懲戒解雇の理由の漏洩について

公開日: 相談日:2019年04月23日
  • 1弁護士
  • 1回答

退職理由に関する守秘義務について

ある理由により懲戒解雇となりました。それについては完全に私に非があるので納得して退職金無しで受け入れました。
その後の転職活動において、応募先の会社が前職の人事担当に連絡をしたようで、そこで人事担当が懲戒解雇だったこととその不正の理由などを全て伝えたようです。
前職に調査を入れるとこや、聞かれて回答することを罪に問うことはできるのでしょうか?
結果不採用になってしまいました。内定の取り消しではないので罪には問えないのでしょうか?

790303さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    大阪府6位

    影山 博英 弁護士

    注力分野
    労働問題
    タッチして回答を見る

    応募先の会社が前職に照会をしたことに違法性はないでしょう。求人を行う企業にとって採用を検討している応募者の前職での勤務状況や退職事由は正当な関心事といえるでしょうし、少なくとも前職の会社が本人の同意を得て回答する分には何ら問題がないわけですから。
    他方、前職の会社が懲戒解雇の事実とその事由を回答した行為は、プライバシーを侵害する不法行為と評価される可能性はあるでしょう。ただし、応募先の会社の正当な関心事に関する照会に対して回答したものであることからすると、当然に違法と評価されるものではなく、懲戒事由の内容や回答の態様のほか、そもそも懲戒手続が相当なものだったか等の諸般の事情を考慮して適法・違法の判断がなされるものと考えます。

この投稿は、2019年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから