1. 弁護士ドットコム
  2. 労働
  3. 退職
  4. 機密保持について。上記の内容で機密保持に当たるのでしょうか?

公開日:

機密保持について。上記の内容で機密保持に当たるのでしょうか?

2011年10月16日
前職、退職時に「機密保持契約書」をし退職
「退職後、○○社で知り得た技術、販売上の知識を外部に漏らさない。万一上記の事実が判明した場合には損害賠償を請求されても異議を言わない」の内容
退職後、前職の取引先へ再就職
これに腹を立てたのか内容証明付きの警告文書が送られて来た
「前職の取引先へ再就職先取り扱い品の売り込みや働きかけをするな」との内容です。
上記の内容で機密保持に当たるのでしょうか?
(また特別な商品ではありません)
アドバイスよろしくお願いします。
相談者(84802)の相談

みんなの回答

相談者(84802)
追記、この場合再就職先の会社から前職の取引先へ販売をかけたら機密保持違反になるのでしょうか?

2011年10月16日 13時30分

弁護士A
ありがとう
前職の取引先への営業は、「販売上の知識」に該当するでしょうね。

一応、3年くらいは控えておいた方が良いでしょう。
3年経てば、競業避止義務の制限は外れると考えられます。

2011年10月16日 16時05分

この投稿は、2011年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

上司が退職届を受け取ってくれないときに退職する方法を詳しく解説

「会社を辞めたいのに退職を認めてくれない」「上司が退職届を受け取ってくれない」。このような場合、退職を諦める人もいるでしょう。しかし、会社が...

【弁護士Q&A】試用期間中でも退職できる?出社せずに退職するには

「面接時に聞いていた労働条件と実際の条件が違う」。このような場合、入社してすぐの試用期間中であっても、退職することができるのでしょうか。出社...

就業規則や契約期間に従わないと退職できないのか|会社が退職届を受け取らない場合の対処法も解説

たとえば、就業規則に「退職は3か月前までに申し出ること」というルールがある場合、少しでも早く退職したくても、ルールに従う必要があるのでしょうか...

契約社員が契約途中でも退職できるケース|退職させてもらえない場合の対処法を解説

契約社員など期間を決めて働いている場合、必ず契約期間が満了するまで働かなければならないのでしょうか。何らかの理由で期間の途中で退職したいとき...

退職後フリーランスになる人に必要な保険や税の手続き

会社を退職した後、フリーランスになる場合は、健康保険や年金といった社会保険や、税金などに関する手続きをする必要があります。この記事では、退職...

この相談に近い法律相談

  • 退職時の「誓約書」について

    退職時の誓約書に関する質問です。 特に退職時の書類につきましては、郵送されてきたものに必要事項を記入し、返送するという形式でした。 直接説明を受けたことは一度もありませんでした。 その中に「誓約書」があり、以下のような箇所があります。 〇 私は、貴社退職後2年間は貴社と市場の競合する事業者に就職または役...

  • 退職届の提出方法について ※急いでいます

    退職届についてご質問があります。 現職の退職に関する手続きの書類は人事部が保持しております。 退職の書類を提示してもらない可能性があること、書類が上長等何名かの 記載、捺印が必要で、最終的に代表の捺印で退職が成立すると思われます。 上記を鑑みて、退職の意思が確実に届くようにしたいと考えております。 現在の状...

  • 退職強要による損害賠償請求

    初めての質問です。 現在、懲戒解雇処分を書面にて言い渡されております。 会社に処分取り消しと退職強要による損害賠償請求を 内容証明にて通告しようと考えています。 記載内容に関して相談させてください。 1.懲戒解雇処分の無効を主張して、従業員の地位確認と解決までの賃金保証の請求。 2.退職強要(パワハラ)の発言...

  • 退職時における念書の内容について

    退職時における念書の内容に顧客情報を一切漏らさないとあるんですが、顧客会社の名前も入りますか?

  • 退職時の有給消化、退職金、また就業規則の内容等につきまして

    初めまして。 退職に際し、掲題の件につきましてご回答をお願い致します。 早速本題ですが、 まず退職金の支給に関して、就業規則に下記支給しない場合のルールの記載がございます。 ①後任者との引継ぎが不十分 ②会社の貸与品の不返還 ③会社の貸付金の不返還 ④その他退職にあたり会社の指示命令に従わない場合 続きまして退...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

退職の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。