1. 弁護士ドットコム
  2. 労働
  3. 退職
  4. 退職後の引き継ぎの求めについて

公開日:

退職後の引き継ぎの求めについて

2015年07月13日
ベストアンサー
平成26年10月29日~平成27年2月28日まで 若者の就業体験事業という市から派遣会社を通じて企業を我々に紹介し、派遣先がよければ正社員になれるもので、満了日まで勤務していました、派遣会社より満了の1週間に呼び出されて満了後はどうしますかと問いについて継続して働く気はないと伝えたところ、後日、派遣会社から派遣先の上司へ私の解答を伝えたところ、私の仕事の引き継ぎの後任者がいないので、3月からパートで雇うので引き継ぎが終わるまでいてほしい、3月はハロワに求人を出すので4月以降、後任者が来るものだと私は考えておりました。ですが、4月、5月となっても後任者が入社することがなく、5月14日に上司に仕事の引き継ぎのことと、このままの状態が続くようであったので5月末日に退職を申し出たが認めてもらえず、5月28日に、上司から呼び出され後任者を雇い入れると言われ、2週間先から入社とのことであったが、2週間経っても現れなかった。それから、何度も退職届を渡そうしたが、上司の個人的な理由に拒否される、引き継ぎ書類を作成していなかったので作成し、提出後改めて6月15日に退職届をもって退職の意思を伝えたが引き継ぎ書類は作成したが、作成しただけでなくそれを後任者に引き継ぎができるように見せるように言われたが、後任者がいないのでどうすることもできず、どうにも立ち行かず、いつ辞められるのか解らない不安で、体調も崩すようになり、精神的にも苦しかった。労働監督署に相談したところ、6月17日に書留で退職届に『一身上の都合により6月30日に退職します。なお、6月18日より体調不良のため欠勤します』と書いた書面と給与5,6月分と雇用保険に加入していなかったので契約日から退職日までの間の請求している。後日、派遣先の弁護士から退職したことにより業務に弊害が生じていますという内容証明が届いた。欠勤について聞かれていたので、精神的にも肉体的にも働くことが出来ない状態であることと診療内科の診断書を相手の弁護士に送っている。6月30日以降、弁護士から書面で退職については、認めざるを得ない(退職日は6月30日)、先の雇用契約とは別個のもので引き継ぎにご協力いただけないでしょうかという内容が届いた。派遣先から給与の振込と雇用保険に加入されて給与明細と離職票が届いている。退職が済んでいるのに引き継ぎを求めることに困っています
相談者(367293)の相談

みんなの回答

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
ありがとう
退職が済んでいるのに引き継ぎを求めることに困っています

本来であれば、期間満了で終え、引継ぎをする必要もなかったと思います。
にもかかわらず、6月まで協力し、しかも退職もしているのに、それ以上に引継ぎをする必要はないと思います。
次の人員を確保するのは会社側の責任だと思います。

2015年07月14日 01時39分

相談者(367293)
ご回答ありがとうございました。
退職後に引き継ぎが不十分という理由では、引き継ぎに協力しなくてもよろしいのですね。
今後、引き継ぎが不十分ということで、損害賠償を請求されることは考えられますでしょうか。

2015年07月14日 17時51分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
ベストアンサー
ありがとう
退職後に引き継ぎが不十分という理由では、引き継ぎに協力しなくてもよろしいのですね。

退職までにできるだけのことをすればそれで十分だと思います。

今後、引き継ぎが不十分ということで、損害賠償を請求されることは考えられますでしょうか。

請求は自由ですから請求はありえます。
ただ、請求に理由がないと思いますので、裁判になっても認められない可能性が高いですね。

2015年07月15日 05時00分

この投稿は、2015年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【弁護士Q&A】試用期間中でも退職できる?出社せずに退職するには

「面接時に聞いていた労働条件と実際の条件が違う」。このような場合、入社してすぐの試用期間中であっても、退職することができるのでしょうか。出社...

【弁護士Q&A】退職するとき引継ぎせず退職まで有給消化するこのとリスク

退職するとき、後任者に対する業務の引継ぎが必要になることがあります。退職日まで有給消化して過ごしたい場合、引継ぎをせずに退職することはできる...

上司が退職届を受け取ってくれないときに退職する方法を詳しく解説

「会社を辞めたいのに退職を認めてくれない」「上司が退職届を受け取ってくれない」。このような場合、退職を諦める人もいるでしょう。しかし、会社が...

退職後フリーランスになる人に必要な保険や税の手続き

会社を退職した後、フリーランスになる場合は、健康保険や年金といった社会保険や、税金などに関する手続きをする必要があります。この記事では、退職...

就業規則や契約期間に従わないと退職できないのか|会社が退職届を受け取らない場合の対処法も解説

たとえば、就業規則に「退職は3か月前までに申し出ること」というルールがある場合、少しでも早く退職したくても、ルールに従う必要があるのでしょうか...

この相談に近い法律相談

  • 傷病手当金受給の最後の精算について

    平成23年6月23日から平成24年12月22日まで、うつ病のため傷病手当金を受給しておりました。申請書を会社経由で健保組合に提出してもらい、個人負担の社会保険料を控除した金額を、会社から私の口座に入金してもらっていました。結局、平成24年12月31日をもって退職いたしました。 最後の月(平成24年12月)の傷病手当の精算について教え...

  • 退職した会社の有給分未払いについて

    私は平成24年10中旬~平成25年10月末まで小規模な派遣会社で派遣社員として働いていました。 1年程働いたので11月から一週間程有給をもらうということになりました。 申請したのは電話で直接社長と話して了承を頂きました。 「申請書とかは必要ですか」と聞くと「申請書とかがなくても今受付しました。12/15に有給1週間分振込みま...

  • 一部の給与未払いについて

    平成25年11月1日〜平成26年6月中旬までアルバイトしていた会社なのですが、辞める前に10日間すべて有給を取り辞めました。1日は先月取りその分は給与に入っていましたが、9日分、今回のお給料で振り込まれるはずの有給分が未払いの状態です。 実際働いた分のみのお給料は振りこまれていました。 有給分は入金されていませんでした。 ...

  • 前勤務先派遣会社からの請求

    平成17年7月24日〜平成17年7月26日迄の2日間、派遣会社で入寮(寮費無料・3日間入寮)し働いていました。3ヶ月更新での期間契約でしたが、家庭事情により2日間で退職しました。 最近、同会社から、下記のとおり請求書が届きました。 寮清掃費12000 寝具代15000 作業服代5010 安全靴代607 合計32617円 寝具や作業服、安全靴は期間中...

  • 契約社員の更新について

    契約期間2016年2月1日~2017年1月31日(1年間)の契約社員(更新する場合があるとの記載)として働いています。 ①会社側から契約満了1週間前に更新しないと通知することに問題があるかないか ②会社側から契約満了1週間前に更新するとの通知があった場合に拒否して退職することは可能か(就業規則には「社員が退職しようとする場合は1ヵ月前...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

退職の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。