契約書の交わされていない業務委託契約

美容師として業務委託契約という形で仕事を始めようと思いましたが、店から渡された契約書は不明な点が多かったので、契約書にサインしないまま、令和元年5月30日から仕事を開始しました。

(契約書は交わしていませんが)業務委託契約という話だったにも関わらず、週5日勤務、午前9時から6時は職場に拘束されておりました。しかも、お客様がいない時間は職場の掃除などをしていても給与は全くありませんでした。

以上のような状況で、オーナーの接客に対する方針も自分と合わないため、辞めさせて欲しい旨を8月3日に伝えました。オーナーは、契約上、辞める90日前に通知する必要があるから、90日は辞められない、と言われました。

そこで、先生方に2つ質問なのですが、

1. 業務委託契約の契約書にサインしていない上に、週5日で毎日9時間ほど職場に拘束されてきた状況で、本当に90日前に通知しなければ辞めることができないのでしょうか。

2. また、退職の申し出から3週間後の8月末にこちらが辞職した場合、お店が8月分の給料を支払わない可能性が考えられますが、その際は、契約書を交わしていない状況ですが、その給料を請求できるのでしょうか。

よろしくお願いいたします。
2019年08月18日 21時17分

みんなの回答

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
ベストアンサー
ありがとう
> 1. 業務委託契約の契約書にサインしていない上に、週5日で毎日9時間ほど職場に拘束されてきた状況で、本当に90日前に通知しなければ辞めることができないのでしょうか。

業務委託とありますが、実質的に雇用契約の可能性がありますね。
期間の定めのない雇用契約の場合で、月給制の場合は、給与計算期間の前半に申し入れることで、その期間経過後に退職できることになっています(民法627条2項)。

> 2. また、退職の申し出から3週間後の8月末にこちらが辞職した場合、お店が8月分の給料を支払わない可能性が考えられますが、その際は、契約書を交わしていない状況ですが、その給料を請求できるのでしょうか。

働いた以上は、給与の請求はできます。

2019年08月19日 06時03分

相談者
早速のお返事を頂き、また、大変分かりやすく教えていただき、本当にありがとうございます。

私がサインをしなかった契約書には、サインをしてから1年契約で、契約した双方が何も通達しなければ自動更新、と書かれていました。しかし、サインをせず、お互いに期間を明言せず上記のように働いていたので、実質的には、先生の仰ったように「期間の定めのない雇用契約」になるのではないかと存じます。

重ね重ね、本当にありがとうございました。

2019年08月19日 07時18分

この投稿は、2019年08月18日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

就業規則や契約期間に従わないと退職できないのか|会社が退職届を受け取らない場合の対処法も解説

たとえば、就業規則に「退職は3か月前までに申し出ること」というルールがある場合、少しでも早く退職したくても、ルールに従う必要があるのでしょうか...

契約社員が契約途中でも退職できるケース|退職させてもらえない場合の対処法を解説

契約社員など期間を決めて働いている場合、必ず契約期間が満了するまで働かなければならないのでしょうか。何らかの理由で期間の途中で退職したいとき...

【弁護士Q&A】試用期間中でも退職できる?出社せずに退職するには

「面接時に聞いていた労働条件と実際の条件が違う」。このような場合、入社してすぐの試用期間中であっても、退職することができるのでしょうか。出社...

上司が退職届を受け取ってくれないときに退職する方法を詳しく解説

「会社を辞めたいのに退職を認めてくれない」「上司が退職届を受け取ってくれない」。このような場合、退職を諦める人もいるでしょう。しかし、会社が...

【弁護士Q&A】退職するとき引継ぎせず退職まで有給消化するこのとリスク

退職するとき、後任者に対する業務の引継ぎが必要になることがあります。退職日まで有給消化して過ごしたい場合、引継ぎをせずに退職することはできる...

この相談に近い法律相談

  • 業務委託の契約と退職について

    業務委託の契約と、退職について質問お願いします。 個人経営のエステサロンで業務委託という形でオーナーと覚書を交わし、働いています。 勤務形態はシフト制、月23日以上の出勤義務、月給歩合制です。 退職のときは3ヶ月前までに申告する事と覚書に書いています。 ※質問です→業務委託の契約でも、 そもそも勤務日、勤務時間...

  • 業務委託での雇用の退職について

    雇用形態が業務委託で美容室にて勤務していますが、以下の場合契約解除はできますか? 昨年12月より勤務しておりますが、契約書は交わしておりません。 雇用形態は【業務委託】で、歩合給で勤務しています。 7月いっぱいで辞めたいと7月15日に申し出ましたが、「会社の規定では60日前までに申し出が必要」であることと「明確な...

  • 退職日前における業務委託契約について

    退職日前に他社との業務委託開始の契約を結ぶ事は、法的な問題はありますでしょうか? 会社(A社)を退職し個人事業主として別会社(B社)との業務委託契約を結ぶ事を考えています。 A社の退職日の1か月ほど前(有給消化中)から、契約開始となる業務委託契約をB社と結ぶ場合の、 考えうる問題点、懸念点をお教えいただければ...

  • 業務委託契約書に、契約期間以内に辞めたら給料50%カットとある

    初めまして、パートの業務委託契約書について質問があります。雇用期間6ヶ月で現在3ヶ月目です。 業務委託契約書の別紙にタイトル「委託手数料等」、項目名「報酬額」で下記の様に書かれています。 1:本件業務における基本業務 本件業務 月額○○円(消費税込み) ただし契約期間から6ヶ月以内に契約が終了した場合は所定の報酬の50%と...

  • 業務委託で働いてまだ1日なのですが辞めたいです。

    5月初めに業務委託として、リラクゼーションサロンで働くために契約書を交わしました。 その時は、自分でも納得し契約したのですが、いざ初日を迎えると大まかな説明をされてあとは放置状態で仕事することになり先輩方に質問しながら手探りで仕事をする1日になりました。 この時点で辞めたい気持ちが強くなりまだ働き始めて日が浅い...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

退職の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。