退職後に海外赴任時の所得税を会社から請求

退職した会社から海外赴任時の現地所得税を請求されました。
赴任前に取締役会にて駐在員費用含めて立ち上げ費用を決議、その中に現地給与や所得税、アパート家賃など想定費用が項目別に盛り込まれています。当然議事録は会社に保管されています。
会社は見落としているのか、故意に請求しているのか分かりません。
自分でも承認済みの稟議書や添付資料をPDFで持っております。

資料を用いて上記の旨説明しようと考えておりますが、
退職後に会社の書類を用いる事は問題でしょうか。
また、決議されているものを請求できるものなのでしょうか。
2016年02月25日 19時07分

みんなの回答

大和 幸四郎
大和 幸四郎 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 佐賀県1
ありがとう
退職後に会社の書類を用いる事は問題でしょうか。
・私は特段問題はないと思います。
また、決議されているものを請求できるものなのでしょうか。
・できないと思います。会社側の見落としかもしれません。

2016年02月26日 09時31分

この投稿は、2016年02月25日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

退職後フリーランスになる人に必要な保険や税の手続き

会社を退職した後、フリーランスになる場合は、健康保険や年金といった社会保険や、税金などに関する手続きをする必要があります。この記事では、退職...

上司が退職届を受け取ってくれないときに退職する方法を詳しく解説

「会社を辞めたいのに退職を認めてくれない」「上司が退職届を受け取ってくれない」。このような場合、退職を諦める人もいるでしょう。しかし、会社が...

【弁護士Q&A】試用期間中でも退職できる?出社せずに退職するには

「面接時に聞いていた労働条件と実際の条件が違う」。このような場合、入社してすぐの試用期間中であっても、退職することができるのでしょうか。出社...

退職時に研修費用や留学費用を返すよう求められたら支払う必要はあるのか

会社によっては、就業規則で「研修を実施した後、半年以内に退職する場合は、研修費用を全額返還すること」といったルールを設けているところがありま...

就業規則や契約期間に従わないと退職できないのか|会社が退職届を受け取らない場合の対処法も解説

たとえば、就業規則に「退職は3か月前までに申し出ること」というルールがある場合、少しでも早く退職したくても、ルールに従う必要があるのでしょうか...

この相談に近い法律相談

  • 損害賠償。会社の請求は正当ですか?

    退職後、以前に工事現場で出した赤字を退社した会社から請求されています。 退職前に決算会議で役員全員が損失として認め決算書も作成されています。 会社の請求は正当ですか?

  • 有限会社の社員権について

    有限会社を数人で出資して設立しました。 その際に、取締役(代表ではありません)として登記されましたが、 7年ほど前に退職し、登記されていた取締役も抹消しました。 そこで質問なのですが、 有限会社を設立した際に出資していますので、社員権なる持分があると思いますが、この社員権は、会社の退職・取締役の抹消によって消...

  • 退職金の一部を、返納請求されている

    退職した会社から 「中小企業退職金共済事業本部」より振込された退職金の一部を返納請求されている件について。 【流れ】 ・退職日前日に「退職金と社内規定の退職金額の差額を返納しろ」と説明がされ、合意と記名押印の要求   ↓ ・合意を拒む   ↓ ・合意しないと退職金請求書類は渡さない、残った社員の退職金制度の在...

  • 退社した会社の社長を告訴したい

    元会社でのことです、社長は私腹を肥やす為法外の給与計算式や有休計算等を、また何人もの社員の退社時には一銭も支払いたくないと言葉や態度で自分から辞めるよう促し自己理由退社、外国人への販売は領収書無しにて蓄え(今に至る)、上記理不尽な計算式は資料としてまとめてあります。 未だ自己理由退社にて税金面で苦労されている元...

  • 自己破産時の社外取締役(宅建業)就任について

    宅建業を営んでいる会社に社外取締役を打診されました。 しかし、私は現在自己破産申立前です。 事前に社外取締役就任にの可能性があったので、身分証明書(役所で取得するもの)は申立前に取得する予定でしたが、宅建業は「身分証明書」と「登記されていないことの証明書」が必要と先方の会社に言われました。 現在、おおまかに5...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

退職の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 佐野SA、ふたたびストライキ決行へ「前回のス...
  2. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  3. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  4. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  5. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  6. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  7. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。