退職金支払の拒否

70歳で会社都合で零細企業を退職した者です。60歳で定年退職のつもりがその後も同じ条件で契約を継続したいと言われ、退職金についても当時中退共に積立していた金額を、会社で積立して退職時に支払うとの約束で契約をしました。口約束です。

いざ退職という時期になり、同時に会社が廃業することになり清算に入りました。退職日までは「退職金全額を一度に揃えられないかもしれないが支払う」と言っていた社長が、数日すると「倒産するのに、わざわざ規定の60歳を超えた人間に支払うつもりはない」と言い出しました。

口約束に後悔をしながらも、とにかく払う約束をしていたことを証明しようとしましたが、会社から書類として取れたのは『退職金を支払えない』というものだけでした。
そこには約束をした期日から月々の積立金額、支払うべき総額が記入してあり、約束をしたが会社の倒産により支払えなくなったという内容で、社印も押印してあります。
法的手段に訴えたり、労働基準監督署に相談する際にこの書類が約束を証明するものになりうるのか、やはり難しいのか…
御意見をお聞かせください。よろしくお願いします。
2011年12月02日 12時26分

みんなの回答

佐藤 篤志
佐藤 篤志 弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
会社が倒産されたとのことですが、裁判所への破産申立などの法的手続を行っているのでしょうか。その場合は、その手続の中で弁済を受けるしかありません。
もし、破産手続を行っていないのであれば、労基署に相談するよりは迅速に法的手続を行って、資産を押さえてしまうことが必要かと思われます。
その際の証拠としては、会社の退職金に関する規程などが考えられますが、言われている書面も十分な証拠になり得ると思われます。
まずは、なるべく急いでお近くの弁護士に相談することをお勧め致します。

2011年12月02日 14時14分

相談者
佐藤弁護士様

ご回答ありがとうございます。
会社は現在事実上の倒産という状態だそうです。零細企業のため会計士等に相談の上、社長自らが清算を行っているようです。会社の土地建物の売却がうまく進まずに金銭の工面に困ってるとのこと。

ご回答いただき、とても心強く感じます。早急に対策を考えたいと思います。
ありがとうございました。

2011年12月02日 16時05分

この投稿は、2011年12月02日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,811名の弁護士から、「労働問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 退職金が説明よりも少なく支払われた

    今年、12年間務めた会社を退職し、その際に、会社理由での退職となるので退職金は○万円と説明され、その旨の書類も渡されました。 退職し、3ヶ月後に振り込まれた額面が少なく、問い合わせた所、11年11ヶ月でも、12年には満たないと言う回答でした。 それ程大きな会社でもなく、就業規則も見せてもらった事はありませんが… その書面...

  • 会社からの退職金未払いの件

    先日ここで相談させてもらいました内容ですが、労基局に実情を話し、指示にて、会社に対して文章で退職金請求を書留にて送りましたが、今だに返答ありません。その旨を再度労基局に話、会社に対して支払う様に指導お願いするつもりですが、それでも支払う意思が無いので有れば、どうしたら会社から退職金を貰える事が出来るのでしょうか...

  • 退職金支払いについて。これは不当な事ではないのでしょうか?

    契約社員として勤務していましたが、会社都合で退職することになりました。退職勧告が契約満了間近だったこともあり、特別支援金が支給されました。もちろん、退職金として理解していましたが、会社は給与として支払い所得税が30%程課税されました。これは不当な事ではないのでしょうか?退職金として支払ってもらうのは無理な事でしょ...

  • 給料不払い。都?

    今は、別の会社に勤めていますが、前に勤めていた会社から、給料3ヶ月分と退職金が不払いとなっています。退職金は、退職時に社内規定により算出したもので、支払う意思はあるという話しでした。残念なのは、その退職金の通知に社印が押されていないことです。 何度か会社には、早く支払ってくれるよう連絡をしていますが入金がありま...

  • 未払賃金、立替払制度について

    従業員9名の小さな会社です。 数か月分の未払賃金があり困っています。 先月、国税から事務所の捜索(財産なし)、口座を差し押さえられてしまい、事業活動の停止。従業員の解雇。事務所も賃貸なので近々退去するみたいです。社長は今のところ電話にもでますし、会う事もできます。立替払制度を受けたいのですが、いくつかお聞きしたい...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。