弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

自己都合 : 自己都合退職とは?自己都合となるケース

取締役、任期中の辞任について。辞任に伴うリスクを教えてください。

上場企業の連結子会社で取締役をしています。
その子会社とは役員委任契約を締結しています。
その子会社は取締役会設置会社です。
個人的理由で任期中の辞任について、子会社の代表と親会社の代表に相談しました。
子会社の代表は、特に問題ありませんでしたが、親会社の代表には、このまま辞任したら負債をどうするのか?最悪、株主代表訴訟になってしまうとも言われ辞任ができそうもありません。
契約書には、年度の途中において、自己都合により職務を放棄しないことと明確に記載されています。
そこで先生方に2つ質問がございます。

1.任期中の辞任はどんなリスクがありそれはどの程度のものなのか。

2.任期満了で再就任しなければリスクはないのか?もしあればそれはどんなリスクがありそれはどの程度のものなのか。


1 通常、辞任することにリスクはないです。理論上は損害賠償請求を受ける可能性はありますが、会社であれば他の者に仕事を引き継がせる等により損害を回避することが出来るので、通常は請求されません。
2 任期満了まで務めた方が辞任により損害賠償請求を受けるリスクをなくすことは出来ます。
取締役が辞任することでその会社で決められた取締役の人数が不足することになれば、辞任した取締役であっても新たに取締役が選任されるまで取締役として権利義務を負うことになります。と他の方の質問に対して回答がありました。
こちらは今回の私のケースでも該当しますか?
それはあなたの場合にもあてはまります。

b4_b99bさん
2018年02月07日 21時47分

みんなの回答

高橋 建嗣
高橋 建嗣 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都8
ベストアンサー
ありがとう

2018年02月07日 22時12分

b4_b99b さん (質問者)

2018年02月07日 23時02分

高橋 建嗣
高橋 建嗣 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都8
ありがとう

2018年02月08日 09時16分

この投稿は、2018年02月07日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では12,079名の弁護士から、「労働問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 取締役の辞任について。困っています。法律的に問題(リスク)がない辞任の仕方を教えてください。

    上場企業の連結子会社で取締役をしています。 子会社で取締役に就任しました。 従業員兼務取締役ではなく取締役です。 その子会社とは役員委任契約を締結しています。 その子会社は取締役会設置会社です。 先日、体調不良で医師から休職の診断を受けました。 仕事を続けながら治療をしていく事も難しいので、まずは健康を取り戻す...

  • 会社定款の変更で退任

    役員就任満了を迎えず、株主総会で会社定款の変更がありました。任期短縮で、退任させられました。株主総会前に辞任してくれの話があり、特にこれと言った理由はありません。残りの任期分の報酬はどうなるのでしょうか? また、取締役株主総会の召集もありませんでした。 合法なのでしょうか?

  • 一般社員が取締役へ任務懈怠責任を問う事は可能でしょうか?

    取締役が事実確認を怠り、「第三者的にみても明らかに無理な仕事」を請け負い、結果大赤字になってしまった場合、一般社員から取締役の任務懈怠責任を問う事は可能なのでしょうか? その結果、会社の利益が減り、社員の給与・賞与に影響がでた場合、一般社員も債権者として取締役の任務懈怠責任を問えるのでしょうか? 給与・賞与に影...

  • 新任役員の選任

    株主総会で、新たに取締役(新任)を選任するのですが、 この新任取締役候補者を、株主総会に出席させて問題ないでしょうか?

  • 任期半ばで取締役を辞任した場合

    取締役会設置会社(零細企業)の取締役で就任4年目の40歳後半の者です。といっても名ばかりで、社員時代から変わらない業務内容(現場)と月給(35万)で、経営に関する業務、決定権は何もありません。会社は巷で話題のブラック会社で、月100~200時間のサービス残業や社長からのパワハラのため社員は全員退職しました。また...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 私学教員の部活指導など、「明確な指示」なく...
  2. タイムカード打刻「15分単位」で切り捨て…薬...
  3. ベネッセ個人情報流出、東京地裁が請求棄却「...
  4. 過労死遺族、官邸前に座り込み…高プロに反対...
  5. メディア業界のセクハラ、半数が同業者から ...
  6. 日本郵政、正社員の手当廃止で論議…梅田弁護...
  7. 夜明け前から読経準備、お坊さんは修行者or労...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。