休職期間中、次の会社が決まったのですが退職日を4ヶ月前(8月末)に設定するよう会社に求められています

休職中の退職日について。

2017年9〜現在12/21休職させていただいてます。傷病手当申請済(9、10月分)。

次の会社(前職)が決まり、退職を申し出たところ、退職日を過去に遡り、8月末で書くように指示がありました。

会社負担分と個人負担分の社会保険料を払わなくてよく、お互いにメリットがあるからといわれましたが、傷病手当(35万円程度)も無くなるので私にはメリットがないように思えます。

また、9月以降も休職期間中に病院で保険証も使ってます。

遡り9月から国保に切り替えられるのですか?

現会社のこういった行為は法律的に可能なんですか?

個人的な希望では次の会社には今現在、現会社に属していると言ってあるので、今更8月末に退職でしたとは言えません。未来の日程で退職日を設定したいです。

2017年12月22日 09時53分

みんなの回答

周藤 智
周藤 智 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ありがとう
さかのぼって日付を定めることはたまにありますが,その場合であっても,あくまで合意に基づいた場合です。その場合には,書面上は8月末が退職日になるので,国民健康保険の加入日もさかのぼり,保険の傷病手当が受けられない可能性はあるでしょう。

こちら側が同意しなければ,法律上,会社の主張通りにはなりません。会社側で退職させることができるのは,合意退職か解雇のみです。そして,解雇の場合は,遡及して行うことはできませんし,合意退職は,こちら側が同意しなければできません。

ただ,会社の態度を見ると,こちら側の主張通りの退職を認めない可能性がありますので,「○○月○○日に辞職します」という辞職届を一方的に送り付け,その日までは黙々と勤務し,その日をもって退職した方が安全でしょう。
労働者側は,使用者の承諾がなくても退職できます。これがいわゆる退職の自由と呼ばれるもので,就業規則に定めがなければ,辞職の意思表示をしてから最短で2週間後に退職することができます。
辞職の場合には,日付を明確にすることと,退職の意思表示を明確にする必要があります(「退職したい」という表現ではなく,「退職します」と言い切った書面を書きます。)。民法上は2週間で辞職できますが,就業規則や労働契約が優先されるという見解もあるので(厚生労働省はこちらの考えです。),念のため,確認しておいた方がいいでしょう(行動としては,次の就業開始まで期間があれば就業規則通り,時間がなければ2週間でいいと思います。)。そして,内容証明郵便など日付や内容が証明できる手段で行なった方が,後日争いになることを防ぐことができます(予備的に社長宛にFAXやメールも送る。)。放っておくと,法律上はまだ在籍していることになってしまったりするので,念のため,退職届も併せて出しておいた方がいいと思います。

したがって,合意する必要はありません。ただ,そうすると,退職の時期について合意がないことになるので(会社側は質問者の方のいう退職日を合意しない可能性が高いと思うので。),退職の意思表示をしっかりしておいた方が,後日の紛争も予防できるでしょう。

退職後に会社が何か言ってきたりして不安であれば,一度,弁護士か労働組合などにご相談されることをお勧め致します。

2017年12月22日 10時16分

この投稿は、2017年12月22日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

上司が退職届を受け取ってくれないときに退職する方法を詳しく解説

「会社を辞めたいのに退職を認めてくれない」「上司が退職届を受け取ってくれない」。このような場合、退職を諦める人もいるでしょう。しかし、会社が...

【弁護士Q&A】試用期間中でも退職できる?出社せずに退職するには

「面接時に聞いていた労働条件と実際の条件が違う」。このような場合、入社してすぐの試用期間中であっても、退職することができるのでしょうか。出社...

就業規則や契約期間に従わないと退職できないのか|会社が退職届を受け取らない場合の対処法も解説

たとえば、就業規則に「退職は3か月前までに申し出ること」というルールがある場合、少しでも早く退職したくても、ルールに従う必要があるのでしょうか...

退職後しばらく働かない人やフリーランスになる人に必要な保険や税の手続き

会社を退職した後、すぐには次の会社などで働き始める予定がない場合や、フリーランスになる場合は、健康保険や年金といった社会保険や、税金などに関...

【弁護士Q&A】退職するとき引継ぎせず退職まで有給消化するこのとリスク

退職するとき、後任者に対する業務の引継ぎが必要になることがあります。退職日まで有給消化して過ごしたい場合、引継ぎをせずに退職することはできる...

この相談に近い法律相談

  • 退職に伴う有給休暇消化中に新会社に所属する場合の問題点

    現職を6月末までで仕事を終え、7月1日より新会社で働くことが決定しています。 現職では、有給休暇が40日残っています。しかし、6月末までは引継ぎ等のため 有給休暇は取れない状況です。 7月以降に有給休暇を消化し実退職日を8月末にしたいと考えています。 この場合、7月、8月の2か月は2つの会社に所属することになります。 この...

  • 退職日を会社が拘束する権利があるのかについて

    12月31日付で退職を希望しております。 会社の就業規則で、最終出勤日を退職日とすると書かれていた場合、 最終出勤日は12月28日のため、就業規則上の退職日は12月28日となります。 月末以外の退職ですと、同月分の社会保険料の支払いを個人で負担する必要があるため、 12月31日で退職をしたいのですが、会社側は私の12月末日退...

  • 転職時の保険と年金の切り替えについて

    今月末で現在の会社を退職し、来月1日付で新しい会社に転職します。 現在の会社では5月31日付の退職届を提出しましたが、先週になって「未消化有給休暇が残っているので、勤務終了は5月いっぱいで良いが、正式には6月末退職となる」と言われました。となると、社会保険や厚生年金の資格も6月いっぱいまで続くことになると思います。新...

  • 休職から出勤扱い(復職ではない)、その後退職後の傷病手当金の受給について

    お世話になっております。 私は2016年12月に現在の会社に入社し、2017年4月中旬頃よりうつ病のため会社を休むようになり、6月から正式に休職に入りました。 7月中旬頃から体調もよくなり、会社と復職の調整をしてきたのですが、社内調整が上手くいかず、結局11月に退職勧奨を受け、11月末に合意退職に署名、捺印しました。条件は3ヶ...

  • 転職に伴う、現職の退職日について。

    現在、在職中に転職活動しており、昨日無事内定を頂きました。 8月1日から入社してほしいと先方から言われており、私もその日程で入社したいと思っています。 そこで退社日に関して質問です。 ① 今日明日(14日前まで)に退社の旨を伝えるつもりですが 民法第627条第2項「期間によって報酬を定めて場合は、解約の申入れは、...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

退職の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  2. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  3. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  4. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  5. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  6. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  7. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。