退職勧奨について

先週、退職勧奨を受けました。
もしその退職条件を受け入れなければ、年俸を10%減額し、職種変換の業務命令を実施するそうです。
ただ、その職種は未経験であり、新卒がやるような仕事で、私のキャリアプランからも外れるもので全然希望しませんので、お断りする予定です。

もし、その業務命令を私が受け入れなければどうなるかと問うと、就業規則に則り、業務命令違反で普通解雇するとのことです。
ただ、私は職種限定で採用されたつもりです。応募した際の求人媒体のコピーも取ってあります。しかしながら、雇用契約書には職種の記載はありません。

お伺いしたいのは、
①退職勧奨拒否がいきなり年俸の減額と職種変換になり得るのか、
②本人の希望しない採用時の職種とも違う業務命令が有効なのか、
③これは私を辞めさせようとするパワハラ、人事権の濫用ではないか、
です。

突然のことでどう対応すればよいか、全く分かりません。
退職勧奨の回答期限は27日です。
何か対応策などのアドバイスを頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。
2012年07月20日 21時14分

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
ベストアンサー
ありがとう
1.退職勧奨を拒否したことで、いきなり年棒の減額と職種変更をすることは不適切と考えられます。
ただ、会社の経営状況などを検討しなければ、違法とまでいえるかは判断できません。

2.求人媒体のコピーより、雇用契約書の記載内容が優先しますので、職種を限定されていたと主張することは難しいといえます。

3.あなたを自主退職させようとしていると考えられます。
個人でも入ることができる労働組合に入るなどして、交渉していくべきであるといえるでしょう。


今後の会社との交渉については、会話を録音しておくことをお勧めします。

2012年07月21日 07時41分

この投稿は、2012年07月20日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【弁護士Q&A】退職勧奨を受け入れないと解雇される可能性はあるのか

「この会社に向いていない」「転職したほうがいい」などと、会社から退職するよう勧められることを退職勧奨といいます。退職勧奨された場合、従業員は...

会社を辞めたくないのに「退職勧奨」を受けたときの対処法

「会社を辞めてほしい」「別の仕事が向いているのではないか」などと、会社が退職を勧めてくることを「退職勧奨」といいます。労働者が退職勧奨を受け...

この相談に近い法律相談

  • 不当解雇では?

    先月末に退職勧奨を受け入れる形で退職しました。 私を含め同様ケースでの退職が多くあります。 雇用形態〜正社員 中途採用(将来の幹部候補との募集) 会社側の解雇理由〜期待した職位まで上がれなかった 次のポジションはないから退職勧奨を受け入れることがよいとの事 契約書には解雇が後にある可能性の明記なし。 残留の場合は年...

  • 北朝鮮みたいな会社

     私はこの5月から専任契約で働いてきた予備校を予告なしにいきなり非常勤契約させられました。私と当予備校との非常勤契約内容は、①授業の提供②教材の作成で、それについて分給○円と規定しております。予備校が私の契約を解除できるケースは、①業務を提供しない②予備校の社会的信用の失墜をきたすような行為を行った場合③所属の生徒と...

  • 【早期退職制度による転職制限の有効性】について

    「同業他社への転職は3年間禁止」されていますが、既に1年9ヶ月経過してます。  契約書通り、3年経たないと、同業他社への転職は問題でしょうか? 早期退職制度(主旨:新しい仕事や独立を支援するため、1年間の給与相当分を通常の退職金に上積みして支払う)を利用して早期退職しました。誓約書には「同業他社への転職は3...

  • 入社書類内の退職後の同業他社への転職禁止条項

    新卒で入社を予定している企業から受け取った入社に関する書類の中に複数誓約書があり、そのうちの1枚に複数ある条項のうちの1つに退職後○年間同業他社の同一業務への転職を行わないといった条項があります。これについて、サインをした場合、退職後指定された年間同業他社に転職してはいけないのでしょうか? 新卒で入社するのですが、...

  • 退職勧奨。労働者の損害賠償はできるのでしょうか?

    就業期間中に疾病における休職勧奨はまともな気がしますが、退職勧奨をされました。就業していて疾病になり、休職を就業規則、もしくは就業契約に記載していながら、退職勧奨をして、自己都合退職にし、傷病給付も申請しない。労災も無視、半年契約の後に正社員とする約束も一方的に破棄し、契約社員だから仕方ないなんて言い訳を企業は...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

退職勧奨の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  2. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  3. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  4. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  5. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  6. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  7. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。