辞められない学生アルバイトの退職届について

私は今、歯科のクリニックにおいて、診療補助をする助手のアルバイトを日中しております。

10月20日ごろになりますが、11月末日をもって退職させて頂きたいという話を、院長のほうに伝えました。
院長からの返事は、人手不足などの理由から、新しい人間が見つかるか、来年3月末まで退職は認めないという事でした。
その後複数回にわたって、退職日を一か月遅らすなどと提案し、退職のお願いをしましたが、一切受け入れてもらえませんでした。

また、私は学生のバイトという事だからなのか、入職時に契約書のサインや労働内容の説明は一切受けておりません。(ほかのスタッフはサインをしたと聞きました。)

退職の意思表示をしたその日に、相手から退職が認められていない場合でも、その日から二週間経過していれば退職は可能だとは思います。
今日でちょうど退職の意思表示をしてから二週間経過します。いつまでたっても退職日が決まらないため、書面において期日とともに退職日を記したほうが確実と考え、退職届を提出しようと考えております。

☆先生方に質問です☆
1.退職届を提出する際、退職の意思表示をしたその日から、2週間後以上の日付を記載すれば問題ないのでしょうか。もしくはアルバイトの場合、退職届の提出の必要はありませんでしょうか。
2017年11月05日 19時32分

みんなの回答

古屋 文和
古屋 文和 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
退職の方法についてお答えさせていただきます。

質問者様が期間の定めのある雇用契約を締結しているのか、期間の定めのある雇用契約を締結しているのかで結論が大きく変わります。
アルバイトですので、通常は1年等の期間を定めていることが多いですが、契約書等が一切ないということですので、期間の定めがない可能性が高いです。

期間の定めのない雇用契約の場合には、辞職の申し入れから2週間経過したところで、退職の効力が生じます(民法627条1項)。

仮に、期間の定めのある雇用契約の場合には、期間中の解約はやむを得ない事由がないとできませんので、退職は認められにくいです。

1 退職の意思表示の際の注意点
必ずしも2週間後の日を指定する必要はありません。即日の辞職の申し入れも可能です。
いずれにしても、会社が退職日を了承しなければ、退職の効力が生じるのは2週間後になりますので、大きな差はないことが多いです。
2 退職の申し入れから2週間ごまでの注意点
退職により会社に具体的な損害が生じた場合には、会社から損害賠償請求がなされる可能性があります。その可能性を低くするために、2週間はきっちりと勤務し、引き継ぎ業務を行い、その証拠を残しておくことが望ましいです。
3 アルバイトだから退職届が不要か
アルバイトも雇用契約ですので、辞職の申し入れを行うことが必要です。
4 その他
会社は、入社時には必ず労働条件の明示を書面でしなければいけません(労働基準法15条1項)。
会社がこの義務に反している場合、交渉の中で会社の違法な点を指摘することもできます。

以上のとおり、おそらく辞職の申し入れを行ってから2週間で退職が認められると思いますが、注意点もありますので、できれば一度お近くの労働法に詳しい弁護士に相談されると安心だと思います。

 

2017年11月05日 22時25分

相談者
古屋先生、大変丁寧なご回答ありがとうございます。無知なため、大変勉強になります。

例えば、10月20日に口頭での退職の申し入れをしていた場合(受け入れられてはいませんが)、書面での提出はしていないのですが、10月20日から2週間で退職の効力が生じるということになるのでしょうか。あるいは、再度書面での退職届の提出が必要なのでしょうか。
度々済みませんが、よろしくお願い致します。

2017年11月05日 23時42分

古屋 文和
古屋 文和 弁護士
ありがとう
続けてお答えさせていただきます。

法的には、10月20日の辞職申し入れも有効です。
ただし、証拠が残っていませんので、事実を争われると立証ができないことがありえます。
一つの方法としては、10月20日に辞職申し入れをしたことを前提に会社と話をして、その様子を録音しておくことで証拠が残ります。そこで、会社が、口頭で辞職の申し入れを受けたことを認める可能性もあります。

私も、このようなケースで労働者側で事件対応をしたことがありますが、口頭での申し入れを有効としつつ、万が一に備えて内容証明で予備的に辞職申し入れを行いました。
参考にしてください。

2017年11月05日 23時48分

相談者
古屋先生、本当にありがとうございます。
考えすぎて心が折れそうでしたが、少し気持ちが楽になりました。
証拠をしっかり残すことを大事にして、残りの手続きをしっかりしたいと思います。

2017年11月05日 23時57分

この投稿は、2017年11月05日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【弁護士Q&A】退職届を受け取ることを拒否されたときの対処法

退職届を会社に提出したいけれど、上司が受け取りを拒否するといった場合もあるかもしれません。あるいは、すでに会社との折り合いが悪く、出社して上...

上司が退職届を受け取ってくれないときに退職する方法を詳しく解説

「会社を辞めたいのに退職を認めてくれない」「上司が退職届を受け取ってくれない」。このような場合、退職を諦める人もいるでしょう。しかし、会社が...

就業規則や契約期間に従わないと退職できないのか|会社が退職届を受け取らない場合の対処法も解説

たとえば、就業規則に「退職は3か月前までに申し出ること」というルールがある場合、少しでも早く退職したくても、ルールに従う必要があるのでしょうか...

この相談に近い法律相談

  • パワハラと退職願でのトラブルについて

    体調を崩し、仕事を続ける事が出来ないと考えて8月末に退職願を出しましたが、社長との話し合いで、9月1日から、しばらく休業(休養)して復帰を考えていくことで話がまとまり、退職願は保留になったのですが、先日、退職願を受託したと、封書で送られて来ました。復帰する事を前提で休養していたのですが、辞めさせられるという事で...

  • 退職決定後の始末書強制提出について

    4/11退職願を提出し受理されました。(退職届ではなく願を、と指示のもと) 退職日は5/10です。 本日、1カ月前の事故(予測不可)の始末書の提出を命令されました。明らかに第三者のミスですが、頑固して私の責任にされています。 なぜ退職が決まっているのにも関わらず始末書、しかも3通提出を求められるのでしょうか。 給与カット等の...

  • 退職について(退職までの日数と有給、退職届について)

    現在、退職したいと考えております。(次の会社も決まっています) そこで以下についてご回答いただきたく思います。 なお現在期間の定めがない正社員として勤務しておりますが、派遣法改正前の「特定派遣」のような形でクライアントの下で業務をしております。(派遣の雇用契約書にサインはしておりません) ①就業規則では2ヶ月前に申...

  • アルバイト退職時の有給消化について

    有給休暇の残っているアルバイトスタッフより退職当日に有給休暇消化の申し出がありました。 使用者側として、有給取得(消化)を認める義務はありますでしょうか? 以下補足情報です。 ・アルバイトスタッフより、就職が決まったので2日後に退職したいとの急な申し出があり渋々了承。  ※退職に関しては事前相談等もなく急な出来...

  • 退職日が決まらずに困っています。

    はじめまして。 半年間務めた会社を転職により退職することになりました。 キャリアアップと会社への不信感、2方面で退職を決意しました。 1ヶ月前に退職の話をし、直属の上司には受け入れられたものの、役員から就業規則が2ヶ月となっているので、1ヶ月前の退職届は認めないと言われています。 今迄、就業規則のありかは知らさ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

退職届・退職願の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。