解雇無効による退職金の請求

解雇無効により給料・賞与を請求すると思いますが、解雇から判決まで長期間に至る場合には、その間も在職したものとして、退職金の請求も可能でしょうか?
また、賃金の請求になると思われますので、通勤定期代(所得税では非課税ですが、社保では課税)も請求が出来るのでしょうか?
2010年06月11日 01時11分

みんなの回答

弁護士A
ベストアンサー
ありがとう
月給だけでなく、退職金、賞与、通勤定期代のいずれも請求していいと思います。

しかし、通勤定期代は認められないでしょう(通勤していないので。解雇撤回を求めている間、毎日通勤していれば認められるかもしれません)。

賞与がどの程度認められるかはケースバイケースでしょう(固定的な金額であれば満額認められることが多いでしょう)。

退職金は、退職金規程に定められた計算式によって算定される場合が多いので、認められやすいでしょう。

2010年06月11日 23時53分

この投稿は、2010年06月11日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

相続税が課税されるかを判断する基準…「基礎控除」の計算方法

遺産を受け継ぐことになると、相続税の負担が心配になる人もいるでしょう。相続税には非課税枠があり、相続税がかからない場合があります。この記事で...

病気やケガで休職したことを理由とする解雇が無効になるケース

病気やケガで働けず会社を休んでいたことを理由に解雇された場合、「業務にあたることができないのだから解雇されても仕方ないのか」と考えてしまう方...

懲戒解雇が無効になるケースと労働者が解雇を争う方法

業務命令違反や規律違反などを理由に会社から懲戒解雇処分を受けた場合でも、当然に解雇が有効になるわけではありません。懲戒解雇が有効になるために...

退職金は受け取っていいの?「不当解雇」争うときに、やっていいこと・NGなこと

「不当解雇」を争いたいけど、生活のためにすぐにでも「転職活動」を始めたい…。「解雇された」という事実を争いつつ、一方で転職活動をすることは、一...

「懲戒解雇」が無効になるケースとは?不当解雇として争う方法と手順

会社におけるもっとも重いペナルティー。それが「懲戒解雇」です。退職金が支払われないことがあったり、再就職にマイナスに影響する可能性があったり...

この相談に近い法律相談

  • 請求者(労働者)側による賃金請求の際の,中間利益の控除について

    いつもお世話になります。 さて,解雇無効となった労働者が,解雇期間中の賃金を請求する場合には,必ずバックペイのうち,40%を超える金額を控除して請求しなければならないのでしょうか。 あるいは,労働者からの,何も控除していない解雇期間中の賃金の全額の請求に対して,事業主側が控除できる旨の主張をして,中間利益を控除し...

  • 選択的請求について。の選択的請求はできるのでしょうか?

    選択的請求できるのか、選択的請求で認容額の大きいほうを採用してもらえるか、の質問です。 契約期間2ヶ月を残して不当解雇され、自己都合退職処理までされました。 最終的に、失業手当を受給できる機会を失ってしまいました。 主位的に、地位確認と未払賃金請求をします。 予備的に、 解雇を認めるかわりに、①残2ヶ月分...

  • 退職金請求について

    今月の12日に会社から業績悪化に伴い今月末を持って整理解雇する旨の説明を受けました。その時に退職金は、就業規則の規定の3割しか支払えないとの事です。私は納得できないので残り7割の請求を訴訟で請求したいのですが、勝訴する可能性はあるでしょうか。また今後訴訟することになると、資料等が必要になると思いますが、今現在何もあ...

  • 未払賞与の請求について

    未払賞与を請求する場合、恩給ではなく、賃金の性格を持つなら請求できるそうですが、就業規則はなく、労働契約もありません。ハローワークでの求人票には賞与の記載があり、それは賃金の性格を証明する事になりますか?また、賞与勘定ではなく、賞与も給与勘定で計上していますが、これは賃金の性格になりますか?

  • 和解交渉時の請求金額の考え方について

    不当解雇撤回、未払い賃金支払い請求で訴えを起こしています。 被告側から「解雇撤回、復職拒否」で和解申し入れがあり和解に向け調整中ですが、疑問が多々生じています。 和解を成立させるためには請求額を減額しなくてはいけないとアドバイスを受け、当初請求額から約半分に減額しました。 ところが、裁判官はそれでも請求額が高い...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。