独立・起業後の顧客に関してのご相談

独立後の顧客に関して

現在コンサル業の職に就いております。
今後独立を考えており、同業種で活動予定です。
(活動地域も同じ県が中心です)

現在私が担当しているクライアントに対して
退職を伝え何をするのかを聞かれた場合に
独立をすることを伝える予定です。

あくまでも私から顧客を奪うつもりません。

しかし現在会社の意向として
コンサル業務は率先して行う業務から外れており
新規契約をとっていくという業務ではありません。
(別事業を進めているため)

現在契約中の顧客の契約が終われば特に
新規を見つけるということはしていません。

それに対し私はこのコンサル業が好きで
自分で色んなアイデアでやりたいと考えており

退職の引継ぎは行う予定ですが
社内にすべて引き継げる人員が現在いません。

そこで質問です

1)私が退職後、現就職中の会社が撤退(契約会社もきる)すると
なった場合は私が営業をかけて良いのでしょうか?

2)また、就職中に独立に関する言ったらいけないこと等
ありますか?現職場とは円満でやめたいと思っています。

3)現在契約中のお客さんからもし独立後の私に依頼が
来た場合は受けても良いのでしょうか?

現職場を退職する際に誓約書等はかかされないと思っています。
どうぞよろしくお願い致します。

b4_a012さん
2019年04月17日 11時29分

みんなの回答

佐藤 大蔵
佐藤 大蔵 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 北海道2 労働問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
退職の際の誓約書がないことを前提として見解を回答いたしますね。

まず、相談者が退職後に会社が契約を切ったクライアントについては、相談者が新たに契約の上クライアントとしても問題ないでしょう。会社が自ら契約を切ったのであれば、引き抜いたとはいわれないためです。

現在就労中に言ってはいけないことは特にないと思います。クライアント引き抜きなどは当然就業規則などに違反する可能性もありますので、避けるべきだとは思います。独立については話せる雰囲気であれば、伝えてもよいのではないでしょうか。

冒頭のとおりで、独立後こちらからクライアントに働きかけての引き抜きの形でなければ、新たに契約をすることは問題ないかと思います。

上手く独立できるように祈念いたします。

2019年04月17日 16時58分

b4_a012 さん (質問者)
早速の回答ありがとうございます!

こちらから働きかけるではなく
あくまで会社が切ったクライアントに営業を行うスタイルでいきたいと思います!

2019年04月17日 17時17分

この投稿は、2019年04月17日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【弁護士Q&A】退職するとき引継ぎせず退職まで有給消化するこのとリスク

退職するとき、後任者に対する業務の引継ぎが必要になることがあります。退職日まで有給消化して過ごしたい場合、引継ぎをせずに退職することはできる...

退職後しばらく働かない人やフリーランスになる人に必要な保険や税の手続き

会社を退職した後、すぐには次の会社などで働き始める予定がない場合や、フリーランスになる場合は、健康保険や年金といった社会保険や、税金などに関...

上司が退職届を受け取ってくれないときに退職する方法を詳しく解説

「会社を辞めたいのに退職を認めてくれない」「上司が退職届を受け取ってくれない」。このような場合、退職を諦める人もいるでしょう。しかし、会社が...

【弁護士Q&A】試用期間中でも退職できる?出社せずに退職するには

「面接時に聞いていた労働条件と実際の条件が違う」。このような場合、入社してすぐの試用期間中であっても、退職することができるのでしょうか。出社...

契約社員が契約途中でも退職できるケースl退職させてもらえない場合の対処法を解説

契約社員など期間を決めて働いている場合、必ず契約期間が満了するまで働かなければならないのでしょうか。何らかの理由で期間の途中で退職したいとき...

この相談に近い法律相談

  • 独立後の顧客引き抜きについて

    先日まで社員として雇用されていました。 その後独立し、起業したのですが前職の顧客がこちらに流れており、引き抜きのような状態になっています。これについて前職から訴えられることはあるでしょうか? 前職では引き抜きに関する契約は交わしていません。 顧客リストも使っておりません。 人数として20名程です。 顧客様に引き...

  • 独立時(同業種)の問題点

    いま働いている会社と同業種での独立を考えております。 *下記1~3について法的に問題はありますでしょうか? 1.いまの会社で利益は発生していないが、1~2年後に発生する可能性があるビジネスの一部を新会社で行う。 2.いまの会社で利益が発生しているビジネスの一部を新会社で行う。 3.いまの会社での顧客や商品による販売を新...

  • 退職、独立について

    資源回収業の会社に業務委託という形で働いています。 仕事内容は『○月×日に資源物(新聞、雑誌)を回収します』と個人宅にチラシを配り、回収日にトイレットペーパーと交換します。 現在会社を辞めて独立を考えています。 業務委託の契約書には1ヵ月ごとの契約更新についてと給料について明記してありますが、罰金・違約金について...

  • 独立について

    現在の会社を退職する際に万が一同業の独立を禁止するような契約書を書かされそうになったら拒否する権利はありますか?現在の仕事を1人でやっていきたいと考えています。顧客データーとかそういうものは一切持っていかないです。しかし同じ商品を売っていきたいと考えています。もし念書を書かされたら全てが終わってしまいます。なん...

  • 美容室退職後の顧客住所について

    3年程前に勤めていた美容室(顧客5000件以上)を病気で退職し、今月独立開業をするにあたり持っていた当時の顧客の住所(50件ほど)を使いDMを送ってしまいました その後、その美容室から警告の書面が届き、退職後であっても会社規約違反は有効であり、その罰則で支払いを要求されてしまいました。(金額はまだわかりません) 会社規約につ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

退職の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  2. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  3. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  4. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  5. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...
  6. 私学教員の部活指導など、「明確な指示」なく...
  7. タイムカード打刻「15分単位」で切り捨て…薬...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。