営業車の修理代の自己負担について

公開日: 相談日:2016年04月18日
  • 1弁護士
  • 1回答

4月10日付で退職をし、3日後に自宅付近の駐車場から会社事務所の駐車場まで営業車を運転して持っていったところ、車に付けた傷を修理してから改めて持ってくるよう言われました。
車両保険には入っていないと言われています。
以前、通勤中につけた傷は15万円ほどかかりましたが、営業中ではなかったことから全額負担しています。
今回の傷は見積もりでは3万円ほどではありますが、また全額負担しなければならないのでしょうか?
営業中に付けた傷だとは思うのですが、いつ付いた傷なのかは定かではありません。
社長は自分のミスはすべて自分で責任を取るのが当たり前だろう、というスタンスで今までも(他の従業員も)複数の弁償・買い取り等を強いられてきています。
元々中古で購入している車であり、経費の削減から車両保険にも入っていない営業車にそこまで負担されられることに正直納得できません。
質問としましては下記2件です。
1.営業中につけた傷の修理代は全額個人が負担しなければならないのでしょうか?
2.通勤中に付けてしまった営業車の傷の修理は個人が全額負担することは当たり前なのでしょうか?

443865さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    「使用者が、その事業の執行につきはなされた被用者の加害行為により、直接損害を被り又は使用者としての損害賠償責任を負担したことに基づき損害を被つた場合には、使用者は、その事業の性格、規模、施設の状況、被用者の業務の内容、労働条件、勤務態度、加害行為の態様、加害行為の予防若しくは損失の分散についての使用者の配慮の程度その他諸般の事情に照らし、損害の公平な分担という見地から信義則上相当と認められる限度において、被用者に対し右損害の賠償又は求償の請求をすることができる」とするのが判例です(最高裁昭和51年7月8日判決)。

    この趣旨は、要するに、損害の公平な分担という見地から、会社の従業員に対する請求は制限されうる、ということです。

この投稿は、2016年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから