1. 弁護士ドットコム
  2. 労働
  3. 退職
  4. 廃業による解雇を1ヶ月前に告知されましたが、2週間前に自己都合退職にしたいと思っています。

公開日:

廃業による解雇を1ヶ月前に告知されましたが、2週間前に自己都合退職にしたいと思っています。

2017年09月02日
ベストアンサー
よろしくお願いいたします。
昨年11月より、個人経営(有限会社)の調剤薬局に正社員として勤務しております。

先週8月26日に、9月一杯で閉局、つまり薬局自体を廃業するとの告知を受けました。
雇用契約書の解雇規定に則り、1か月前の告知であり、解雇そのものは仕方がないと思っています。

失業保険もそれほどの金額が期待できないので早速10月からの勤務先を探したところ、好条件の職場がありました。
ただ、先方より9月26日から勤務して欲しいとの強い希望がありました。

この場合、民法の規定による「2週間前以前に退職を申し出る」旨に該当し、9月25日付の退職は認められますでしょうか。
契約書には自己都合退職の申し出に関する記載はありません。

尚、これまで有給休暇に関しては、事前の申し出によって派遣薬剤師を手配してやりくりをしてもらっていました。

薬局側が9月25日付の退職を認めないとすると、私に対してどのようなペナルティが課せられる可能性がありますでしょうか。

よろしくお願いいたします。
相談者(581719)の相談

みんなの回答

相談者(581719)
尚、給与は25日締めの月末払いで現金でもらっていました。

2017年09月02日 17時23分

影山 博英
影山 博英 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府5 労働問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
すぐに退職を申し出れば9月25日までに2週間以上ありますので、9月25日付の退職は可能です(民法627条1項)。
また、民法627条2項によれば、月給制の場合、締日までは勤務する必要があり、かつ賃金計算期間の前半に申し入れなければならないことになりますが、25日締めとのことですので、未だ賃金計算期間の前半であり、かつちょうど25日が締日ですから、仮に同項の適用があるとしても(同項が適用されるのは、遅刻・欠勤による賃金控除がされない「純然たる月給制」の場合と解されています。)、問題はないでしょう。

2017年09月02日 18時04分

相談者(581719)
早速のご回答、ありがとうございます。
すみません、言い忘れていたことがあります。
9月19~22日までの4日間、数ヶ月前(廃業などの話になる遥か前)に有給休暇の申請をしており、認められて薬局は派遣薬剤師の手配を済ませております。

25日付の退職ならこの有休は認めないと言われた場合(可能性はあります)、従わないとペナルティは考えられるでしょうか。

後出しですみません、よろしくお願いいたします。

2017年09月02日 18時12分

影山 博英
影山 博英 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府5 労働問題に注力する弁護士
ありがとう
年次有給休暇の日は、労働者が時季指定権を行使することによって特定され、使用者は、労働者がその時季に休暇を取得することで事業の正常な運営が妨げられる事情がある場合にのみ時季変更権を行使して時季指定の効果発生を妨げることができます。
ご質問のケースでは、使用者は既に代替の労働者を手配済みとのことですから、あなたが休暇を取得しても事業の正常な運営が妨げられることはなく、時季変更権を行使できる場合にあたらないと考えられます。したがって、申請済みの休暇を取得することは可能であり、使用者がこれを欠勤として扱えば、未払いの賃金が発生することになります。
理屈は以上のとおりですが、ただ、トラブルになることは双方にとって好ましいことではありませんから、使用者が速やかに対応を取れるようになるべく早く退職の申入れをして穏便な解決を心掛けてください。

2017年09月03日 09時10分

相談者(581719)
迅速なご回答ありがとうございます。
日にちがないので、ご回答もお急ぎくださったのだろうと推察しております。
ご丁寧な回答、ご助言に心より感謝いたします。
これにて質問を終了させていただきます。
ありがとうございました。

2017年09月03日 14時33分

相談者(581719)
終了すると言いながら、また出てきてしまい申し訳ありません。

薬局に9月25日付け退職を申し出たところ(証拠保全のため録音済み)、「それでは26~30日まで薬局が開けられなくなるので認められない」そして「(25日で退職の場合)損害賠償を請求する」というような内容を仄めかされました(はっきり言われた訳ではありません)。

前にも書きましたが、薬剤師は私一人であり、当然管理薬剤師です。派遣薬剤師の手配は出来ても管理薬剤師が退職して不在の場合は開局出来ないかもしれません。
ただ、詳しく知りませんが、薬局関係の法規にも「管理薬剤師の急な退職、死亡」など例外規定はあるような気がしますがいかがでしようか。

この場合、私に損害賠償責任は生ずるのでしょうか。

追加で申し訳ありません、よろしくお願いいたします。

2017年09月08日 16時31分

影山 博英
影山 博英 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府5 労働問題に注力する弁護士
ありがとう
民法627条の規定が片面的な強行規定なのか(就業規則で法定の期間よりも長期の辞職申出期間を定めても無効なのか)については争いがありますが、強行規定と解する見解が有力であり(たとえば土田道夫『労働契約法 第2版』633頁)、最近も強行規定であることを前提とする裁判例が出ています(プロシード元従業員事件横浜地判H29.3.30労判1159号5頁)。
いかに使用者が「認められない」と言っても、労働者が民法627条所定の予告期間を置いて一方的に退職を通告すれば、予告期間満了時に労働契約は終了します。以後就労しないことに違法性はなく、損害賠償義務は生じません。

2017年09月08日 16時50分

相談者(581719)
早速のご回答ありがとうございます。
今度こそ終了させていただきます。
迅速なご回答、心より感謝いたします。

2017年09月08日 16時54分

この投稿は、2017年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【弁護士Q&A】試用期間中でも退職できる?出社せずに退職するには

「面接時に聞いていた労働条件と実際の条件が違う」。このような場合、入社してすぐの試用期間中であっても、退職することができるのでしょうか。出社...

上司が退職届を受け取ってくれないときに退職する方法を詳しく解説

「会社を辞めたいのに退職を認めてくれない」「上司が退職届を受け取ってくれない」。このような場合、退職を諦める人もいるでしょう。しかし、会社が...

【弁護士Q&A】退職するとき引継ぎせず退職まで有給消化するこのとリスク

退職するとき、後任者に対する業務の引継ぎが必要になることがあります。退職日まで有給消化して過ごしたい場合、引継ぎをせずに退職することはできる...

【弁護士Q&A】退職前の有給消化中に転職先で働ける?

会社を退職するとき、使い切れなかった有給を全て消化しようと考えている人もいるでしょう。有給消化期間中に、転職先で働き始めることに問題はないの...

契約社員が契約途中でも退職できるケース|退職させてもらえない場合の対処法を解説

契約社員など期間を決めて働いている場合、必ず契約期間が満了するまで働かなければならないのでしょうか。何らかの理由で期間の途中で退職したいとき...

この相談に近い法律相談

  • 予告無しの退職日言い渡しについて

    現在、保育士として社会福祉法人に正規雇用で勤めて満10年になりますが、平成28年2月16日に書留郵便で退職届を送り、受理されました。退職届の内容には、平成28年3月31日付ということを明記してありましたが、本日「3月22日に出勤し、業務上の書類を絶対出して、3月23日からは出勤しないでいい。」と雇用者からでなく、主任伝いに聞きま...

  • 試用期間中の解雇予告について

    本日、勤務先より口頭にて、スキル不足だとの解雇予告を受けました。 3月中旬より勤務し、一ヶ月半ほど勤務し、6月20までは試用期間を規定した、9月20日までの雇用契約書を交わしています。 会社側からは、試用期間満了44日前の通告であり、6月20日まで勤務してもいいし、それ以前に退職してもいいとも言われています。 明日 出勤...

  • 退職前に有給休暇の消化を申請したら、解雇された件について

     私は、介護士として、平成26年8月15日に現在の職場に就職しました。 雇用形態は、6月毎の契約社員です。    平成28年の1月初旬に契約更新(2/15付)するか否かの意思確認があり、当初は、契約する旨、通知しましたが、意思変更により、2/3に退職したい旨を申し出ました。会社から退職に関する意思表明は、就業規則によ...

  • 正当な理由なき、試用期間中解雇 退職届を出すよう通知がきた

    平成25年3月12日、解雇勧告を受けました。 その場で①3月15日迄勤務、その後2週間は就職活動にあて31日迄の給料は支給 ②4月15日迄勤務、30日前予告。この際、口頭で会社都合による試用期間中解雇である事を確認しました。 3月15日までに回答を求められ、①を希望しました。 正当な理由も言われず、ただ【難しい】のね。と一言・・・...

  • 【至急】退職届と『労働条件通知書』の効力について

    精神的苦痛と肉体的限界を感じ、約6年勤務した会社に先日(16日付)退職届を社長に手渡し致しました。 退職届は『一身上の都合』としております。 気持ちとしては、有給消化の上で最短にて退職したいのですが、時期的にお盆休み等もあり、休み明けにバタバタするのも理解できるので、8月末まで引継ぎを含め出勤の上、9月1日より有給消...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

退職の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。