退職金の提示間違いについて

整理解雇にて退職金の明細が提示されたが、勤続年数の間違いにて、再度退職金が半額の明細が提示された。
この場合、そのまま受け入れるしか無いのでしょうか
2019年08月16日 21時16分

みんなの回答

新井 一樹
新井 一樹 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ありがとう
退職金額は大切な問題です。ご参考になさってください。

勤続年数に誤りがある場合、勤続年数を訂正した後の正しい金額を受領する権限があります。
ただし、退職金の請求にも時効がありますので、早めに対応される方がよいと思います。
不安でしたら、弁護士に相談してみられても良いと思います。

2019年08月16日 22時27分

この投稿は、2019年08月16日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,808名の弁護士から、「労働問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

【弁護士Q&A】退職勧奨は拒否できるのか|受け入れないと解雇される可能性はあるのか

「この会社に向いていない」「転職したほうがいい」などと、会社から退職するよう勧められることを退職勧奨といいます。退職勧奨された場合、従業員は...

退職金は受け取っていいの?「不当解雇」争うときに、やっていいこと・NGなこと

「不当解雇」を争いたいけど、生活のためにすぐにでも「転職活動」を始めたい…。「解雇された」という事実を争いつつ、一方で転職活動をすることは、一...

熟年離婚したら将来の退職金や夫婦で築いた財産はどうなる?

長い結婚生活のすえに「熟年離婚」を検討している人の中には、「今まで築いた財産はどうなるの?」「配偶者の退職金は分けてもらえるの?」と、お金に...

亡くなった人の給料や退職金を受け取ると相続放棄できない?

相続放棄を行う場合に、亡くなった人の財産を売ったり使ったりすると、「相続することを認めた」(単純承認)と扱われて相続放棄ができなくなる場合が...

将来の退職金も財産分与の対象になるのか

離婚をする際の財産分与の対象には、配偶者に支払われる退職金も含まれます。配偶者がまだ働いていて、退職金が支払われていない場合でも、「いま退職...

この相談に近い法律相談

  • 退職金 勤続年数の計算について

    勤務先の退職金規程では、勤続年数に比例して上がっていく算定基礎給与を決定する勤続年数について; <起算日> 「採用の日から」(初日算入) <端数>「年未満の端数は切り上げ」 <基準日> 「1月1日現在」の勤続年数 と規定しています。 ここで、ご質問です。 例えば2001年1月1日入社の場合、2009年12月31日...

  • 退職金について(役員と社員の通算勤続年数)

    退職金について 役員として16年6ヶ月勤務し、その後、日を空けず社員として1年6ヶ月勤務し 定年退職をむかえます。 役員は退職金はない事になっていまして、役員退任時には退職金は貰っておりません。 退職金規定では、3年以上勤務した者には支給するとなっていますが、社員としての 勤務期間が3年未満とのことで、退職金...

  • 退職金が勤続年数と比較しても少なすぎる

    平成7年に入社して今年28年の10月15日に会社を退職したものですが、どうも退職一時金の計算が合わないのです、一時退職金の計算法を会社の規約では基準給与に表の定める率を数値を乗じた額と中退共金の計算を別にすると(自己都合でも14倍通算21年の場合は27倍+退職年金)明記されているのに会社から振り込まれた額は204万、そして中小...

  • 勤続年数からの退職金計算の不満

    22年勤めた会社を退職しました。この会社には退職金制度がありました。入社して9年目の時、会社が中退共を解約し、他の企業へ退職金制度を変更しました。その時、中退共から解約手当金が振り込まれ、会社はこの解約手当金を返還するようにと。 私はわざわざ手数料を払って銀行から解約手当金を引出すのはバカらしいと思い、会社に解約...

  • 退職金振込金額間違い

    去年8月に13年勤めた会社を退職し転職しました。その際退職金の確定給付年金と確定拠出年金は次の会社にそれぞれ移管する指示をしました。今年3月終わりになって社内で確定給付金の残高をパソコンで確認できるようになったので確認すると確定給付金が全く移管されていませんでした。 旧勤務先に対してどのような要求をするのが妥当かお...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。