弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

自己都合 : 自己都合退職とは?自己都合となるケース

退職金支給制度について

退職金の減額制度について納得できません。昨年6月付で退職しました。
勤続30年目前にして自己都合として退職しました。退職時は理由も聞かれませんでした。
就業規則では半額なので半額の支給でした。(決して不良社員ではなく、会社にとって重要な技術を自身の発案で開発してきました。)

あと5か月で30年だったのですが、老親のことこれからの仕事について悩み、退職しましたが、
今となっては、なんだかとても搾取された気分がします。あまり大きな会社ではありませんが、東証1部企業の連結決算子会社です。一般的な自己都合による減額よりかなり大きな減額です。

訴訟をしてなんとかなるものですか?
退職金規程に従って正しく計算された額が支払われたのですよね。
また、その退職金規程は、最近変更されて「半額支給」となった、という経緯でもないでしょうか。
そうだとすると、自己都合の退職であることを争う材料があるならともかく、そうでなければ、(裁判所は退職金規程に従って正しく支払われたかどうかしか判断しませんので)訴訟をしても何ともなりません。

b4_4c49さん
2017年10月12日 22時40分

みんなの回答

影山 博英
影山 博英 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府4 労働問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう

2017年10月13日 12時56分

この投稿は、2017年10月12日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 今年は月曜開催だった「内定式」、単位取得が...
  2. イオングループの警備会社に是正勧告…最低賃...
  3. 悪質な「固定残業代」…高く設定した代わりに...
  4. NHK記者の休日労働「2か月で合計100時間超え...
  5. ゲーム会社サイバードで「裁量労働制」の不適...
  6. 上司に徹底的に嫌われ、人事評価が最低に…会...
  7. 日本郵便「正社員との待遇差」訴訟、契約社員...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。