解雇後に請求できるお金について

公開日: 相談日:2021年04月26日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

【相談の背景】
この4月18日に6年間勤めた美容室から解雇を言い渡されました。
その日に言われ、その日付で解雇です。
原因はオーナーとの口論であり、合理的な理由はありません。
解雇を取り下げたい意向はなかったので、その場で受け入れました。
退店後、一ヶ月分のお給料は支払うとのことです。

【質問1】
他にも退職金や未払いの残業代など、請求できる可能性があるものを知りたいです。

【質問2】
また、それらはどんな条件下で請求できますでしょうか。

1021206さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都6位

    大木 怜於奈 弁護士

    注力分野
    労働問題
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    【質問1】
    他にも退職金や未払いの残業代など、請求できる可能性があるものを知りたいです。
    ⇒未払賃金、未払残業代、未払退職金、解雇予告手当、不法行為に基づく損害賠償請求が請求できる可能性がございます。

    【質問2】
    また、それらはどんな条件下で請求できますでしょうか。
    ⇒内容証明などで請求されることとなりますが、法的な請求ですので、弁護士にご依頼されたほうがよろしいかと存じます。

    拝読する限り、解雇が違法無効と判断される可能性が高いかと存じます。
    解雇無効を争った上、退職和解として解決金を得られるようにすべきかと存じます。

    お早めに弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

  • 弁護士ランキング
    千葉県2位

    倉田 勲 弁護士

    注力分野
    労働問題
    タッチして回答を見る

    【質問1】
    他にも退職金や未払いの残業代など、請求できる可能性があるものを知りたいです。
    【質問2】
    また、それらはどんな条件下で請求できますでしょうか。

    →退職金については、就業規則などで退職金を支払う規定があれば、それに基づいて請求ができます。未払い残業代については、美容室側が残業をしていたことの証拠が必要になります。
     ここでは一般論しかお答えできませんので、差し当たり、雇用契約書や残業についての証拠などを持参の上で、お近くの法律事務所でご相談されることをお勧めします。

この投稿は、2021年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

関連度の高い法律ガイド

「退職金」に関する情報をわかりやすく解説した法律ガイド

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから