認める事になるのですか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

退職勧奨の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。