1. 弁護士ドットコム
  2. 労働
  3. 退職
  4. 退職を理由とした降職と有休消化期間の給与の減額

公開日:

退職を理由とした降職と有休消化期間の給与の減額

2019年05月10日
現在会社と退職に関して協議中です。
現在は店舗にて店長として勤務しています。
給与は 職責給¥285,500 店長手当て¥60,000 計¥345,500 残業代は管理職の為出ない
退職を申し出たのは4月9日
面談をしたのが4月23日
退職理由に関しては給与に対する不満がありましたが転職への興味が高く会社からは面談時に給与の上乗せ等を提示されましたが退職させて頂きたい事を面談時に伝えました。

退職に関しては8月31日まで通常通り勤務し9月1日から有給消化に入り有給を使いきってから退職する事を希望しました。

5月9日下記の連絡が電話でありました。
①7月中旬より役職を下げる。
②上記に伴い給与は下がり店長手当てがなくなるが8月31日まではこれまでの給与を支給する。
③有給消化期間中は一般職の給与に引き下げて支給する。

③の部分に関して納得できない旨を伝えたところ下記の主張
・役職が外れれば手当てがなくなるところを会社は譲歩している
・有休は必ず使いきってやめてもらう必要はない。

役職を外す理由を聞いたところ公認店長へ引き継ぎの降職。
「自分の業務能力の問題ではなく退職を申し出たから降職になるという事ですか?」との問いに
「そうです」との返答。

合理的な理由があっての降職とも思えずまた自身の業務能力不足ではない事は引き止め交渉があったことからも明白です。
・退職を理由に降職させられたうえに手当てを外され給与が下げられる。
・有休期間の給与の引き下げ
・有休拒否が可能とういう会社の考え
上記はどれも法に触れるのではないかと考えていますがいかがでしょうか?

また面談の内容と電話の内容は録音済みです。
相談者(796250)の相談

みんなの回答

勝部 泰之
勝部 泰之 弁護士
ありがとう
減給につき、減給の額が、「1回につき平均賃金の半日分を超える」か「総額が賃金総額の10分の1を超える」場合は違法です(労基法 第九十一条)。
違反した使用者は三十万円以下の罰金に処せられます(労基法 第百二十条)。

もっとも、降格や職位変更に基づく減給は、制裁としての減給とは異なりますから、労基法 第九十一条の制限が及びません(昭和26年3月31日基収第938号)。

但し、実質は制裁の趣旨である場合などは減給が権利の濫用(民法 第一条)として無効となる可能性があります。
また、違法な目的による降格も違法であり、例えば、退職に追い込む目的での降格が違法とされることもあります(東京地裁平成7年12月4日判決)。

また、降職自体が就業規則に則った適正なものかも重要なポイントとなります。

有給については適法な時季変更ではなく有給取得自体を妨害するような場合は罰則の対象となる可能性があります(六箇月以下の懲役又は三十万円以下の罰金・労基法 第百十九条 第三十九条)。

2019年05月10日 18時18分

この投稿は、2019年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【弁護士Q&A】退職するとき引継ぎせず退職まで有給消化するこのとリスク

退職するとき、後任者に対する業務の引継ぎが必要になることがあります。退職日まで有給消化して過ごしたい場合、引継ぎをせずに退職することはできる...

【弁護士Q&A】退職前の有給消化中に転職先で働ける?

会社を退職するとき、使い切れなかった有給を全て消化しようと考えている人もいるでしょう。有給消化期間中に、転職先で働き始めることに問題はないの...

【弁護士Q&A】試用期間中でも退職できる?出社せずに退職するには

「面接時に聞いていた労働条件と実際の条件が違う」。このような場合、入社してすぐの試用期間中であっても、退職することができるのでしょうか。出社...

契約社員が契約途中でも退職できるケース|退職させてもらえない場合の対処法を解説

契約社員など期間を決めて働いている場合、必ず契約期間が満了するまで働かなければならないのでしょうか。何らかの理由で期間の途中で退職したいとき...

上司が退職届を受け取ってくれないときに退職する方法を詳しく解説

「会社を辞めたいのに退職を認めてくれない」「上司が退職届を受け取ってくれない」。このような場合、退職を諦める人もいるでしょう。しかし、会社が...

この相談に近い法律相談

  • 退職希望を理由にした降職人事は人事権として認められますか?

    <状況> 現在新年度に向けて組織改編が行われています。 その最中に、次年度途中に退職を考えている者(管理者)がいることを会社が知り、当該社員を降職にしました。 その者は退職を考えてはいるものの、与えられた業務は全うしており会社貢献度も高い管理者です。 しかし、結局会社は当該社員を降職させる人事を発令しました。 ...

  • 雇止め、有休消化について

    契約更新回数7回、約5年勤務しております。フルパートです。 この度、次の更新はしないと通告を受けました。 雇止めに対して、何度も話し合いをしましたが、何があっても更新はないと言われている状況です。 労働審判や裁判を起こそうかどうしようか迷っているところですが、こちらの意見は全く受け入れられない情況ですので、今後...

  • 引き止め後の退職の権利に関して

    退職引き止めにあって1月末退職予定です。 僅かな賞金と引き換えに拘束されていますが、現在転職活動も並行して行っています。(一度受け取らない意思表示をしています。結果振り込まれましたが、手はつけていません。) 頂いた賞与の返還とともに退職届けを出した場合、訴訟などの問題に繋がることはありますか? 塾講師ですのでこ...

  • 退職の引き継ぎについて

    退職の仕事の引き継ぎなどの件でご質問です。 仕事として大きな案件を抱えています。一緒に仕事をしている面々は人任せで、内容をあまり理解しておらず、何かあると責任転嫁してきます(パワハラ)。 自身への負荷が多く、最低限の引き継ぎだけに留め、退職を検討しています。 この引き継ぎで、私は他にも関わっている方もいるため、最...

  • 退職前の有休付与について

    5月に会社を退職予定なのですが4月に付与されるはずの有休が、退職予定者には付与されないと人事より言われました。 そこで先生方に質問がございます。 退職予定者に有休が付与されないというのは法律上認められるのでしょうか? お答え頂けましたら幸いです。

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

退職の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。