不服申立て。あるいはそもそも申請ができないものなのでしょうか?

公務員の場合、懲戒免職、分限免職に対し、「不服申立て」手続きを行いますが、「賃金仮払いの申立て」との関係がWebなどを検索しても理解できません。「不服申立て」と同時に「賃金仮払い申立て」を行うことは有り得るのでしょうか?あるいは「不服申立て」の結審後に、民事訴訟になった場合に申請を行うものでしょうか?あるいはそもそも申請ができないものなのでしょうか?回答宜しく願います。
2012年03月29日 18時15分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
懲戒免職や分限免職に対する不服申し立てはまずは人事委員会や公平委員会に行う必要があると思います。その後に裁判所に提訴できます。

賃金仮払いの仮処分は、民間の労働者が裁判所に正式裁判の前に申し立てる手続です。
公務員の場合、執行停止申し立てという手続があり、仮処分は申し立てられなかったと思います。

いずれにせよ、弁護士を立てずに行うのは困難な手続です。

一度弁護士に面談の上で相談することをお勧め致します。

2012年03月29日 20時47分

この投稿は、2012年03月29日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

退職後フリーランスになる人に必要な保険や税の手続き

会社を退職した後、フリーランスになる場合は、健康保険や年金といった社会保険や、税金などに関する手続きをする必要があります。この記事では、退職...

就業規則や契約期間に従わないと退職できないのか|会社が退職届を受け取らない場合の対処法も解説

たとえば、就業規則に「退職は3か月前までに申し出ること」というルールがある場合、少しでも早く退職したくても、ルールに従う必要があるのでしょうか...

上司が退職届を受け取ってくれないときに退職する方法を詳しく解説

「会社を辞めたいのに退職を認めてくれない」「上司が退職届を受け取ってくれない」。このような場合、退職を諦める人もいるでしょう。しかし、会社が...

【弁護士Q&A】試用期間中でも退職できる?出社せずに退職するには

「面接時に聞いていた労働条件と実際の条件が違う」。このような場合、入社してすぐの試用期間中であっても、退職することができるのでしょうか。出社...

【弁護士Q&A】退職するとき引継ぎせず退職まで有給消化するこのとリスク

退職するとき、後任者に対する業務の引継ぎが必要になることがあります。退職日まで有給消化して過ごしたい場合、引継ぎをせずに退職することはできる...

この相談に近い法律相談

  • 賃金仮払い仮処分について

    賃金仮払い仮処分を申立て後に労働審判を申し立てても 問題ないでしょうか? それとも訴訟を提訴するべきで しょうか? また、賃金仮払い仮処分が認められたとしたら何日以内 に労働審判or訴訟をしなければならないという決まりな どはあるのでしょうか?

  • 支払督促状を出して異議申し立てされたら?

    支払い督促状を出して異議申し立てをされたら通常訴訟に移行すると聞きましたが、通常訴訟とは?弁護士さんを代理人に立てて着手金と成功報酬を払う、いわゆる訴訟した時の流れですか? また、異議申し立てが和解なら、代理人なしで個人間が話し合うのでしょうか?

  • 賃金仮払い仮処分を取り下げた場合、相手の申立費用を負担させられる事はありますか?

    現在即日解雇されたため不当解雇裁判と賃金仮払い仮処分申請を行っておりますが、幸い再就職の話がうまく進んでおり、内定を頂けそうな状況です もし内定を頂けた場合、収入が安定しますので賃金仮払い仮処分申請は取り下げる事になりますが、その際に相手側の申立費用を負担させられる事はありますでしょうか? 相手側の提出して...

  • 氏の変更申立て後の取消

    昨日婚姻前の氏に戻すよう 氏の変更申立をしましたが その申立を取り消す事はできますか?  

  • 同居申立審判で同居の判決を避けるには

    先日、こちらから申立てた離婚調停が不成立になりました。相手方より同居申立てをされ、次から審判になります。 そのための調書を書いて提出しないといけないのですが、どうしても同居は無理です。 別居に至った経緯は、性格の不一致です。相手に不貞、暴力、借金があった訳ではありません。 どのように書けば同居不成立になりますか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

退職の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。