無断退職した場合の給料について

個人経営にほぼ近い、ラブホテルで働いていました。


諸事情により、何も言わずに夜逃げ同然で辞めて来ました。


本来ですと、5月勤務分、6月5日支払いの給料が発生しているのですが、顔を出しにくいことに加え、遠方にいる為、取りに行くことが出来ません。


採用に当たり、雇用契約書は交わしておらず、当然のことですが、無断退職の場合の給料についても規定が一切ありません。


この場合、労働基準法第24条を楯に、給与の請求をすることは可能でしょうか?


また、経営者側は、必ず支払わなければならない義務があるのなら、それは何条に基づくものなのでしょうか
2013年06月09日 22時19分

みんなの回答

好川 久治
好川 久治 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ありがとう
実際に勤務した分は当然請求できます。無断で辞めたことによって勤務先に損害を与えたことについては、給与を払った後の問題です。とにかく給与は支払わなければなりません。給与の支払義務の根拠規定は、雇用契約です。雇用契約に基づく給与を支払うことについては労働基準法によって刑事罰によって強制されます。給与の支払義務については同法24条、その刑事罰については同法120条1号です。

2013年06月09日 22時47分

相談者
お忙しい中、ご回答ありがとうございました。


翌日、労働基準監督署に出向き相談をし、担当者よりホテルの経営者に連絡をして頂くということで後にしたのですが、電話には出なかったそうです。


そこで、お伺いしたいのですが、本来払わなければならない給料を払わないと言うのは、業務上横領に抵触しないでしょうか?


もし、抵触するのなら、警察から警告してもらえば、多少変わってくると思いますので。

2013年06月11日 14時02分

好川 久治
好川 久治 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ありがとう
賃金を支払わないことは横領にはあたりません。労基法違反を問えるだけです。

2013年06月11日 22時17分

相談者
続いて、教えて下さい。

口頭でのやり取りが難航すると予想されますので、法的に少額訴訟で争うことも視野に含めています。


この場合、証拠となる雇用契約書(最初から、交わしていません)、タイムカードのコピー等、有力な証拠がありません。

また、被告となるホテルの経営者も、私が無断退職したことにより損害を被ったと、反論をしてくることが予想されます。


この様な状況で、勝ち目はあるでしょうか?


また私は、住居を管轄する、静岡県の簡易裁判所で手続きをする予定ですが、東京に住む被告が、遠方であることを理由に出廷しなかった場合、私に有利に動くのでしょうか

2013年06月13日 00時01分

好川 久治
好川 久治 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ありがとう
勤務していたこと自体を争うことはないでしょうから、少なくとも前月の給与ベースで請求すれば月額給与は請求できるでしょう。賃金台帳は保管が義務づけられていますので開示を要求して過去分の支払経過を立証していけばよいと思います。損害賠償は賃金の支払がされた後の問題ですから、損害賠償の反訴を提起されたとしても相殺を主張されても認められることはないと思います。仮に損害賠償請求が認められたとしても、1か月分の賃金を超えるということは考えにくいので、請求されたら争えばよいと思います。未払賃金請求の裁判は、被告住所地の管轄裁判所ですから、東京になると思います。住所地に提訴すると取下げを要求されるのではないでしょうか。

2013年06月13日 23時47分

この投稿は、2013年06月09日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【弁護士Q&A】退職するとき引継ぎせず退職まで有給消化するこのとリスク

退職するとき、後任者に対する業務の引継ぎが必要になることがあります。退職日まで有給消化して過ごしたい場合、引継ぎをせずに退職することはできる...

【弁護士Q&A】試用期間中でも退職できる?出社せずに退職するには

「面接時に聞いていた労働条件と実際の条件が違う」。このような場合、入社してすぐの試用期間中であっても、退職することができるのでしょうか。出社...

契約社員が契約途中でも退職できるケース|退職させてもらえない場合の対処法を解説

契約社員など期間を決めて働いている場合、必ず契約期間が満了するまで働かなければならないのでしょうか。何らかの理由で期間の途中で退職したいとき...

退職時に研修費用や留学費用を返すよう求められたら支払う必要はあるのか

会社によっては、就業規則で「研修を実施した後、半年以内に退職する場合は、研修費用を全額返還すること」といったルールを設けているところがありま...

就業規則や契約期間に従わないと退職できないのか|会社が退職届を受け取らない場合の対処法も解説

たとえば、就業規則に「退職は3か月前までに申し出ること」というルールがある場合、少しでも早く退職したくても、ルールに従う必要があるのでしょうか...

この相談に近い法律相談

  • 正社員退職について。最低勤務期間(3年)内に違約金なく退職できませんか。

    2017/1/1に正社員として転職した会社(社員4名)ですが、新たに転職先が決まったので2018/3/31までには辞めたいと思っています。 しかし、雇用契約上で3年は勤務することが義務付けられています。契約時に、口頭で、違反した場合には1カ月分の給与額を支払いを求められています。 1退職できないということはあるのでしょうか。 2退職...

  • 一斉退職と、退職時の有給休暇申請について

    過酷な労働条件から逃れるために、全従業員3人で一斉退職しようと考えています。 月末にボーナスと給与をもらったら、その場で3人一斉に有給申請と退職届を提出します。 よのような事をすると、どのようなメリット・デメリットがありますか? また、他に良い方法はありますか? このような案が出た背景として、時間外労働が年...

  • 労働基準法違反行為と労働基準監督官の対応に関して

    昔、働いていたアルバイト先では、アルバイト従業員たちはほぼ全員、午後10時以降も働いていたにもかかわらず、その時間帯の賃金が通常の労働時間に払われる賃金(時給)と同額で割増賃金なるものは支給されませんでした。(労働基準法37条4項) その事に関して労働基準監督官に質問したところ、「アルバイトにある程度高い時給を設定し...

  • 賃金未払いへの対処と退職後の身辺調査の違法性について

    相談させてください。 かなり困っています。 長いので箇条書きにします。 ・退職理由:社長の暴言やモラルのない言動、サービス残業に耐えられず、精神的に辛く、2日間無断欠勤の上退社 ・勤めたのは昨年11月初めから ・最後の出勤は11月27日で実質一ヶ月のみの勤務 ・給料は日給制、交通費の支払いあり ・給料は月末締め...

  • 労働・残業・休日出勤に関する違法性

    【勤めている会社の違法性について】 休職中に、有給を消化して仕事をやめたいという申請をしました。 しかし、残りの有給は3日だと伝えられました。 会社に有給申請をする制度がないので休んだ日は自動的に有給取得という形 になっているというのは知っていたのですが、そんなに有給取得した覚えはなかったので 有給消化の明細...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

弁護士検索へのリンク

退職の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

弁護士検索へのリンク

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

弁護士検索へのリンク

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。