解雇または退職強要。解雇じゃないって言うなら どうですか?

解雇または退職強要!書面を相手方に要求しましたが!簡単な書面でした!労働基準監督署を通したのに!自己都合により退職とありました。自分は解雇じゃない!って相手方が言い張るから!退職事由を詳しく述べてください!とお願いしました!そんな簡単な書面ではもちろんダメですよね!ちゃんと退職事由を詳しく述べる業務がありますよね!解雇じゃないって言うなら どうですか?
2012年04月25日 04時20分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
自己都合により退職したのでなく、解雇というのであれば、労働問題に詳しい弁護士に相談して、解雇としての扱いをしてもらうようにして下さい。

2012年04月25日 06時22分

この投稿は、2012年04月25日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,703名の弁護士から、「労働問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

【弁護士Q&A】退職勧奨を受け入れないと解雇される可能性はあるのか

「この会社に向いていない」「転職したほうがいい」などと、会社から退職するよう勧められることを退職勧奨といいます。退職勧奨された場合、従業員は...

会社を辞めたくないのに「退職勧奨」を受けたときの対処法

「会社を辞めてほしい」「別の仕事が向いているのではないか」などと、会社が退職を勧めてくることを「退職勧奨」といいます。労働者が退職勧奨を受け...

不当解雇を争う手段 l 労働審判やあっせんの手続きの流れを詳しく解説

解雇に納得できず「不当解雇だ」と主張したいと考えても、復職を望む場合などは、いきなり裁判を起こして会社と対立することに抵抗がある人もいるでし...

「不当解雇」は違法で無効…不当解雇の基準、争うための手段を詳しく紹介

「あなたは能力不足」「リストラする必要がある」ーー。解雇の理由はさまざまですが、一見もっともらしい理由があっても、条件をみたしていない解雇は...

退職金は受け取っていいの?「不当解雇」争うときに、やっていいこと・NGなこと

「不当解雇」を争いたいけど、生活のためにすぐにでも「転職活動」を始めたい…。「解雇された」という事実を争いつつ、一方で転職活動をすることは、一...

この相談に近い法律相談

  • 離職票からの解雇予告手当

    個人事業主の勤め先を退職致しました。 退職の際、雇用契約の違い等を理由に事業主側ともめましたが、離職票には結果的に会社都合にさせてもらい退職させて頂きました。しかしその内容に解雇と印され納得しておりません。 退職の話の場(退職日当日)で事業主側は条件(契約満了による退職)をのまなければ解雇扱いにするとかで無茶苦茶な...

  • 就業規則の退職の項目に該当しますか?

    不誠実な事を続ける経営者を批判したため解雇通告されました。 経営者は、懲戒解雇にしないでやるから代わりに自己都合退職しろと言いました。 私は断りましたが、経営者は「退職金が出なくなってもいいのか?」と迫りました。 私は、退職金は別に要らないから懲戒解雇はやめて欲しいと言いました。 それでも経営者は懲戒解雇にする...

  • 不当解雇について

    現在、不当解雇と残業代請求で労働審判を起こそうと思っています。 整理解雇ですが、解雇通知書には 「会社の業績不振により解雇します。なお、退職理由は会社都合」 と書かれています。 整理解雇の4要素は満たしていないのですが実際に辞めて退職していますし、その後、メールで退職金の催促もしていますので解雇を受け入れてい...

  • 退職証明書の交付は強制ですか?

    労働基準法第二十二条(退職証明書)には、 >(退職証明書は)使用者は、遅滞なくこれを交付しなければならない。 とあります。 他の法律によく書かれている「正当な理由なく」とか「特別な事情がない場合は」などの補足的な言葉は見当たりません。 これは、すなわち「退職・解雇さえ一旦成立していれば、その時点の状況を以...

  • 退職勧奨 解雇通知

    解雇通知を受けた場合、これは会社側からの一方的な解除の意思表示ですよね? これに対して労働者が退職届を出してしまったら、それは労働者側からの雇用契約解除の「申し込み」ですよね? 退職勧奨を受けて退職届を出せば、労働者側からの雇用契約解除の「承諾」なのですよね?

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

退職勧奨の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  2. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  3. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  4. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  5. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  6. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  7. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。