筆頭株主の命令による退職勧奨

退職勧奨に対する対応について、ご質問いたします。
ご確認、ご回答の程、よろしくお願い申し上げます。

■名称について
・A社:私が就業中の会社
・K氏:A社の筆頭株主
・D社:K氏が社長をつとめる会社
※A社の株は、あくまでK氏が個人的に所有するものであり、A社とD社の間に資本関係はありません。

■経緯と現状
K氏は、A社への支配力を強化する為、A社の社長を解任、社長のサポートを担当していた私を退職勧奨としました。
新社長にはD社の社員が就任しました。

私への退職勧奨は、D社の社員が行いました。
D社社員の主な発言内容は以下の3点です。

1.退職勧奨を受け入れれば、1ヶ月の有給消化と2か月の特別休暇を付与する。
2.退職勧奨を受け入れれば、再就職先から、私の就業状況等に関する問い合わせがあった際、私にとって不利益な発言はしない。
3.会社に残る選択をした場合、降格も視野に入れた対応をとる。

現在、退職勧奨への回答は保留しています。

■質問内容
1.D社の社員が、A社の社員である私に退職勧奨を行うことに問題はないのか。
2.退職勧奨時のD社社員の発言内容に問題はないのか。
3.前述の2項目について問題がある場合、どのような対応が取れるのか。
4.私自身は、新しい経営体制の元で就業するつもりはありません。いずれ、退職勧奨は受けるつもりです。その際、一般的には、会社からどのような条件を引き出せるのでしょうか。

以上、よろしくお願い申し上げます。
2010年09月08日 12時22分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
ご質問の4について、こうした条件は一般的には判断できず、その会社の経営状態やお立場などにより左右されます。

「1.退職勧奨を受け入れれば、1ヶ月の有給消化と2か月の特別休暇を付与する。」とは、つまりは、解雇予告手当3カ月分がもらえるのと同じということでしょうか。悪くない条件とは思います。

ご質問の1〜3については、やめるつもりであれば、条件を有利にするための駆け引き材料として、というご趣旨と思います(不当性を争うつもりはないのでしょう)。ならば、むしろ、D社社員の発言であるが、本当に履行されるのか(つまり、あと3か月分、本当に払ってもらえるのか)の方が重要ではありませんか。

ご不明点があれば、「いずれ退職勧奨を受け入れる」のご趣旨を、「半年後にやめたい」などと、具体的に記載の上で再質問して下さい。

2010年09月10日 00時41分

この投稿は、2010年09月08日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

会社を辞めたくないのに「退職勧奨」を受けたときの対処法

「会社を辞めてほしい」「別の仕事が向いているのではないか」などと、会社が退職を勧めてくることを「退職勧奨」といいます。労働者が退職勧奨を受け...

【弁護士Q&A】退職勧奨を受け入れないと解雇される可能性はあるのか

「この会社に向いていない」「転職したほうがいい」などと、会社から退職するよう勧められることを退職勧奨といいます。退職勧奨された場合、従業員は...

この相談に近い法律相談

  • 株主総会の議長

    当社の株主は、社長AとX社(社長A)で、それぞれ50%ずつ、当社の株式を所有しております。 当社で、株主総会を開催するのですが、社長Aが議長を務め、株主である社長AとX社の社長Aが、当該総会で決議することは問題ないでしょうか?

  • 客先常駐で働いている正社員ですが退職日の希望を拒否されます。

    現在正社員として働いています。(勤務先をX社とします。) X社ではSESの出向社員として勤務をしていて現在出向して他社(Y社)で勤務をしています。 ただ、客先Y社で勤務する間に2社(A社とB社)挟んでいます。 X社→A社(準委任契約) A社→B社(契約内容不明) B社→Y社(業務委託契約) となっており指揮命令は基本的にB社...

  • 会社転籍時の退社理由の扱いについて

    昨年までA社という会社で雇用されていた数十人が、今年初めB社に転籍になりました。 そして今月からさらに新設された別会社C社に転籍になりました。 A社とB社は資本関係がありグループ会社、B社とC社は資本関係もなくグループ会社ではない、A社とC社はグループ会社という関係です。 そして今回のB社からC社への転籍にあたり、B社より...

  • これまで親会社が外部委託している業務を100%子会社が新規受託する場合の注意すべき内容について

    私は現在A社の執行役員と昨年設立したA社の100%子会社B社の代表取締役社長を務めています。 またA社が出資しているC社の社外取締役も務めています。 B社はA社がこれまで外部に委託していた案件を受託することを目的として設立されました。 事業内容としてB社とC社は同一業務の部分があります。 ①今回これまでA社がC社に対して業...

  • 転籍による賞与支給条件の変更について

    投資会社A社で働いています。 従業員10名程度の会社です。 昨年まで親会社B社(従業員100名程度)からの出向という形で、社員全員がA社で勤務していました。 年始に株主の都合により、A社出向組10名がA社に転籍するかB社に残るかを選んで欲しいと言われました。 条件面の変更はないとの説明だったので、A社転籍を選択したのですが、...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

退職勧奨の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  2. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  3. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  4. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  5. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  6. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  7. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。