退職金の査定の有無について。

退職金についてですが、

①世間一般に「査定(減額若しくは増額)」といったルールもあるのでしょうか。
例えば、算定された金額に対して在職期間中の業績評価によって増減されることもあるのでしょうか。その場合の増減根拠を求めたり、不満であれば申し立てすることもできるのしょうか。
2019年06月09日 06時17分

みんなの回答

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ありがとう
> ①世間一般に「査定(減額若しくは増額)」といったルールもあるのでしょうか。

就業規則や退職金規定があり、それに従い計算されるでしょう。
その中で事情に応じた増減の割合が記載があることもあります。

そういう計算がない場合は慣行で決まります。

就業規則も慣行もない場合は、退職金は無い場合もあります。給与のように支給が義務付けられているものでは無いので、なかっても違法ではありません。

2019年06月09日 08時40分

この投稿は、2019年06月09日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

上司が退職届を受け取ってくれないときに退職する方法を詳しく解説

「会社を辞めたいのに退職を認めてくれない」「上司が退職届を受け取ってくれない」。このような場合、退職を諦める人もいるでしょう。しかし、会社が...

【弁護士Q&A】退職するとき引継ぎせず退職まで有給消化するこのとリスク

退職するとき、後任者に対する業務の引継ぎが必要になることがあります。退職日まで有給消化して過ごしたい場合、引継ぎをせずに退職することはできる...

契約社員が契約途中でも退職できるケース|退職させてもらえない場合の対処法を解説

契約社員など期間を決めて働いている場合、必ず契約期間が満了するまで働かなければならないのでしょうか。何らかの理由で期間の途中で退職したいとき...

就業規則や契約期間に従わないと退職できないのか|会社が退職届を受け取らない場合の対処法も解説

たとえば、就業規則に「退職は3か月前までに申し出ること」というルールがある場合、少しでも早く退職したくても、ルールに従う必要があるのでしょうか...

【弁護士Q&A】試用期間中でも退職できる?出社せずに退職するには

「面接時に聞いていた労働条件と実際の条件が違う」。このような場合、入社してすぐの試用期間中であっても、退職することができるのでしょうか。出社...

この相談に近い法律相談

  • 不服申立て。あるいはそもそも申請ができないものなのでしょうか?

    公務員の場合、懲戒免職、分限免職に対し、「不服申立て」手続きを行いますが、「賃金仮払いの申立て」との関係がWebなどを検索しても理解できません。「不服申立て」と同時に「賃金仮払い申立て」を行うことは有り得るのでしょうか?あるいは「不服申立て」の結審後に、民事訴訟になった場合に申請を行うものでしょうか?あるいはそも...

  • 会社への不満を持つ社員が周りへ一緒に退職を呼びかけている

    相談、失礼いたします。 ある社員が、会社への不満を理由に、退職を希望しているとのこと (その周りの従業員から相談を受けました。)ですが、 社長への不満と暴言を裏で吐きつつ、良い就職サイトを勧める等、退職を周りに勧め続けています。 (証拠として、メールなどの記録あり) 周りは辞める意思は今の所無いとのこ...

  • 職場で会社の現金が消失する事件が起き会社の対応に不満が有るため社労士に相談しました。

    職場で会社の現金が消失し上司からの尋問で鬱になり退職しました。 3年前、違う職場で同じく会社の現金が消失したことがあり、それから毎月上司と部下で現金の調査を行うことになっており、私がこの職場に在籍時は1度も上司は現金調査していませんし、そうなると報告書も虚偽報告となります。現金調査していれば現金消失することは無...

  • 労働調停。16日以前の申し立てはできますか?

    退職後の賞与請求ですが、先日 前職場から、源泉徴収票が届きました。12月の賞与は、出さないようです。こちらでも、何度か相談させてもらい、請求する事にしたのですが、支給日は、12月16日です。裁判所に、調停を申し立てしようと思います。16日以前の申し立てはできますか? 前職場に勤めている同僚から、16日支給しますと院長から...

  • 営業等禁止の仮処分申立書が届きました。

    ご回答お願いします。 前回ご相談させていただきました内容の続きになりますが、退職した塾の近くで開業したところ 営業等禁止の仮処分申立書が先方の代理人から届きました。 学習塾としての営業を禁止することと 以前勤めていた塾からの生徒の受け入れは禁止の旨記載があり 受領書をファックスするように書かれています。 こ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

退職の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。